QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(賢押・後半)待ち受けるは越え難き壁
2012-01-11-Wed  CATEGORY: QMA
ずっと前からの目標でした・・・この大会で準決勝まで残った人は、ホールで早押しができます。満座の歓声に迎えられ、堂々と登壇するこれまでの準決勝進出者の皆さんを、以前から羨ましいと思い、かつ自分自身もその栄誉に与りたいと考えていました。

それと同時に、ここから先の難易度が、それ以前と比べて明確に異なっていることも知っています。ここまで来ることは、対策とその人の力量次第で十分可能です。しかし「ここを勝つこと」は、それだけでは不足です。よほど早押し用の対策をしておかないと、まずついていけません。

ただそれでも、これまではその事実を観客席で確認するだけでした。今回は実際に対戦して、実際に「差」を感じ取ることができたわけで。それは何よりの収穫と思います。時間がかかる作業ですが、もしそのめどが立ったら・・・チャレンジするのもよいかと思っています。

ということで、今回は準決勝のおはなしです。

< 準決勝 >

いよいよ来ました。登壇の順番ですが、くじ引きです。5番だったので結構有難いと思いました。どちらで対戦するか、ある程度相手が選べるという考えでした。まあ、ここまで来て相手を選ぶというものでもありませんが。

こちらの考えですが、単純です。馬阿蘇さんは絶対回避。教室ラウンドでの試合ぶりを見てましたが、通常ではありえない段階で押して、そこでしっかり正解を拾っておられました。これができる人に勝つのは、本当に大変です。他の人も難敵ばかりですが、ひとつ抜けてるように思いました。

入場ですが・・・ハプニングです。名前を呼ばれる順番が間違っていました。これには苦笑ですが、かえって気が楽になりました。失礼な話ですが、ここを「勝つこと」までは、目算になかったです。今出来る範囲で、粘るだけ粘るという考えで、本番はチャンレンジしました。

まず第1試合・・・自分は第2試合を選んだので、会場の左上隅で観戦です。予想通りというべきか、馬阿蘇さんが強かったです。もしあの場で解答していたとして、3つか4つまでが限界でした。難易度は、明確に上昇しています・・・都合のいい問題が、どれだけ来るか。そんな感じでした。

そして、第2試合です。

(○)ソトマヨル → 走り高跳びの世界記録といえば。何とか正解できてよかったです。
(×)熊谷二郎 → 押すのが早すぎました。平家側から離反した人は、確かに沢山います。勝手読みのミスです。
(×)プラニメーター → 完全な勘違い。前回準々決勝でしでかした過ちが、ここで出てしまいました。もう後がないッ!
(○)バルログ → 爪で「ヒョー!」の人。昔散々フライングバルセロナアタック使ってたので落とせません。
(○)テヌート → あんあん的には、勘違いが嫌で押せない問題。皆さん押せなかったので、ここで答えて最後に1点だけ返しています。

何問かもったいないことをしています。「繁分数」は押すべき問題でしたし、最後の「NGC星表」は×が2つでなければ押した可能性があります。万が一勝つつもりであれば、×を2つにするまでにどれだけ正解するかが鍵でした。結構、もったいないことをしたのかもしれません。

ここを勝たれたのは「ミイラの呪い」さんです。同じ関西勢ということで、とても嬉しいことです。決勝も相当粘っておられたのですが、相手が馬阿蘇さんということで、かなり分が悪いと思いました。自信満々で「最後の1ピースは自分!」と宣言され、その通りに勝たれたところはお見事でした。お手本とすべき解答者の、模範例を見たような気がしました。

その後ですが、片づけの後飲み会へ。昨年以上に、お世話になった方が多くて。一通り挨拶しに行くのも大変でした。ただ、この場を逃すと滅多に会えない方が多いので。ノーサイド、ただし不思議ワールド化した空間を縫うように、各地で歓談などしていました。

賢押自体は、ここで終了ですが・・・翌日の休みは一社で賢央トライアルを叩いてきました。寄り道もしましたが、無事帰還、今に至ります。お会いした皆様、本当にありがとうございました。また次の闘いが始まっています・・・しっかり調整して、まずはコロシアムに選手として立てるよう努力したいと思います。その日まで、再見!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。