QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(賢央杯)くっ・・・○○○が足りないッ!
2011-09-26-Mon  CATEGORY: QMA
土曜日、24日は賢央杯でした。この日をどれほど待っていたことか・・・ということで、今回はこちらを中心に話を進めます。

実際、9月のメインイベントはこの大会でした。ずっと前から(ルールが明らかになってから)、どのジャンルはどの切り札を使うか決めたうえで、しっかり調整してきたつもりでした。こんな感じです。

アニ → ○×
スポ → タイピング
芸能 → 並べ替え
ライフ → その他
社会 → 自由形式(文字・地理・政経)
文系 → 順番当て
理系 → その他

全ジャンル、これまでの大会で既に使ったことのある、或いは使い慣れている形式です。即戦力化、ここで差をつけるという考えです。キモは準決勝で文系順番当てを使えるかどうか。使えるなら使って、ここで勝負をかけるつもりでした。

いつも通り、10時過ぎには現地着、その後アニ○×だけはしっかり復習して本番に臨みました。以下、自分の分だけ。

ドラ1回戦 → なぜか滋賀県勢を2名引く不思議。かなり滋賀県内の大会の雰囲気に近かったです。精度に不安のあった社会を使用、ここで案の定1問落とすも他が割といい問題で無難に1位抜けでした。どの大会も、初戦は緊張します。
ドラ2回戦 → ラムーシさん、サファイアさんと同組。かなり嫌な展開で、しかもアニエフェ×2という厳しい流れ。ここでかなり落とし、自選択の芸並べ替えも不発で3位でした。自選択の不出来は反省材料、フェニ組での巻き返しとなりました。
フェニ2回戦 → 滋賀の誇る強豪、覆面大魔王様との対戦。他も手ごわい相手、ここでは勝ち抜けなくても仕方なしと腹をくくり理系その他で勝負。芸能でビハインド、自選択で巻き返せず厳しい展開も、最終セットは謎の文タイ。しかもこっちだけが知ってる都合のいい問題が3つという神展開。奇跡の巻き返しで2位通過でした。正直、とてもラッキーでした。
フェニ3回戦 → ラムーシさんとの再戦。ここは1位抜けだったので負けても損害の少ないライフその他を使用。ここで少し盛り返し、最後のライ択で競り勝って無事1位抜けできました。これでようやく準決勝です。
そして準決勝 → 最悪の組と思います。滋賀の誇る名大関、三重の美食キング様との対戦。これはどうしようもなく嫌でしたが、当初よりきめていた文順にすべてを託すことにしました。が、が、が。

実際出てきた問題のうち、5つまでが易問。あとひとつも、お二人は絶対に間違えない固定の問題。ここで全くリードできず、他で少しずつ置いてかれて3位敗退となりました。これを運命といわず、何といえばいいのか!

決勝ですが、3人が全問正解という大激戦をタッチの差でかわした名大関が悲願の優勝でした。おめでとうございます、本当に強かったッ!

さて・・・こちらの総括。順番当ては大外れだと、普通の成語問題がたくさん出てまったく面白くない展開になってしまいます。自選択の強さで勝負するこちらとしては、最低の流れでした。他でもミスがあったし、もう少し完成度を高めて次以降の目標にと思います。

久々に、いつものアレで。

「なんじゃそりゃーっっっ!」

「おぅまぃがっっっ!」

「ま~~~んま、みぃやっ!」

「おのれ・・・○ル○ギ○ンさえあれば!」

「誰もがしびれる、ブ○コ○ド○さえ完成していれば!」

「身震いするほど腹が立つッ!」

「完全体に・・・完全体になりさえすれば!」

・・・毎回毎回すみません。でも、ここぞというときの切り札の不発が、どれほどショックだったことか。まさに「ギルガメッシュが抜いた刀が、実はエクスカリパーだったときのOTL感」だったのは間違いありません。次の舞台では、さらに強力な何かを用意しなければなりません、ええ。

その後はいつも通りの、近くの居酒屋でのお疲れ会。いろいろお話もありましたが・・・近畿勢の乱れっぷりはいつもと同じ。現地勢の皆様、本当に恐縮であります。アンド、ありがとうございました。またお会いできればと思います。

その後日曜日は近鉄特急を乗り継いで奈良入り、三条でタッグ戦をこなしてきました。タッグの難しさは、ペアとの相性です。こちらは決勝で相性を活かしきれない変な問題のオンパレードの前に、あえなく敗れて2位。こちらも終了後はいつも通りのお食事会でした。

これで激動の夏は終わり、秋から冬にかけての闘いとなります。ターゲットはレジャランカップと、賢聖杯。運がないと勝てないのは間違いありませんが、それでも最善の対策を尽くして本番に臨みたいと考えています。方針はある程度決めました。有効に時間を使えればと思います。

最後になりましたが、お会いした皆様、本当にありがとうございました。再見!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。