QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
「ストレステスト」に対する疑念
2011-09-22-Thu  CATEGORY: ニュース
原発再稼動の要件として挙げられたストレステストですが、その問題点を指摘した文書があるのでここでも紹介します。政府及び与党が安全性ではなく、周辺利害関係者との腐れ縁を重視しているのは間違いないでしょう。そのための方便としての「ストレステスト」については、しっかり注視する必要があると思っています。

「プラント技術者の会」様のご指摘

以下、内容を要約します。

・ ストレステストにおける評価項目及び評価実施計画は、原子力安全・保安院が作成したものである。
・ EUにおけるストレステストの、長所と欠点が列挙されている。
・ 日本におけるストレステストはEUのそれを参考にはしているが、簡略化が酷くて「テスト」として不十分という指摘。
・ 当局に対しての要求事項。

日本のストレステストにおける、不十分な点は以下の通りです。

・ EU仕様書と比べ、要求されている項目が圧倒的に少ない点。
・ 「設計上の想定を超える外部事象に対する頑強性に関して、総合的に評価する」とした点が、あいまいである。
・ 定期検査で停止中の施設を対象とした一次評価と、全施設を対象とした二次評価とに分けている点は、停止中の原発再開を考えたものである可能性。
・ 材料強度の評価において甘い点が存在しているという疑念。
・ 「潜在的な脆弱性を明らかにする」だけではなく、予防や改善についての検証も行うべき。
・ 「過度の保守性を考慮することなく現実的な評価」を行うことにより検査が甘くなる懸念。
・ 確率論的安全評価を認容する範囲が、EU仕様書より格段に広くなっている。
・ 過酷事故処理に関する記述が少なく、管理の問題が軽く見られているおそれ。
・ 福島第一事故の教訓が十分に活かされていないこと。
・ 公開と透明性について考慮がなされていないこと。

当局に対する要求事項は、以下の通りとなっています。

・ ストレステストの実施計画を全面的に見直すこと。
・ 最低限必要な情報を追加すること。
・ すべての資料を一般に公開すること。
・ 核燃料サイクル施設をテストの対象に含めること。

以下、個人的な所感です。

特に(本文でも挙げられているとおり)情報の公開は、重要で不可欠な原則です。国内における原子力の運用において、見事なまでの隠蔽が過去横行し、現在もまったく変わっていない点は原子力の安全を考えれば極めて不都合です。また、ストレステストを「これまでと同様(かつ無反省に!)、原発を動かして自らの欲得を満たし続ける」ための通過儀礼としてしか考えていない政府や与党の不正義については、今後もしっかり追及する必要があると考えます。

原発(原子力エネルギー全般)を使い続けるか否かについてどのように考えたとしても、安全性の問題だけは絶対に捨象してはなりません。然るにこの国の為政者や行政の責任者、事業者は絶対不可欠なはずの問題を無視し、自らのエゴに忠実だったことの結果として、斯くのごとき重大な事故を生じさせました。その罪だけは、決して皆さんの記憶から消し去らないでいただきたい。そのように考えています。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。