QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
子どもを守るための、ワクチンの話
2011-05-17-Tue  CATEGORY: 医療崩壊
今回は、こちらの文章を紹介します。

朝日新聞の医療サイト「アピタル」より

(こちらでも引用します)

子どもの命を守るためにワクチンを ~ 小児科医からのメッセージ [11/05/16]

今村美都

一時接種見合わせとなっていたヒブ・肺炎球菌ワクチンも再開されたが、最近、また周囲のママ友達から予防接種に関するいろいろな不安、悩みをよく耳にするように。私自身、以前ワクチンについて取り上げた際にいただいた‘予防接種を受けることよりも子ども自身の免疫の力を信じることを大切にしたい’というコメントがずっと心にひっかかっていた。一母親としては理解できる面もある。専門家の中にもそうした意見を唱える方もいる。どう考えればよいのか云々唸っている私をみかねた、「VPD(ワクチンで防げる病気)を知って、子どもを守ろう。」の会代表であり、日本赤十字社医療センターの小児科医、薗部友良先生が助け舟をだしてくださった。今回は、先生からのメッセージをお届けすることとしたい。

☆ ☆ ☆

■「正しい情報」少ない

予防接種で迷っておられて、お困りでしょう。日本では、政府の予防接種政策が世界から大きく遅れていますので、ママ達には判断材料になる正しい情報が少ないので、同じ質問がたくさん来ております。お子さんを守り育てるには、愛情が必要ですね。しかし、愛情だけでは子育てはできません。熱い愛情に裏打ちされたしっかりとした知識や冷静な判断が必要です。しかし、世の中の情報の中には、間違ったものも多いのです。最良の方法は、専門家に聞くことです。たとえば、ママがご専門を持っていれば多くの方から質問が出ると思います。ママが学校の先生なら、教育に関する質問が来るでしょう。パパの専門の分野でも同じです。ワクチンのことでしたら、良く接種を行っている小児科医が一番です。専門でないご友人に難しいことを聞いても、責任を持って答えられるはずがありません。(ただし、ワクチンを接種すべきかどうかであれば、実際に90-95%の方は接種を受けていますので、接種すべきと答えると思います。)

まず、日本では、残念ながら大変多くのお子さんがワクチンで防げる病気(VPD)で命を失ったり、後遺症で苦しんだり、後遺症がなくても辛い思いをしております。そしてその病気を兄弟や他人にうつしてきたのです。医療費も無駄にかかるし、共稼ぎのご家族ならば仕事を休んで収入も減るし、仕事場の方にも迷惑がかかります

ただし、これはワクチンを接種しなかったママ達の責任では決してありません。VPDの真の被害(実態)、ワクチンの必要性と安全性をママ達に伝えてこなかった国やマスコミを含めた社会に責任があります。また日本では、世界では国の定期接種に入っている大切なワクチンの多くが、任意接種になったままで、接種料金もかかるためなどです。まさに国や社会による子どもの虐待とも言えるものです。繰り返しますが、ママ達は悪くありません。

■被害の実態を知って

低開発国を含めた世界中で、ワクチンが推進されています。米国では、義務接種にしてまでも、ワクチンを推進しています。この政策の目的は単純に、ワクチンで防げる病気(VPD)から、子どもの命と健康を守ることです。他の方法では子どもたちを守れないのでワクチンが使用されるのです。どの国でもワクチンを推進する根拠は、VPD(ワクチンで防げる病気)の被害の実態と、ワクチンの効果や安全性(副作用)を天秤にかけて比較して、ワクチン接種の方が断然良いと結論づけているのです

どうか被害の実態を直視してください。一番簡単な方法は、細菌性髄膜炎にかかったお子さんをお持ちの保護者の方のホームページ(細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会)を見てください。いかにつらい思いをしているか、他の子どもにはなってほしくないかが切々と書かれています。はしか(麻疹)による重い後遺症を持っている保護者の方のSSPE青空の会のホームページも見てください

まさか自分の子だけはかからないとお思いかもしれませんが、ワクチンで防げる細菌性髄膜炎には毎年800人の子どもがかかっています。小児がんは2,500人、日本に多い難病の川崎病(この病気にも親の会もあります。)には13,000人が毎年かかっています。その他数多くの子どもの病気があります。この中で、細菌性髄膜炎の80%を含めて、ワクチンで防げる病気以外は、基本的に予防はできません。自然に、免疫を付けるという方法はワクチンで防げる病気に関しては、最悪の方法です。免疫(抗体)を付けるのがワクチンの目的ならば、最悪のワクチンは自然にかかることです。また、病気の種類によっては自然にかかっても免疫は出来ず、何度もかかる病気もあるのです。ワクチンの基本は、症状を出さずに、重い合併症も起こさずに免疫を付けることです。そして、これは人間が持っている自然の免疫の力を最大限に利用して、有効な免疫(抗体)を付けることなのです。

また、栄養や体力で病気が防げるのであれば、米国でも欧州でもワクチンを接種しません。本当に自然が良いのならば、人間は家に住まず、着物も着ないのです。誰が一番つらいでしょうか。もちろん子どもたちですね。人類は自然の怖い点を最大限に避けて、自然の良い点を最大限に取り入れてきたからこそ、繁栄してきているのです。
いくら医学が進歩していても、また栄養状態が良くても、細菌性髄膜炎になれば、約5%は死亡し、約20%は脳の後遺症が残るのです。後遺症がないと言われた子どもでも、中学生頃になると軽い脳障害があることが分かることも多いのです。

■副作用と紛れ込み事故への誤解

実際の必要性や安全性の根拠は、WHO(世界保健機関)や米国の政府が、英語ですが、インターネットに出しています。
これに対して、世界中にきわめて少数ですが、医師免許を持っていても、全く逆の意見を出す方がおります。これらの方の考え方は、ワクチンで防げる病気は軽症である、ワクチンには重い副作用が多い、体力をつけたりすれば、かかっても心配ないと言うことになります。しかし、世界中で当たり前に、子どもとママ達のために行われて予防接種を否定するには、しっかりとした証拠がないことには納得ができないですね。しかし、科学的にはこの方達の考えの根拠は,上に述べた被害の真実を見れば分かるように、総て否定されています。

日本で一番誤解が多いのは、ワクチンの副作用(副反応と同じ)です。接種したところが少し痛む、赤くなるなどの軽い副作用は確実にあります。心配されるのが、死亡したり、脳障害が起こるなどの重い副作用ですね。接種後に“見られた”症状・病気の原因は、ワクチンによるものと、ワクチンとは無関係のことがたまたま起こったこととの、2種類あるのはおわかりでしょうか。接種後に“見られた”症状がどちらの原因だかすぐには分からないので、世界ではひとまず有害事象と名付けて、最終的には専門家がワクチンとの因果関係を判断します。ですので、有害事象とはワクチンとの因果関係がある真の副作用と、ワクチンとの因果関係がない偶然の紛れ混みの事故(ニセの副作用)とがあるのです。日本では、全ての有害事象が、全て真の副作用と誤解されるのです。ワクチンの必要性をニセの副作用まで含めて天秤にかけて比較したら、比較する意味はありません。ワクチンの副作用問題は非常に大切な点ですので、世界中で、双子のボランティアの子どもに接種する研究などを含めて数多くの研究が行われてきました。結論を言いますと、実際に問題になるような有害事象のほとんどは紛れ込み事故で、真の重い副作用は大変少ないのです。日本では、このことは知られておりません。日本政府は以前の日本脳炎ワクチンで、脳炎が起こったので、一時中止しました。しかし、この見解に対して、国連のWHOでは、「日本政府の言うような副作用は無い、直ちに接種を開始するように」と勧告したくらいです

ですので、強いアレルギー体質や、免疫の異常の無い多くの子どもにとっては、ポリオの生ワクチン(この場合は100万人に1人に手足のマヒが出ます。)以外では、重い副作用はまず無いと言い切れるくらい安全なのです。人類にものすごい貢献をしているワクチンの歴史はえん罪の歴史と言っても良いくらいです。今回問題になった同時接種もまったく問題はありません。世界では生後直後から、B型肝炎ワクチンを接種して、欧米では生後2カ月から6種類のワクチンを同時接種します。欧米にいる日本人、日系人・アジア系の人も受けておりますが、まったく問題が無いのです。ワクチンに関しては、民族(人種)差は無いので、世界で行われていることを総て、日本でも安心して受け入れることが出来るのです

■愛情とバランス感覚を持って

総てのこと、食事をとったり(食中毒だけでなく、間違ってのどにつかえることや肥満になることなど)、運動(けがなど)をしたりすることも含めて、絶対安全なものはありません。ワクチンの安全性だけを絶対安全かで議論しては意味がありません。ワクチンほど、低開発国も含めて世界中で、栄養状態も悪いお子さんにも使用(接種)されて、その安全性と効果が確かめられているものはほかには無いのです。安心してワクチンを受けて下さい

これらのことをもう少し詳しく知りたいのであれば、インターネット、あるいは携帯で、「VPD(ワクチンで防げる病気)を知って、子どもを守ろうの会」のホームページを見てください。
繰り返しますが、子どもの命も一つしかありません。世界に目を広げ、バランス感覚を持ち、深い愛情に裏打ちされた冷静な判断をお願いいたします。具体的な不安や質問があれば、ワクチンを勧めた先生に、お聞きください。

☆ ☆ ☆

私自身、様々な情報に迷いも生じた予防接種ワクチン。今回一つひとつの疑問に丁寧に答えていただいたことで、安心を得ると同時に、予防接種は定期のものも任意のものも接種することが大事と改めて再認識。大切な娘の、そして周囲の子どもたちの、いのちと健康を守るために―――。

(引用終了)

こちらも、時間があればご覧ください。

細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会

亜急性硬化性全脳炎・家族の会

VPD(ワクチンで防げる病気)を知って、子どもを守ろうの会

ワクチン行政の遅れが、子どもに感染リスクという不利益を押しつけています。国内の状況ですが、過去ワクチンの副作用が過剰に批判されたおかげでワクチンの接種が推進されていません。だからこそ、こういう文章は読んでいただきたいと思います。

残念ながら、一部副作用は発生する可能性があります。それをゼロにすることは、基本的に不可能です。しかしワクチンがなければ、皆(100%!)助からないこともあるのです。よほどの愚か者でもない限り、この二択は迷わないと思っていますが・・・現状はそういうわけでもないようで。皆の見識が、とても重要になる問題です。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2011-05-19-Thu 22:42 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。