QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(原発事故・更に)ホウレンソウ、安全なのか?
2011-03-20-Sun  CATEGORY: ニュース
汚染されたホウレンソウのニュースが出てきましたが、これはやむを得ないかと思います。事故が現在進行形である以上、放射性物質の流出もまた続いています。これについては、ここで既に取り上げた武田先生が引き続き書いてくださっているので、こちらでも紹介します。

武田先生のブログ

ホウレンソウに関する部分(以下、引用)

原発 緊急情報(18) ほうれん草は食べられるか?

茨城県は2011年3月18日に福島県境に近い高萩市で採れたホウレンソウから、国が示した規制値の1キロあたり2000ベクレルの約7.5倍にあたる1万5020ベクレルのヨウ素131を検出したと発表した。

福島第一原発から約100キロ離れたところ絵ある。また同時に規制値を超す放射性セシウムも検出されたと報道された。

これに対して枝野官房長官は、

「被曝量は胸部CTスキャン1回分の5分の1程度である」とし、「ただちに健康に影響を及ぼす数値ではない」と強調した。

官房長官は放射線の人体に対する影響の素人であるから、この後ろに専門家がいる。

千葉市の放射線医学総合研究所の環境放射線影響研究の専門家は

「このホウレンソウの数値を人体への影響を示す単位である「シーベルト」に換算した場合、0・24ミリシーベルトになる。

人体に影響があるのは一度に100ミリシーベルトを受けたときとされており、小鉢1人前のホウレンソウを100グラムと仮定すると、今回のホウレンソウは4200人分を口にしないと人体に影響を及ぼさない計算になる。」

と発言している。さらに、

この専門家は

「妊婦や子供など、放射性物質の影響が大きいとされる人たちについても、摂取しても問題がないレベルだ」

と言う。

・・・・・・・・・

本当は「ベクレル」とか「内部被曝」についてかなり丁寧に説明してからの方が良いのだが、ことは緊急を要するので、それらは後に説明することにしてここでは「汚染されたほうれん草を食べても大丈夫か」ということだけを説明する。

この専門家の言うことはムチャクチャである。おそらく国から研究費を丸抱えでもらっているので、国民を無視した発言をしていると考えられる

・・・・・・・・・

まず、第1に放射性を持つ物質を食べた場合の健康への影響は詳しく調べられていて、この場合のヨウ素131のように放射線を出す元素(正確には同位体という)ごとに細かく決まっている。

またそれらが1種類の時とか、2種類の時についての研究されている。

その上で、規制値が決まっている。この手のものは同位体の数が多いので、同位体毎に詳しい「別表」があり、それで専門家は接種して良い限度を決める。

だから、規制値の7.5倍でも安全だなどという話は全くない。そうなると専門家はなにもできなくなる

・・・・・・・・・

次に、ほうれん草で内部被曝することと、1年に100ミリシーベルトとは、人の健康に影響するのがまったく違う

でも、ここではこの専門家の通りに、もしも一般の被曝と比較するならば、一般人の1年間の限度は1ミリシーベルトである

この専門家が言っている100が1になるのだから、まったく違う

具体的にはほうれん草を小鉢一杯、42回食べたら、1年間の規制値になる

つまり、このホウレンソウは1年に42回しか食べられない

また、妊婦や子供だのについての内部被ばく量(限度)はハッキリ決まっていて、これも1年当たり1ミリで、こちらの方は単なる基準値ではなく、法律で定められている内部被ばく量の限度である。

従って、汚染されたホウレンソウの汚染度が少し高くなることがあり得る事を考えると、安全をみて1年に10回ぐらいに限定されるだろう。

・・・・・・・・・

放射線で汚れた農作物を捨てるというのは、それをつくった農家の人は断腸の思いだろう。また、経済的な損失も大きい。

でも、農作物に対する放射線で汚染されたものの規制値を決めた限りは、それを守るのが順当である

また、医療行為の一つであるCTスキャン等と被曝量を比較するのは無意味で、いくら官房長官が素人と言っても政治家である

国民の健康を守る見識がない

すでにこの国の政府も専門家も、国民の健康を考えずに電力会社を助け、ひたすら「国民がじっと我慢して放射線物質で汚れたホウレンソウを食べ健康を害すること」を望んでいるようだ

当面、放射線で汚染された野菜は食べない方が良い。産地から出荷するのは「規制値以下のもので、良く水で洗浄して、汚染が採れることが分かっているもの」に限るべきだ

消費者の防御としては、汚染野菜を買わないことしかない。仕方が無い。汚染しているのだから。

(平成23年3月20日 午後1時 執筆)

現地から住民が多く脱出している理由は、それほど難しくありません。政府が大本営発表を続けたところで、計算のできる人は「決して安全ではない」と判断できてしまうからです。風評被害を断ち切る方法があるとすれば、それはこの先生が指摘した事項について、誠実な回答を政府が自ら示すことだけです。原子力に関する事項で、国や関係機関はこれまで嫌というほど情報を隠蔽し、有権者をごまかしてきました。昔ならいざ知らず、今のような高度情報化社会において、その手法は通用しないと考えるべきです。

政府およびこの問題の関係者各位におかれましては、「本当の安全性」に関する数値を、早期に明確な根拠に基づいて示されるよう強く望みます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントエキュルイユ | URL | 2011-03-28-Mon 22:25 [EDIT]
昔、残留農薬などの問題が議論されたことがありました。

そういう問題が大きく取り上げられた際、
「そういう農薬の問題を気にしている人が、栄養のバランスの偏った食生活をしているとしたら、どちらのリスクがより高いだろうか」という投書を見たことがあり、私は「こんな考えもあったのか!」と思ったものです。

東京に住んでいて、私は確かに不安に思うことがあります。しかし、疑わしき野菜はすべて廃棄、水も駄目、原発から広い範囲の人は出て行ったほうが良い。...
そんなことはできません。そうした方が安心だとかいえるのは、逆に関東、東北から離れたところに住んでいる人か、住んでいても、引っ越すことに抵抗のない人だけ。現実が見えていない戯言のように聞こえます。

職場があります。色々な人間関係があります。これらを捨てて、膨大な人が移動する。また、ただでさえ物資が不足気味な現在、あれは放射能の基準値を超えているから、廃棄するのが正義。そういう考えがあるのも分かりますが、それで本当により安心した生活になるか、というとそれは難しいと思います。逆に少しでも汚染された可能性のあるものは避けようと、水の買占めなどが起こり、本当に必要な人にいきわたっていないこともおきてしまいます。共働きの家庭では、いつ買いに行くのでしょうか。

武田先生は、人々がパニックのように買いあさった結果、欲しくても入手できない人が現れることを望んでいるのでしょうか。私は自分が少しリスクにさらされても、ある程度我慢する気持ちで居ます。健康な生活、不安の少ない生活を求めるのは分かりますが、それをみんなが求めるのが当然だ!ということを言われると、モンスター患者と何が違うのか、私には良く分からなくなります。水も、食べ物もある程度のリスクは受け入れる覚悟はできています。広島や長崎に原爆が落ちた後でも、日本人はたくましく再建したのです。

こんな原子力発電所の事故で逃げ出すのが正義とかいうと、日本人って弱くなったんじゃないのか?父祖に対して申し訳なく思います。こんなことを言う人間に、現場で被害を少しでも抑えようとがんばる人を応援する言葉を発するのって、偽善もはなはだしい。
「俺らは逃げるから、お前ら盾になってがんばれよ!」
とでも言っているように聞こえます。

武田先生がそんなに偉いのであれば、この問題を収束させるためのいいアイデアでも出してもらいたいものです。それが出ないのであれば、私にとって氏の意見はただのノイズです。私の知り合いの原子核物理専門家は自ら福島に乗り込んでいかれました。嘘ついてごまかしで、私に対して安全だ、といっているのかもしれません。それでも、遠くの安全地帯から偉そうなことをいう人より信頼しています。
お返事いたします
コメントセレネ | URL | 2011-03-29-Tue 09:14 [EDIT]
< エキュルイユ様 >

真摯なご意見、ありがとうございます。

今回取り上げた武田先生ですが、ウィキなどで批判もある人です。問題のある言説も多いようですが、すべてが「取るに足りないもの」ではない点を敢えて評価し、こちらでも引用しました。こちらの考えですが、慎重(ただし、責任回避ともとれる)な物言いのコメンテーターたちが言えないことを言っている。ひたすら「安全」という呪文を唱え続けるだけの祈祷師だけが、リアルで必要なわけではないと考えます。

成人にとっては、まだ短期的に深刻なレベルの汚染ではありません。だから首都圏の買い占め行為は有害無益です。そうした行為は批判しますが、そうなってしまうのも「正しい情報」に一般大衆が飢えているからです。情報の開示は電力会社と政府の責任であり、彼らは誠意ある態度をとる必要があると考えます。

この先生ですが、ご自身のブログでこう発言されてます。

(引用開始)

これについてわたくしは原子力安全委員会でたびたび発言をし、原子力発電所が地震で壊れるという基準を作るなら、

1) まず地震で壊れるということを国民に知らせること、

2) 付近住民に逃げるためのオートバイと、ヨウ素剤を配ること、

3) このような地震基準を認める我々(委員)が原発の周辺の住民と同じだけ被爆するべきだ

とまで言ったのです。

(引用ここまで)

この点だけは(もし本当であれば、ですが)評価してもいいかと思います。エキュルイユ様のお知り合いの先生も、覚悟を決めて現地に赴かれた方ですから無条件で尊敬いたします。その一方で、こういう指摘もあるのです。

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2011/03/post-0e90.html

これで、風評被害を防止するのは、難しいと思います。
コメントエキュルイユ | URL | 2011-03-29-Tue 22:29 [EDIT]
東大医学部放射線学科の人たちが、放射線が人間に与える影響ということで、チェルノブイリ原発事故の際でも、発症の増加が確認されたのは小児の甲状腺がん「だけ」という内容などをmixi上で、武田先生を崇拝している方(学生)の日記に書き込んだことがあります。

その際、言われたことが

「あ、すみません、東大は信用していないので...」

看板で人を判断する人にはなりたくありません。オタクだから、あいつは危険人物だ、というのと何が違いますか?なお、チェルノブイリは悲惨な事故でしたが、作業員の被曝による影響を除けば、周辺住民に対する健康被害はその程度である、という意見は京都大学からも、またテレビに出ている他の方々も述べています。テレビで言う意見は信用ならない、と切り捨てることは簡単です。しかし、それが間違っていたとしたら、後で大きく糾弾されるでしょう。一方、ネットで間違った意見を言ったとしても、その発言をした責任は実質ほとんど取りません。いや、多くの場合、社会的地位の低い人が多い(これは語弊があるかもしれませんが、あえてこういわせていただきます)ですから、間違ったとしても失うものが少ないのです。守るものが多くなった際、本当に、
好きなことがいえる、思ったままのことが何でも言える、

それは非常に難しいことです。そして、それを理解できるようになることが、私は大人だと思っています。

また、同時に今回の震災で大津波を受けた別の原子力発電所があります。女川原子力発電所です。まさに陸地では震源地に一番近い、牡鹿半島にあるこの発電所にも15メートル以上の津波が襲っていきましたが、こちらは無事冷温停止しました。これは原子力発電所が絶対悪ではなく、そういった対策を施していれば、対処可能である、ということを示していると思います。こういった安全に対する姿勢は今後も議論が必要でしょうが、別の話題でしょうね。

自然エネルギーはコストがかかるから、補助金などでその負担を下げてきながらも、導入をためらってきた日本国民が今更「原発やめろ!」って...、私には恥ずかしくて言えません。東京電力、政府のやり方に不満を持つのは私もありますが、彼らを糾弾すれば事足りるとも思っていません。セレネさんがよく取り上げられる医療の問題もそうですが、これは日本国民も自ら背負う責任、というものを考えなければ絶対に解決しないと思っています。

とはいえ、まずは今の危機をどう乗り越えるか。私も推移を見守り、祈ることしかできませんが、現場に当る人たちに対して、後方支援としてできることをしていきたいと思っています。今回の震災で初めて十万単位の義捐金を出しました。私ができることはこの程度ですが、日本人として、力をあわせることを今後もしていきたいと思っています。
お返事の続きです
コメントセレネ | URL | 2011-03-30-Wed 08:06 [EDIT]
< エキュルイユ様 >

東大に限らず、産学共同に関わった人物についてはその物言いに注意が必要かと思っています(この種の言説を突き詰めていけば、誰も信用できなくなってしまいますが)。既存のメディアについても、電力会社は大口のスポンサーであることが多いがゆえに、批判が抑制されるのは致し方ないところです。NHKのBS海外ニュースで日本国内の反原発デモが取り上げられていたことについては、案の定と思った反面ショックでもありました。この国のマスコミに、これを取り上げる甲斐性のある者が果たしてどれだけいるのか?

武田先生ですが、批判の多い人物であることは承知しています。医師の先生が問題にしている日記です。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110318

ネットの世界ですが、批判が経済的理由等の好ましからざる要因によって丸めこまれることが「比較的少ない」点において、評価しています。既存のメディアが何らかの理由で言えないことを、堂々と主張できる場としてネットの世界は存在しています(尖閣諸島問題を想起していただければ)。度外れた言説は「炎上」という形で批判されますし、言いたい放題というわけでもないと考えています。

このような事故が起こってしまった以上、既存の全原発について安全対策が必要です。そのために必要なコストは、必ず何らかの形で用意されなければなりません(電力料金に転嫁されるか、増税になるか)。東電は今回の一件で巨大な損失をこうむり、政府の尻拭いを必要とするまでになりました。これについても同じです・・・結局、これまでの負担が軽すぎたという結論になってしまいます。原子力は現状、他に有力な代替がないがゆえになし崩し的に是認されると思いますが、対価については必ず問題にする必要があります(僻地に原発を押しつけることが、どこまで是認されるかも含め)。

災害に遭ってもがき苦しんでいる同胞が、十万人単位でいます。無事な人間も産業の停滞により、生活が苦しくなることはほぼ必定です。苦難は一部地域だけのものではありません。この国全体にとっての、大いなる苦しみの始まりと認識しています。今後経済が好転する要因が乏しい中(社会の高齢化、など)、災害対策と復興に巨額の負担が必要となる現実・・・明るい未来など期待できないかもしれませんが、せめて後の世代につまらないツケを押しつけることのないようにはしたいと思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。