QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(福島第一原発事故・続)適正な情報が、何よりも求められる
2011-03-17-Thu  CATEGORY: ニュース
表題ですが、この問題は震災そのものよりも深刻な影響を、あとあとに及ぼす可能性があります。もう少し書こうと思います。

今回は、こちらを紹介いたします。見識のある方なので、鋭い指摘をなさっています。

武田邦彦先生のブログ

今回の事故における対応についての批判が多いです。とくに重要な批判は「必要な情報がもたらされておらず、隠蔽の疑いがある」点に集中しています。

ここまでの関連記事から、自分なりに要約してみました。

・ 日本の原発の耐震性は不十分で、大地震に際しては耐えられない可能性が高かった。にもかかわらず政府は国民に対して、地震が来ても大丈夫だという嘘をつき続けてきた。
・ 事故に際して重要なのは放射線だけではなく、放射性物質の飛散である。放射性物質が風に流され、どのように飛散する可能性があるかについて、適切な情報開示が行われていない。
・ 各国で気象庁(に該当する役所)は今回の事故における放射性物質の拡散について、予測を行っている。一方で「日本の気象庁」はそうした予測を行っておらず、社会一般に対する情報の提供を怠っている。
・ 世界各国は日本政府の指示(20キロ以内)より広い範囲からの退去を勧告するようになった。
・ 政府は放射線に関する適切な情報の開示を行わなくなった。放射線の危険性に関する必要な情報を、ごまかすようになった。

最後の要約については、本文を抜粋します。

(抜粋開始)

まず、法律で決められた「普通の人は一年に1ミリシーベルトまで(自然放射線を除く)」というのは、「1年間」だ。

政府発表やテレビで報道しているシーベルトは「1時間あたりのシーベルト」だから、1ヶ月少し(42日)住んでいるところの場合、それを1000倍する必要がある。

白血病になるシーベルトは約400ミリシーベルトで、これは1時間でも1年でもなく、そのままである。だから1時間400マイクロシーベルトのところに1時間いても大丈夫だが、1ヶ月あまり住んでいると白血病になる。

レントゲンを受けると「一度に600マイクロシーベルト」の放射線を受けるが、これは瞬時である。

・・・・・・・・・どのぐらいで何が起こるか・・・・・・・・・・

4シーベルト       死ぬ

400ミリシーベルト   白血病

1ミリシーベルト(1年) 法律で定められた限界

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1) 福島原発2号炉から放射線が漏れたときに枝野官房長官が発表した数値は1時間に400ミリシーベルト。
(もし、その場所に1ヶ月少し住んだら、400シーベルトになり死亡.その100分の1で死亡するから1日いたら死亡する)

2) 文部科学省が3月16日に発表した福島原発から20キロの地点(福島県浪江町周辺)の放射線は1時間330マイクロシーベルトであった(1時間あたりと思う)。
(そこに1ヶ月少し住んだら330ミリシーベルトになり、白血病になる数値・・・これをテレビでは「安全な放射線」と言っていた。)

3) 3月15日頃の東京の高い値は10マイクロシーベルトぐらいだった。
(東京に1ヶ月少し住むと、10ミリシーベルトで、1年間に浴びて良い値の10倍になる。1年ぐらい住むと子供はかなり危険。胃のレントゲンが1回で600マイクロシーベルトだから、1ヶ月で17回のレントゲンを受けることになる。安全とは言えない。)

【政府のトリック】

政府やマスコミは「福島原発から20キロのところの放射線は、330マイクロシーベルトだから、胃のレントゲンの2分の1」という言い方をしている。だから安全という。

しかしそれは「そこに1時間しかいない人」の事であり、住んでいる人ではない。だから、1ヶ月あまり住む人は330ミリシーベルトを浴びることになり、子供も親も白血病になるだろう。

すぐ待避しなければならない。決して「安全な放射線」ではないのだ。

(抜粋ここまで)

世界各国の反応は鋭いもので、半径80キロは当たり前、関東からの退避を勧告したり、国外脱出用の航空機を用意したり・・・少なくとも日本政府よりずっと敏感です。当事者であり、一番鋭い反応が必要な日本政府のどうにも遅すぎる対応に、被災者ならずともイライラが募るのを隠せません。既に多くの住民が、より遠くに離れるため移動を開始しています。端的に言えば、政府を信用していない・・・そう考えてもよろしいかと思います。

そういえば、こんな話がありました。

http://hamusoku.com/archives/4289815.html

逃亡、とは穏やかでありませんが、そのように認識されても当然かと思います。今回引用した武田先生は「耐震性が不十分な原発を国民に押し付ける以上、自らもそのリスクを甘受すべき」とおっしゃいましたが、天と地ほどの差があります。責任ある立場の者が必要な情報を世間一般に対して提供せず、かと思えば自らの保身に余念がない有様を果たしてどのように評価していいやら。

当座、以下の情報が(真正なもの!)必要です。

・ 各地域における、放射線量
・ 周辺の風向きと、今後放射性物質がどのように飛散するか

そのうえでより適切な(住民を退避させることも含め)対応が求められると思います。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。