QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(福島第一原発事故)見逃されていた危険性
2011-03-16-Wed  CATEGORY: ニュース
今日は重要な話題なので、こちらを。福島第一原発事故ですが・・・東京電力はまるで「想定外」の事象であるかのように取り扱っているふしがありますが、そうではなかったという内容の指摘が別のサイトでなされています。時間があれば読んでいただけると嬉しいです。

(「天漢日乗」様より)

何度か引用しております。この場を借りて感謝いたします。

その1

その2

その3

その4

問題点などについて、こちらでも手短に要約しています。

新潟県中越沖地震における柏崎刈羽原発での事故を受けて、福島原発の耐震安全性の総点検などを求める申し入れが2007年になされています。原発の耐震性に対する疑問、及び機器冷却海水の取水が難しくなることを指摘した申し入れで、今回の事故における危険性を十分明示した内容でした。東京電力がこの申し入れを無視し、対策を怠った結果として今回のような事態が引き起こされています。少なくとも、そういう非難が起こるだけの十分な理由があります。
一方国はというと、原発の耐震性実験を行う施設を経費節減を理由に閉鎖してしまいました。この施設があれば、老朽化した施設における耐震実験も行うことができました。老朽化した施設を動かし続けるリスクの測定と改善策の提示は今回の事例を思えば必要不可欠でしたが、そのための施設をただ同然でたたき売りした結果、必要な検証はついに行われませんでした(以上、国会議員が質問し、問題視していた)。老朽化した施設に関するリスクと十分向き合ってこなかった政府の姿勢が、この惨事のひとつの原因になっています。
国は今回のような大地震の結果、このような事故が起こることについて、まったくといっていいほど想定していませんでした(だから上記事項についての国会議員の質問に対して、木で鼻をくくるような対応をとっていた)。マスコミも「すでに国会議員が問題視していた重要事項を無視したことの結果」を「想定外の地震規模による災害」であると言い募り、電力会社のご機嫌取りに終始しています。必要な対策をとらなかった政府の責任は確かに重いですが、電力会社の過去の姿勢をまじめに追及しないマスコミも批判は免れません。

この事例は長期的に見れば、震災そのものより重大な影響を広範囲に及ぼします。最終的な結果がどうなるかわかりませんが、場合によっては広範囲に放射能の影響が残ります。そうなれば地域全体に深刻なダメージとなります。東京電力のまるで冴えない事後対策と、それ以前に安全性についての認識が甘いことを露呈した結果として、今後原子力に対する有権者の目線は厳しくなるでしょう。対外的な評価も下落が必至・・・エネルギー政策の見直しも強いられます。
早期の解決は確かに必要ですが、同様に上で書いたことの総括は絶対しなければなりません。電力会社の責任、政府の責任、そして彼らの行いを社会全体でどのようにモニタリングする必要があるのか。そのことについてだけは、絶対に抜かさず考えて答えを示す必要があります。

現場で放射能の脅威と相対している皆さんの労苦は、想像に余りあります。尊敬に値しますが、同時にとても痛々しいものを感じます。それだけに、「どうしてこうなったのか」は明らかにしなければなりません。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。