QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(署名のお願い)朝日の悪質な報道に抗議する
2010-11-15-Mon  CATEGORY: 医療崩壊
前回の続きです。朝日は悪質な虚偽報道を行いましたが、各方面からの強硬な抗議にもかかわらず態度を改めていません。このような態度をとる新聞社に対しては、良識ある人間による罪の宣告が必要です。署名も行われているので、有志の皆様にはご協力をお願いいたします。

前回のエントリー

今回は、こちらの文章を紹介いたします。

(「医療報道を考える臨床医の会」様より

朝日新聞社に適切な医療報道を求めます(2010/10/27)(2010/10/28記事追記)

医療報道を考える臨床医の会
発起人代表 帝京大学ちば総合医療センター 教授 小松恒彦

私たちは、全国の病院・診療所に勤務し、患者さんと共に、日々臨床現場で診療を行っている医師です。
朝日新聞社のがんワクチン報道に対し抗議し、当該記事の訂正・謝罪、同社のガバナンス(組織統治)体制の再構築を求め、署名募集を行います

去る2010年10月15日、朝日新聞朝刊1面に『「患者が出血」伝えず 臨床試験中のがん治療ワクチン 東大医科研、提供先に』と題する記事が掲載されました。記事には医学的誤り・事実誤認が多数含まれ、患者視点に欠けた医療不信を煽るものでした。記事報道を受け、当該臨床研究のみならず、他のがん臨床研究の停止という事態も生じました

10月20日には、患者会41団体が「がん臨床研究の適切な推進に関する声明文」を発表しました。声明は「臨床研究による有害事象などの報道について、一般国民に誤解を与えず、事実を分かりやすく伝える報道を行う」ことを求めるものでした。しかし10月21日の朝日新聞朝刊は、『がんワクチン臨床試験問題 患者団体「研究の適正化を」』と、患者会で問題とされたのが、報道ではなく臨床研究であるかのように重ねて歪曲を行いました

10月22日以降、医科学研究所清木元治所長、2学会(日本癌学会・日本がん免疫学会)、オンコセラピー・サイエンス社、そして日本医学会高久史麿会長から朝日新聞報道に対する抗議声明が出されました。抗議では、記事に事実誤認および捏造の疑いがあることが指摘されています。読売・毎日・日経・週刊現代の各紙誌がこの声明を報じましたが、朝日新聞は10月23日記事、10月28日記事で同社広報部の「記事は確かな取材に基づくものです」とのコメントを記し、当該記事について真摯に検証する姿勢を見せておりません

以上の経過から、朝日新聞社は、信頼される言論報道機関としてのガバナンスに欠けていると判断せざるを得ません。
私たちは、朝日新聞社に対して適切な医療報道を求め、以下の提言を行います。職種を問わず賛同いただける皆様からの署名も募集いたします(医療従事者以外のご署名も大歓迎です)。
署名は、朝日新聞社の社長及び『報道と人権委員会』(社内第三者機関)に提出いたします


                記

(1) 東大医科研がんペプチドワクチン記事の訂正・謝罪を行うこと

(2) 同記事の取材過程の検証を行い、再発防止策を立て、公表すること

(3) 今後、がん診療・研究など医療に関しては事実を分かりやすく冷静に伝えること

以上

(引用ここまで)

この一件については、各方面から抗議が寄せられています。

がん臨床研究の適切な推進に関する声明文

医科学研究所清木元治所長より

2学会(日本癌学会・日本がん免疫学会)より

オンコセラピー・サイエンス社より

日本医学会高久史麿会長より

朝日の報道は、各方面に悪影響を及ぼしました。患者側の人間に誤った情報を垂れ流し、臨床研究を滞らせ、会社に多大な損害を与えています。これだけのことがあったのだから、当然関係者は何らかの責任を取らなければなりませんし、周辺が取らせなければなりません。現在朝日は自らの責任を回避することに汲々とするだけで、表現者として責任ある態度をまったく示していません。黙っていればいずれ嵐は過ぎ去るとでも思っているのでしょうが、そのようなことは彼ら自身が常日頃から標榜してきた社会正義に著しく反します

署名については、勝手ながらこちらからもリンクできるようにしました。

署名募集ページ

朝日に限りませんが、この国のメディアは医療を不当に目の敵にし、自らのネタの材料にすることだけしか考えていません。その横暴と放埓を、決して許してはなりません。冒頭でも書きましたが、良識ある人間による罪の宣告と罰が、必要とされています。皆様のご協力を、お願いいたします。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ありがとうございました
コメント医療報道を考える臨床医の会 | URL | 2010-11-14-Sun 14:44 [EDIT]
医療報道を考える臨床医の会です。
ブログで本問題を取り上げてくださり誠にありがとうございます。

当会は11/12に新たに抗議声明を公表致しました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。
お越しいただき感謝します
コメント鴛泊愁 | URL | 2010-11-14-Sun 20:19 [EDIT]
< 医療報道を考える臨床医の会の皆様 >

表題でも申しましたが、お越しいただきありがとうございます。報道による医療分野への攻撃は目に余るものがあります。今回は朝日でしたが、以前は毎日が大事件を起こし、関係者の憎悪を煽りました。こうした行いは、何より患者側の不幸に直結するものであり、見逃されるべきものではありません。

また動きがあれば、こちらでもとりあげます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。