QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(多剤耐性菌・さらに)本当に必要な対策とは・2
2010-09-28-Tue  CATEGORY: 医療崩壊
今日は前回の続きです。同じような文章ですが、内容がいいのでここでも紹介します。

医療ガバナンス学会の記事より

院内感染対策:耐性菌患者の感染対策に要するコストに見合った診療報酬を

森兼啓太

山形大学医学部附属病院 検査部

帝京大学病院における多剤耐性アシネトバクターによる院内感染多発事例は大きな波紋を呼んでいる。様々なレベルの行政から「院内感染対策に遺漏なきよう」といった論調の通達が流されている。通達を流すのは簡単であるが、「遺漏なき」を期するための費用についての議論は避けて通られているのが現実である

多剤耐性菌への院内感染対策は多面的であるが、簡単に言えばすでに耐性菌に感染・保菌している患者への対策と、全患者に対する基本的な対策の二つに分けられる。

全患者への基本的対策は、いわゆる標準予防策と呼ばれるものであり、どの患者がどのような病原体を保菌しているかわからない(病原体は目に見えない)ため、すべての患者に対して最低限行うべき感染対策である。耐性菌に関して言えば、患者接触や処置の前後に手指衛生を行うことで、患者間の耐性菌伝播を防止することが主になる。他にも日常の患者療養環境の整備、医療器具の洗浄消毒などがあげられる。また、検査室で得られる細菌などの分離状況を常に監視し、耐性菌が検出された場合には当該患者に対してのちに述べる対応を速やかにとることもあげられよう。

これらは、患者の診断治療に直接関与するものではなく、病院の収入である診療報酬上は表面化しない。手指衛生を熱心に行ってたくさんの手指衛生剤を使用しても、また感染対策専従者を配置してスタッフへの教育を行い、耐性菌分離の監視を行っても、その材料費や人件費は100%病院の負担であった

2010年4月の診療報酬改定により、全患者に1入院あたり100点の感染防止対策加算が新設された。これによって、十分な人的資源を感染対策に投入し、普段から耐性菌への基本的対策を行っている施設に対して、ある程度の資金的手当が行われるようになった。院内感染対策を後押しする大きな一歩であり、これを実現に導いた関係諸方面には大いに感謝している。もっとも、当該患者に要する感染対策の費用は、入院日数に応じて増加するので、本来は1入院あたりではなく1日あたり何点という加算がなされるべきであり、将来の再改定に期待したい。

次に、多剤耐性菌が検出されている患者への感染対策であるが、通常は「接触予防策」を講じる。すなわち、患者を個室または同じ耐性菌が検出されている者同士を同じ部屋に収容し、スタッフは入室する際に手袋やエプロン・ガウンなどを着用して患者の診察・ケアに従事する。患者に使用する医療器具は患者専用とする。これらの対策にはさらに多額の費用を要する

現状では、従来の診療報酬も先ほど述べた診療報酬改定でもこれらの費用をカバーしない。すべて病院の負担である。感染症の診断のための検査や治療に要する抗菌薬には、それらのコストに見合った点数(診療報酬)が発生する。しかし、接触予防策の費用が全くカバーされないとすれば、病院経営上どういう選択が合理的か?そのような予防策が必要な患者をできるだけ自施設で受け入れない、また、感染症の検査をなるべくせず、多剤耐性菌の保菌や感染を明らかにしない、というようなことを病院経営者が考えても仕方ないだろう。実際、急性期医療機関から慢性期医療機関への転院などに際して、MRSAなどの耐性菌の保菌患者は断られることは日常茶飯事である

エボラ出血熱や高病原性鳥インフルエンザなどのごくまれな疾患に対しては、患者を受け入れるごく少数の病院に対して感染症指定医療機関として行政から補助金を受けている。しかし大多数の医療機関は、MRSAなどごくありふれた多剤耐性菌の感染症・保菌患者に対して、100%病院負担で他の患者への伝播防止対策を行っている。「院内感染対策に遺漏なき」を期するためには、それに要する費用を診療報酬という形で手当しなければ、多剤耐性菌感染症・保菌患者は行き場を失うであろう。両者を比較するのはあまり適切ではないかもしれないが、未知数の脅威よりも、目の前にある現実の脅威の方がよほど問題であると考えるのは筆者だけではないだろう。

(ここまで)

行政は口出しだけはしますが、対策に必要なお金のことはまるで考えていません。そういえば、新型インフルエンザのときは、財務省は対策にお金をまったく使わないと言明していました。こんな状況で、現場の自腹と血のにじむような努力だけで対策を行うのには、限界があります。メディアも同じ・・・医療費が「不足している」ことは全く口にしません。医療費が「毎年増えている」ことばかり騒ぎ立て、医療費をケチる悪しき風潮を(半ば国の言うがままに)醸成してしまっている。

それが矯正されないかぎり、まとも以上の対策など不可能です。日常的に医療が食い荒らされている中で、非常時の対応にまで手が届くはずなど、ありはしない。皆が考えて、せめて選挙のときくらいはきちんとした意思表明を行うようになってからの話だと、この場で改めて申し上げておきます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
グリー
コメントグリー | URL | 2010-09-29-Wed 03:29 [EDIT]
手軽に出 会うのって最近はSNS系サイトですが、手当たり次第では大変ですよね?ですが長年してるとある種の法則が有るのに気づいたんですよ、今回は特別にコツを伝授します、グリーは特に簡単に出来ますよ。色々コツは有るので興味のある方はコチラに
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。