QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(ホメオパシー批判)「嘘、おおげさ、紛らわしい」の典型
2010-08-12-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
最近問題になっているホメオパシーですが、信仰程度の価値しかないものと判断したほうがよいと思います。根拠の薄いものを盲信して、救われることは滅多にありません。いざという時に、だれが本当の救い主たりえるか・・・よく考えるべきなのですが。

今回は、こちらを引用します。

8月11日朝日の記事より

代替療法ホメオパシー利用者、複数死亡例 通常医療拒む2010年8月11日5時46分

代替療法ホメオパシーを利用している人の中で、病気が悪化して死亡する例が相次いでいる。通常の医療は末期になるまで受けていなかった。東京では5月、国立市の女性(当時43)が、がんで死亡した。埼玉でも昨年5月、男児(同生後6カ月)が死亡した。女性の遺族らは先月、「憂慮する会」を設立し、ホメオパシー療法家らに真相解明を求めて運動を始めた。

5月16日、東京都東大和市内の病院の集中治療室。女性は、悪性リンパ腫が悪化して人工呼吸器を付け、声も出せない状態だった。親交のあった荒瀬牧彦牧師=めぐみ教会(東大和市)=が見舞うと、手話で3回、「ごめんなさい」と訴えた。ホメオパシーに頼り、前日に救急搬送されたばかり。入院から11日後に死亡した。

荒瀬牧師は「最後の最後になり、自分の誤りに気づいたのかもしれない」と話す

両親によると、女性がホメオパシーを始めたのは3年前。離婚直後で精神的に不安定な時に友人に紹介された。昨春から体調を崩し、全身の痛み、強い肌荒れを訴え始めた。荒瀬牧師は何度も病院受診を勧めた。だが女性は「今までのホメオパシーの努力が無駄になる」と拒み続けたという

5月には外出も困難に。激しい胸の痛みに母親(69)が救急車を呼ぼうとすると、「西洋医学はダメ」と最後まで拒んだ。気を失いかけたすきに、母親が救急車を要請。搬送先で、初めて悪性リンパ腫と診断された

さいたま市では昨年5月、生後6カ月の男児が体重5千グラム前後の低体重のまま死亡した。両親は助産師の勧めでホメオパシーに傾倒。市によると、病院での男児のアトピー性皮膚炎の治療や予防接種も拒否していたという

市児童相談所は、病院の受診拒否などを虐待と判断。保健師の指導で男児が4月に入院した際、両親が連れ戻さないよう病院に要請していた。男児は5月2日に死亡した

ホメオパシーでは、病気の症状が重くなっても、自然治癒力が増した証拠の「好転反応」ととらえる。これが患者を病院から遠ざけているとの指摘がある

女性や男児の両親が頼った療法家を認定した日本ホメオパシー医学協会は取材に「現代医療を否定してはいない。(女性が死亡した)案件は調査中」と回答した。(長野剛、岡崎明子)

(引用ここまで)

この件については、こちらも参照していただけたらと思います。

ウィキペディアの「ホメオパシー」

「問われる真偽 ホメオパシー療法」

これでもかとばかり、効果を否定する記述が続いています。所詮はまがい物、何か重大な事態になったとき、どれだけホメオパシーとやらが役に立たないか、よくわかっていただけると思います。まあ、信じて治療に取り組んで、運よく治って良かったねくらいなら平和だったのですが・・・現実には逆ですから。先に引用した文章ですが、前者は信じたがゆえに自らの命を失い、後者はその信仰を子供に押し付けた結果その子供を死なせてしまいました。信じる者が、救われないこともあるのです。
とくに重要な部分を色付けしました。両者に共通するのは「信用できそうな他者に誘われた」点です。前者は精神的に弱っていた時期であったこと、後者は助産師といういかにも信用できそうな相手だったことが結果的に運の尽きとなりまいた。残念なことに、大体の一般人は同じような見識しか持っていません。相手にいかにもな台詞を言われて、明確に反論できる人は(自分も含め)そういないのが実情なのです。ホメオパシーのごときまがい物が付け入る隙が、そこにあったということでしょう。

自然治癒力は、確かに必要なのでしょう。しかし半面、現代社会は過去とは比べ物にならないほど高度化してしまっています。その恩恵に与っておきながら、もはや後戻りのできない「自然」とやらに依存しようなんていうのは虫のいい話です。試しに、山の中にひとり放り込まれて生き延びてみせる困難さを想起してみればいいかと。山の獣におびえながら夜を過ごす心細さ・・・もし「自然」というものがあるとしたら、そうした剥き出しかつ凶暴な代物こそが自然です。世間一般で流行しているかに見える「自然」は、どこまでいってもまがい物、良くて美辞麗句です。
何かあったときに助けてくれるのは、日々修練して患者たちのために身を削って格闘してくれている医師の先生方です。そのことを見誤り、信心以外に何の根拠もないニセ科学に身をささげたことの結末・・・残酷ではありますが、それが答えです。そうならないために、最低限は疑うことを覚えたほうがいいのかもしれません。たやすく人を信じないこと・・・身を守るには、それくらいがいいのでしょう(かなりネガティブな結論ですが、あえて)。

信仰で救われない領域は、確かに存在します。この場で必要なのは医学的なエビデンスと、それに伴う医療だけです。患者側の心得として、そのことだけは、しっかり把握しておく必要があると思っています。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント山本関西 | URL | 2010-08-13-Fri 01:38 [EDIT]
なんとかの証人を思い出すなぁと、ふと思った。
代替医療というと
コメントかもしか | URL | 2010-08-13-Fri 01:49 [EDIT]
どもです。
代替医療というとやはりホメオパシーが一番有名どころでしょうが、ホメオパシーは、アレは確かにどうなんでしょうね。私も関わったことがないので言うのもなんですが。
自然治癒力に関しては、実はうちの親戚で骨盤調整の治療院をやってる者がいたり、うちの親父も習っていたり、そこから私も多少はかじっていたりするので頭から否定できないんですよね・・・。どうもオステオパシーに近いらしいのですが。
コメントありがとうございます
コメントセレネ | URL | 2010-08-13-Fri 21:01 [EDIT]
< 山本関西様 >

まだその団体のほうが、まともかもしれません。医療者側にとっては、散々好き勝手にやっておきながら土壇場になって自分たちを頼ってくる患者というのは、実に迷惑でしょうから。それで手遅れになってはどうしようもないのですが・・・

< かもしか様 >

医学的に根拠のある行為であれば、そういう結果が出てくると思います。現実は死亡する事例が出てしまっており、言い訳のしようがない状態です。現代は実に難しく、ストレスばかり抱えています。こんな状況ではどんな怪しい代物が出てきても、抗いきれないかもしれません。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。