QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
格差は、医療にも存在するということか
2010-06-18-Fri  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、格差は医療にも存在しえます。制度が疲弊すれば、いやでもあらわになるかと思います。社会の疲弊も甚だしく、こんな時こそ皆に考えてほしい問題ではあります。

今回はこちらを引用しました

< 経済的理由で治療中止、約4割の医療機関で >

6月17日20時48分配信 医療介護CBニュース

患者の経済的な理由による治療の中断や中止が、この半年間に約4割の医療機関であったことが6月17日、全国保険医団体連合会(保団連、住江憲勇会長)の調査で分かった。特に歯科診療所では半数近くに上った。

保団連では5月中旬に、各都道府県の保険医協会に調査への協力を依頼。6月14日までに回答を得た8協会の計2829医療機関(病院109、医科診療所1577、歯科診療所1143)について中間報告をまとめた。

それによると、38.8%の医療機関で、患者の経済的な理由によって治療を中断または中止したことがこの半年間にあった。施設別では、歯科診療所が47.4%で最も多く、次いで医科診療所33.4%、病院26.6%の順。保団連の宇佐美宏副会長は、「歯科は命に直結するわけではないので、医科よりも経済的な影響が強く出る。痛みが治まると受診しない人も少なくない」と指摘している。

またこの半年間に、医療費負担を理由に患者から検査や治療、投薬を断られたことがある医療機関は42.9%だった。施設別では医科診療所が46.1%、病院が43.1%で、歯科診療所の38.5%に比べ医科医療機関で多かった。竹崎三立副会長は「医科では、慢性疾患で継続して受診していると、簡単には治療を中断できない。しかし、1か月分の薬を3か月かけて飲み切るなどして受診を控えたり、必要な検査を断ったりする例は歯科よりも多い」と説明している。

こうした結果を受けて、中間報告では「不況下で、患者の受療状況はことのほか深刻だった。改善には、窓口負担の大幅な軽減などが必要」との見解を示している

(引用ここまで)

強調した部分ですが、こうした受診行動には問題があります。症状の改善が遅くなりますし、場合によっては悪化します。その場合もっと深刻な事態となりますし、治療に要する医療費はその分高くなります。受診抑制は状況によっては必要かもしれませんが、程が過ぎると社会的に大きな弊害をもたらします。窓口負担だけが、患者側の負担というわけではありません。もっと国が医療にお金を使い、こうした問題に答えを示すべきだと思います。その意味では、今年診療報酬をまるで上げようともしなかった現政権は、全くあてにできない存在と言われても仕方ありません。

それどころか・・・こういう話もあるくらいです。

こんどはこちらから引用

< 社保病院存続法案の成立断念 臨時国会に先送り >

政府・与党は15日、独立行政法人を新設して地方の社会保険病院などの受け皿にする独立行政法人地域医療機能推進機構法案について、今国会での成立を断念した。民主党が国会会期を延長しないと決めたため、参院厚生労働委員会で審議時間を確保できなくなった。いったん廃案として、今秋にも開く臨時国会での成立を目指す。

法案は地域医療を支える全国の社会保険病院52カ所、厚生年金病院10カ所などを公的施設として存続させる狙いだった。現行制度では社会保険病院などを運営する独法年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)の設置期限が9月末。それまでに臨時国会を開き、法案を成立させないと、社会保険病院などが運営の法的根拠を失う可能性が高い。厚労省は「病院が存在しても診療できない事態が生じかねない」(年金局)と懸念する

地域医療の再生を掲げる菅政権が、参院選日程への配慮から国会を延長せずに法案成立を先送りしたことには批判が集まりそうだ。

(引用ここまで)

選挙目的で首班の首を挿げ替え、賞味期限切れを隠して選挙を強行するとか・・・おおよそまともとは思えない判断です。これが、命を守る政治とやらの正体なのでしょうか。こと医療に関しても、守られなかった政権公約はずいぶんたくさんあるかと思います。政府は医療に金を使わないから患者の受診態度が歪みましたし、病院を大切にしないから地域医療の拠点が危機にさらされています。これらの事態は、患者の所得による格差を生み、住んでいる地域による格差をもたらします。現政権は、そのことについてどのように考えているのか。

前回の選挙(総選挙)は、旧与党の実績に対する審判が下るという結果で幕を閉じました。そのことの意味を正しく理解しているのであれば、現政権は医療に対しても誠実に実績を積み重ねるよう努力すべきです。こと医療に関していえば、とても十分な貢献をしているとは思えません。次の参院選では他にいろいろ争点があるのですが、自分としてはこの分野も考慮に入れて、皆さんには投票していただきたいと思っています。無為無策の現与党については、大いに評価を差し引く必要があります。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。