QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
設置台数から考える、QMAの危機
2010-04-08-Thu  CATEGORY: QMA
表題ですが、穏当でないことは認めます。しかし現実です・・・この点については、早急の対策が必要と思います。漫然と構えていれば、去年と同じ事になります。

さて、今回はQMAの設置台数の変化と、それに対する考察です。wikiから情報を引っ張ってきて、いくつか修正を加えた数字を、ここで記載します。なお情報を拾ったのは近畿2府4県だけなので、他の地域の実情と不一致の点もあることはご了承ください。

< QMA5から7に至るまでの、設置台数の変化 >

(「地域 : QMA5 → QMA6 → QMA7」で列挙しました)

滋賀 : 59 → 49 → 20
京都市内 : 76 → 70 → 54
それ以外の京都府 : 21 → 18 → 6
奈良 : 39 → 34 → 16
和歌山 : 31 → 32 → 26
大阪市内 : 156 → 140 → 114
それ以外の大阪府 : 127 → 146 → 127
神戸市内 : 48 → 48 → 41
それ以外の兵庫県 : 89 → 68 → 47

合計 : 646 → 605 → 451

QMA6に移行してから、台数は減少しています。増加した地域もありますが、全体としては微減といった感じです。しかしその中で、深刻な状況は既に発生しています。途中エクストラになった最大の理由は、各店舗のインカムが悪化したことにあります。6月段階で店舗にアンケートが配られてきて、自分も回答に協力したことがあるのですが、プレーヤーの不満がずいぶん多かったのではないかと考えます。実際、個人的な記憶の範囲ですが、各店舗に登校する生徒の数が頭打ちになっている感じでした。エクストラになってからも、根本的な改善にはつながっていません。
そして今回7に移行してはみましたが、これだけ設置台数が減少しています。このすうちは確定ではありませんが(今後増加の可能性があるため)、それにしても激しい減少です。6が営業的に失敗だったため、各店舗が弱気の判断をしたものと推測されます(とくに中小の店舗)。これまた自分の見た感じで恐縮ですが、各店舗に登校する生徒の数が、早くも落ち着き始めています。スタートダッシュから1ヶ月経過していない現状で、これはかなり早いと感じました。悪く言えば低調・・・先行きの不透明さを感じずにはいられません。

ちなみに、某巨大掲示板からの情報ですが、バージョンアップの単価は、このような感じでした。

QMA6 → センモニ148,000円、サテライト258,000円
QMA7 → センモニ、サテライトともに298,000円

重要なのは、センモニの単価が跳ね上がった点です。小規模で経営する店舗の設置台数は少ないことが一般的で、そういう店ほどサテライト1つごとの単価が上昇し、負担が大きくなっています。自分がよく行くゴールドも、フウキ系列の店舗もこの類型です。収益性の悪化したコンテンツで、しかも導入コストが高い・・・台数が大きく減った理由が、よくわかるという感じです。中小の店舗も気軽に導入できるコンテンツだからこそ、QMAはここまで広がったのですが。市場の縮小を招きかねないこの価格設定は、大きな疑問があると言わざるをえません。
台数が減少した分は、このバージョンが大ヒットすることによって挽回するほかありません。更新することが店舗にとってメリットがあると証明されれば、市場は再び拡大しメーカーも店舗も、そしてアカデミーの生徒たちも満足することが可能になります。では、それは可能なのか。極めて疑問です・・・なにしろひとつ、ネガティブな意味で重要な改変が加えられていますから。新しい生徒と引き換えに、これまでの生徒の多くが退場を強いられました。理由はいろいろ噂されていますが、使えなくなったという事実だけで既に十分な意味を持ちます。これが理由で登校拒否になる生徒(プレーヤー)が続出するようでは、先行きを期待するのは難しいでしょう。

今後メーカーがとるべき方向は、2つです。

① 既存のプレーヤーの満足度を回復させ、戻ってきてもらうこと
② 新しいプレーヤーの開拓

協力プレーには、ひとつの可能性があります。しかしそれ以外に、めぼしい改変はありません。全国大会その他のイベントがどうなるか判りませんが、その内容によっては本当にかわりばえしないコンテンツに堕する危険もあります。ちょうど前作がそうでした・・・全国大会はトーナメントの延長で、新鮮味の点で大幅に減点でした。AnAnのイベントの多様さと比べると、どうしても劣って見えます(ジャンル別、くらいは考えてもいいはずなのにそれすら行われない、など)。競合する他社のコンテンツと比べて、見える範囲の努力の程が、どうしても足りないのです。

これから春、のはずなのですが。しかしこちらの状況は冬の嵐の真っ只中・・・見通しは暗く、荒れ気味ですらあります。メーカー側がそれをどこまで理解しているか。今後のアップデートで、わかると思います。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントかっちゃん | URL | 2010-04-08-Thu 23:34 [EDIT]
まったく同感です

このままではQMAはホロン部
お返事です~
コメントセレネ | URL | 2010-04-09-Fri 17:28 [EDIT]
< かっちゃん様 >

コメントありがとうございます。

ゲームの世界ですが、本来的にはプレーヤーとの共同作業で成り立つ部分が大きいです。しかし、現実にはそうした部分を切り捨てて、メーカーが勝手に「盛り上げようとして失敗」している部分が目立ちます。既に本文で書いた理由で、何人もやめた人いますし。

これが読めないのが、○○○○クオリティ・・・なのでしょうか。
仕様変更と今後の展開について
コメントAPPLE | URL | 2010-04-16-Fri 15:32 [EDIT]
滋賀については、色々な方から聞いておりましたが、
兵庫県、奈良県もだいぶ減らしていますね。
尼崎が7台全部残っているのが、奇跡です。
他の地域でも劇的に増えた地域というのは、
聞いていないので、全国的に減台していると思われます。

こちらとしても、2クレ3周交渉などできる限りのことは
してきましたが、それでもランカーが一時的に来ているだけで、
なかなか全体的な底上げに程遠い状況です。

QMAはこれから、多くのプレイヤーから少しづつ集める、
新潟方式を考えなければならないのに、プレイヤーが減って、
ますます負担が増えているのが現状だと思います。

キャラ削除の問題があまりにも大きすぎるところではありますが、
QMA6の時から、形式難易度の調整がうまくできず、
賢竜杯伊勢予選のEASY縛りで300点を超えない選手が
続出して疑問の声も多数あり、QMA7では各形式の分離と共に、
ランダムの威力が落ちたり、分離形式の難易度調整ができないなど、
戦略性が薄くなってしまったと言うことが、誰のための
変更だったのかと言う疑問もあります。

滋賀の店舗大会では、1680えんさんや、2Fどうさんを中心に、
ライト、ミドル層にもランカーに勝つチャンスを与えることで
参加者離れを食い止めることに成功した例はあり、
そのためだったら、飲まなければならないとも思いますが、
通常のトナメでそうした仕様変更があっても、
それで人が増えるかは疑問です。

やはり、キャラの削除に関して、何らかの手を打たないといけないですし、
減台によって、遊びたくても遊べないと言うことも考える必要があります。
再び、お返事です
コメントセレネ | URL | 2010-04-16-Fri 18:49 [EDIT]
< APPLE様 >

先行稼動から1ヶ月、いかがお過ごしでしょうか。こちらは絶賛(?)閑古鳥鳴きまくりです。水曜日は2クレなので賑わいますが、それ以外が酷いレベルで落ち着いています。

初心者に優しいレベルと、上級者のやる気を引き出すレベル、両者の並立がとても難しくなっていると思います。たまにライトの人のプレーを見ますが、明らかに難易度の高い問題が多く、下級クラスでは全滅が結構目立ちます。出題側が、プレーヤーの多様さについていけてないのも、苦戦の原因と考えます。
形式難易度の調整が出来ない点については、どうにも疑問を感じます。形式総合と1つの形式の間に差異を設けたかったのでしょうが、何のための差異なのかが見えてきません。このままの状況で推移して、予想通り(?)エクストラになるときに、ここが改定されるような気もしますが。

キャラがいなくなると同時に、当然ですが一定割合プレーヤーもいなくなります。自分の友人も何人かやめてしまいました・・・呼び戻す方法はあるのでしょうが、時間には限りがあります。彼らが別のゲームで満足を得てしまったら、もう遅い・・・既に手遅れなのかもしれませんが、機会があればまた言及しようと思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。