QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(メディアの中傷)こんなものが正義であってたまるかっ!
2010-03-09-Tue  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、わかった人は思わずニヤッとする内容です。全くその通りでありまして・・・他人を悪し様に腐す(しかも、根拠もなしに!)行為に正義の可能性があるのかどうか。マスコミ各社の痛切な自己批判が、何より求められるところです。

今回はこちらからとり上げました。勝手をお許しください。

「産科医療のこれから」より

(引用開始)

割りばし事件報道にBPO勧告

長い戦いに「一応」の区切り
 
(Nikkei Medical 2010.1 P157)

上尾中央総合病院(埼玉県上尾市) 耳鼻科 根本英樹

日大通信教育部(法学部) 准教授 根本晋一
     
私たちは、1999年7月に起きた「杏林大割りばし事件」の時の担当医とその実兄です。本件は、男児が割りばしを口にくわえて転び、その割りばしが脳に達して亡くなった不幸な事故です。救急車で運ばれた男児の初療をし、診療の過失の有無が問われました。一連の訴訟では無罪、請求棄却となり、担当医に過失がないことが認められました。
これに関連して放送倫理・番組向上機構(BPO)は2009年10月末、TBS「みのもんたの朝ズバッ!」の本件関連報道に対し、「重大な放送倫理違反」を勧告しました。本稿では、その経緯を紹介します

この事件は、発生当時から様々な報道がされましたが、その内容は例外なく担当医の非難でした。とりわけ担当医批判に熱心だったのが、ある女性ジャーナリストと、このジャーナリストと深く接していたTBSでした
ちなみに、このジャーナリストは担当医やその親族、弁護人を一度も取材していません。捜査記録を見る前から思い込みと憶測で架空の事実をつくり、担当医を中傷したのです。例えば、杏林大は患児死亡直後に異状死の届け出をしましたが、「本件は救急隊員の証言で発覚した」と、まるで同大が事故を隠蔽したかのような発言をしたほか、剖検所見を見ないと分からないはずなのに、「担当医に過失があるといってよいだろう」と断定しました
TBSのある男性記者は、この女性ジャーナリストと連携して取材をしていました。男性記者も、「割りばしが脳に刺さったことを知っていたのではないか」「患児の両親は杏林大から謝罪がないとしているが、謝罪する考えはあるのか」など、杏林大に挑発的な取材依頼をしてきました
杏林大は男性記者の取材事項に沿って回答しましたが、その後のTBSのニュース番組は、回答書の内容を一顧だにしない(回答した事実すら言わない)、遺族側の言い分に偏った内容でした(99年8月時点)。

私が書類送検された2000年7月、多くのテレビ局が匿名としたのに対し、TBSは実名を報道しました。TBSが執拗かつ不公平だったので、私の両親(父親は弁護士・元第二東京弁護士会人権擁護委員長・故人)は同年8月、BPOに人権侵犯救済を申し立てました。この際、BPOは解決の仲介をしましたが、TBSは申立人らの話を聞くだけで解決策を示しませんでした。
一方、女性ジャーナリストや市民団体関係者に対しては、05年に名誉毀損で提訴しました。結果は4件の訴訟のうち3件が和解、1件は敗訴。裁判所は和解の際に女性ジャーナリストに「今後は資料をよく調べてから十分注意して書くこと」という条件を付しました

その後、刑事・民事訴訟で担当医の無罪や請求棄却が決定し、今度こそ正確に報道されると期待していたところ、TBSはまたも「みのもんたの朝ズバッ!」で私たちを取材せず、計2回(06年3月の刑事第一審判決時、08年2月の民事第一審判決時)、問題の女性ジャーナリストを専門家に招き、みの氏と2人で誹謗中傷を繰り広げました
みの氏は、「(杏林は真面目に)取り組んでいないから、こういう事故が起きて(患児は)死んじゃったんじゃないか!杏林の姿勢を僕は疑う」「素人でも脳に損があると考える」などと発言し、女性ジャーナリストも、「この程度の医療水準で許されるのなら、真剣に頑張っている多くの医師はプライドを傷付けられる」などと詰り、判決を読んでいるとは到底思えない、事実誤認の無責任トークを展開しました

無実なのにまだ言うのかと、その執拗さと内容のずさんさに呆れ、私たちは09年5月に再びBPOに人権侵犯救済を申し立てました。BPOも今度は審理に乗り出しました。ところが、TBSは私たちの申し立てに対し、「医療機関には最善の注意を尽くしてもらいたいという思いで放送した」「客観的事実を超えた思いがあることが分かった」など、人権感覚に欠けた責任感のない答弁に終始しました
半年間の審理の後、BPOはTBSに「重大な放送倫理違反」があることを認めました。この決定は、ADR(裁判外紛争解決手続)としてのBPOの審理規定で最も責任が重い勧告です。これにより、私たちの社会的評価が直ちに回復するわけではありませんが、不正確な報道に反論する機会となり、その結果がBPOの記者会見という形で周知された意義は大きいでしょう。私たちは、マスコミとの長い苦しい戦いに「一応」の区切りをつけられました。理不尽な報道に疑問を呈して他界した亡父も喜んでいると思います

(引用ここまで)

これが、この国のマスコミが医療者に対して行ってきたことのひとつの例です。皆が皆、この程度であったわけではありませんが、問題となった事例においてはだいたいこのような感じで医療者を悪し様に痛罵し、その名誉を著しく毀損する報道を続けてきました。例えば、前日とり上げた大淀病院事件で、医療者サイドの反論を、未だにマスコミ各社は受け付けていません。この事実ひとつあれば、どれだけ偏っているか・・・そしてその偏りが医療者「のみ」を不当に差別している点において、どれだけ社会正義に反しているか、わかっていただけると思います。

何度でも書きます・・・医師たちが自らの超過勤務についても一切問題とせず、ただひたすら患者たちのために寝食を惜しんで働いてきたのは何のためであったか。過労に殺された医師が現実に存在しているにもかかわらず、その不正義を一向に問題にしないのは、どういう了見なのか。それでもなお、事が起これば医療者「のみ」の責任と決めつけ、業界総出で現場の医療者「のみ」を標的にするのは正義の名に相応しい行いと言えるのか。

マスコミ各社の無責任かつ尊大な精神態度に、識者及び心ある者は決して怒りを隠すことはないでしょう。せっかくなので、この一言をもう一度進呈させていただきましょう。

「こんなものがっ・・・こんなものが正義であってたまるかっ!!!」

皆さんには、この「不」正義を決して忘れていただきたくないと、強く思っています。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。