QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(柔道整復師の疑惑)皆さんにも、是非見てもらいたいです
2010-02-24-Wed  CATEGORY: 医療崩壊
とりあえず、一言だけ。かなり悪質な不正の可能性があります・・・しかも、それを政治が是認してきたというお話です。陳腐なお話ですが、有権者の皆さんにはしっかり見ていただきたいものです。

ロハス・メディカルより引用

柔整師会の政治献金が不正請求を黙認させた?-国リハあはきの会、療養費適正化求め要望

熊田梨恵 (2010年2月22日 18:06)

厳格な審査体制を作ろうとしても、必ず政治家が介入して実らなくなっている。政治献金がすごいんです」―。あん摩マッサージ指圧師らでつくる「国リハあはきの会」(林幸男代表幹事)は22日、長妻昭厚生労働相と西村正紀会計検査院長に対し、柔道整復師による療養費の不正請求を適正化するよう求める要望書を提出した。同会からは、柔道整復師の政治団体が1995年から7年間で、政党支部を通して厚労省の"族議員"に約7000万円の政治献金を行ってきたとする資料が示された。

医療界のブラックボックスとも囁かれる、柔道整復師による療養費の不正請求問題については、隣接するさまざまな業界団体が問題視している。この日に要望書を提出した同会は、国家資格のあん摩マッサージ指圧師などから成る団体で、これまで厚労省などに対して約20回にわたる要望活動を行っている
接骨院などにいる柔道整復師には、急性期の打撲や捻挫、応急手当としての骨折や脱臼への施術は保険請求が認められているが、通常の診療報酬請求手続きとは別ルートの、療養費の「受領委任払制度」という手続きになる。一方で、「あはき」と略称される「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」は、医師の同意書があれば慢性疾患などに対する施術を行うことができ、この施術は健康保険の対象になる。
 
同会は要望書で、柔道整復師による療養費の請求が本来対象ではないはずの慢性疾患にまで及んでいるとして、「視覚障害あはき師のこの業による生計維持を次第に混乱ならしめている」として、厚労省と会計検査院に対して実態調査や適正化対策を行うよう求めた。同会が提出した要望書では、柔道整復師による療養費請求額が2007年度で3377億円に上るとして、このうち99%が「捻挫・打撲」による請求とした
 
さらに、同会は療養費の審査体制の整備が進んでこなかったとして、日本柔道整復師会の政治団体「日本柔道整復師連盟」などが政党支部を通して厚労省の"族議員"に対して行ってきた政治献金の影響を指摘。同会の与那嶺岩夫事務局長は厚労省と会計監査院の担当者との協議中、「政治献金がすごいんです。これは一例であって、柔道整復師会が族議員をつかまえて橋本龍太郎先生たちに寄付してるんです。そんなことの結果として、歪められてここまで来た」と述べ、資料を示した

柔道整復師の療養費に対する国庫負担については、行政刷新会議の「事業仕分け」でも俎上に上がっており、仕分け人からは、「柔道整復師の治療については、不正請求の疑念はぬぐえない。適正な保険給付に向けた改善を実施する必要がある」などの意見が上がっており、給付率などについて「見直しを行う」との判定が出されていた
  
協議の場に立ち会った厚労省保険局の担当者は、「事業仕分け」で療養費の請求内容について地域差が見られたことなどを例示し、「調べたわけではないので不正ばかりとは言えないが、一部はあると思う。不適正な請求については適正化していかないといけないと思う」と話し、事業仕分けでの議論の結果などを踏まえ、必要に応じて今年6月に予定されている柔道整復療養費の改定への反映などで検討していきたいとした。
 
関連の業界団体では日本整形外科学会が02年に、柔道整復師による慢性疾患への施術は生命に危険が及ぶとして、業務範囲の順守や受領委任払制度の廃止を求める要望書を当時の厚生労働大臣に提出している
  
(引用ここまで)

なお、柔道整復師の疑惑については、こちらも参照ください。いずれにしても、かなり黒の成分が濃いグレーだという評価になります。ただでさえ医療費は少ないのに、それを掠め取って私服を肥やしているという疑惑・・・確かに、これは政治の圧力抜きには不可能です。このような放埓は許されない・・・せっかく「政権交代」したわけですし、しっかり真相解明に勤しんでもらいたいものですねぇ。

最後に、面白い写真です。
引用した本文にある「資料」ですが、これです。興味のある皆さんは、自分の選挙区に該当するかどうか、しっかりご覧くださいませ。

献金1[1]

献金2[1]
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントオカレモン | URL | 2010-02-25-Thu 00:18 [EDIT]
佐賀3区ですが対象外ですね(`・ω・´)
お返事します
コメントセレネ | URL | 2010-02-25-Thu 08:10 [EDIT]
< オカレモン様 >

ここに名前が載っている人で全て、というわけではないと思います。勿論、旧与党の人間ばかりというわけでもないでしょう。現与党がこれを放置する選択をとった場合、同じ穴の貉として取り扱う必要があります。

これが大きな事件として、メディアに報道されるくらいになれば面白くなるとは思います。
コメント通りすがり | URL | 2010-02-26-Fri 01:43 [EDIT]
どことは申し上げられませんが、死んだ人を治療したものとして保険請求した接骨院がばれて大騒ぎになったとかならなかったとか。
柔整はお客に領収書すら出さないところが多いと聞きます。どんな経営してるんだと世間からみると疑いの目が向けられるのは否めません。
業界団体そのものが物騒なところが多いのも原因でしょうが、具体的には触れないことにします。

医療行為全体の信頼にも関わる問題です。
いずれにせよ現状を把握した上で適切な対応を取ることが肝要かと。
お返事いたします
コメント鴛泊愁 | URL | 2010-02-26-Fri 08:23 [EDIT]
< 通りすがりのコメンテーター様 >

その話は、別のブログに取り上げられていたので、確認はしています。医療機関は不必要に詳細な領収書を作成させられるようになった一方、このルーズさが免責されている状態、というのは医師の先生方にとってどれほどの反感をかき立てるものであるか。

政治が絡む不正、だけに政治による解決が必要と思われます。現与党が手をつけなければ、それもまた(ネガティブな意味での)証拠となるでしょう。ここもしっかり見ていく必要があると思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。