QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
医大院生を使い捨てにする愚
2009-10-19-Mon  CATEGORY: 医療崩壊
久々にこの話題ですが・・・かなり重要な事項なので書いておきます。どのような組織であっても、人を使い捨てにしたら相応の報いが来ます。今回の判決文については、かなり不満が大きいのも事実です。

今回はこちらを引用します。

こちらより引用

医大院生は勤務医と同じ 「過労で交通死」鳥取大に賠償命令

鳥取大医学部の大学院生で医師だった男性=当時(33)=が付属病院で徹夜勤務をした直後に交通事故死したのは、睡眠不足や過労を生じさせた大学側の責任だとして、両親が鳥取大に損害賠償を求めた訴訟の判決で鳥取地裁は16日、約2千万円の支払いを命じた。

朝日貴浩裁判長は判決理由で「大学院生の業務内容は勤務医と大きく変わらず、業務の性質は精神的負荷が高いものだ」と認定。「大学側には(過酷な勤務で)事故発生が十分予測可能だった」と安全配慮義務違反を認めた。

研修などの名目で無給のまま医療業務に従事している院生の医師について、「雇用」する側の大学に安全配慮義務があることを認める司法判断。医大院生の過酷な勤務実態は国会などでも問題化しており、各地の大学で進む雇用契約締結の動きにも影響しそうだ。

研修医については平成17年の最高裁判決が、労働基準法上の「労働者」に当たるとの初判断を示したが、原告側代理人によると、院生の労働者性を認めた判例はないという

(引用終了)

いろいろ思うところを。

まず、この判決を受けて、鳥取大学がどのような態度をとるか。選択の如何によっては、大学の危機に直結します。少し考えればわかると思います・・・もしこの大学が判決を不服として控訴するなんてことがあったら、自分はこんな大学の世話になりたくありません。皆同じように考えるでしょう。人を大切にしない組織は、真っ先に人が来なくなって立ち行かなくなる・・・当然のことと考えます。
そういえば、同じようなことをやって先生方の不興を買っている自治体もありましたねぇ・・・奈良県では○○○に500万円の値札を付ける一方で、産科医の残業代は判決が出たにもかかわらず支払おうとしません。人の勤労を安く見積もるような場所で自分の身を粉にしてまで働こうなんて、誰が考えてくれるものか。その程度のことが、責任あるはずの立場の者にはわかっていないものなのです。そうした愚鈍さに付き合う義理も義務も、誰も持っていないのですが。

それともうひとつ・・・過労死の責任がたったの2千万円ですか。今後この院生がキャリアを順当に積んでいけば、もっと稼いだはずですねぇ・・・その程度の金額で手を打てと言われて納得するほうが難しいでしょう。医学部の大学院生の立場は弱いものです。学生として扱われる一方(だから給与も出ません)、こんな風に超過勤務を押し付けられ、場合によっては過労死を強要されるわけです。正当な勤務である以上、当然給与その他の支払は必要なわけで。これだけ搾取しても2千万で賠償が済んでしまうという現実を、どのように考えればいいのでしょうか。

このようなことが続くのであれば、確実に大学院に進んで研究を続けようという学生は減るでしょう。そうした学生の減少は、必然的に大学における研究の質を低下させます。医学は臨床だけで成り立つわけではありません。研究が十分に行われなければ、今後今の医療水準を保つのも難しくなるかもしれません。そうした意味で、これはとても危険なニュースです。
対策としては、しっかり勤務分の給与を計算して支給すること、これ以外にありません。大学の仕事で過度に学生を拘束しないことも必要です。勤務医その他のことについても同じなのですが、医療現場で働く、あるいは医療に関与している者の勤務状況に対する問題意識が、社会全体で希薄です。自分たちはすぐに治してもらえなければ騒ぐくせに(今回のインフルエンザ騒ぎなど、典型例です)、医療スタッフはどうなってもいいような態度を平然ととり続ける。これが変わっていかない限り、とてもまともな状況の改善など望めないでしょう。

・・・もともと診療報酬は安いし、最近は補助金も削減されているので大学も厳しいのですが。それが元凶です。もっと必要な部分にお金をかける政治になってほしいものです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。