QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
無用な受診態度が、自らの首を絞める
2009-09-17-Thu  CATEGORY: 未分類
今回は、新型インフルエンザ関連です。ニュースでも流れている話題なので、多分ご存知と思います。

9月15日、読売の記事から引用

新型インフル「陰性証明」求め無用受診殺到

新型インフルエンザの流行が広がる中、「感染していない」証明のために簡易検査を求める人の受診が相次ぎ、医療現場で混乱を招いている。

幼稚園や保育園、学校、会社などが、感染の拡大を恐れ、検査を受けるよう求めるためとみられるが、医師らは「少しの発熱で受診して、医療機関で逆に感染したり、重症者の治療が遅れたりする危険もある」として、無用な検査受診をしないよう訴えている。

東京・文京区の森こどもクリニック。新型インフルエンザが増え始めた夏ごろから、「微熱程度でも、幼稚園に行くのには、検査で陰性の証明が必要と言われた」「子どもの発熱がインフルエンザでないという検査結果がないと、夫が出社できない」などの理由で受診する例が増えた。

インフルエンザは高熱やせきなどが特徴だが、症状から明らかに違う人もいる。森蘭子院長は「検査は不要と説明して理解いただくのに時間がかかり他の患者の待ち時間も長くなる」とため息をつく。さいたま市で先月開かれた日本外来小児科学会でも、全国の医師から同様の声が上がった。

同区教育委員会は「季節性インフルエンザなどでも治癒証明書は求めているが、検査結果を必要とはしていない」と話す。文部科学省でも「出席停止などは校長の判断だが、検査は指導していない」としている。

大阪府門真市のばば小児科でも9月に入り、「幼稚園のクラスで感染者が出て、園から検査を求められている」「家族が感染したので、子どもにうつっていないか、保育園に証明を出さなければならない」などの受診が増え、これまでに約30人を検査したという。だが、「簡易検査キットが不足し始めている。出荷を制限せざるを得ないかもしれない」と、検査機器業者に聞かされ、症状がない人の検査は行わないことを決めた。

沖縄県では、検査などを求める受診者の増加が医師の負担につながるとして、先月中旬、「完治証明書などは必要ありません」との県知事メッセージを発表。症状のない人の受診を控えるよう求めている。

そもそも、簡易検査で陰性だからといって、「感染していない」ことの証明にはならない。米疾病対策センター(CDC)によると、感染していても陽性となる確率は10~70%。感染当初は検査しても陰性に出ることも多い

日本小児科学会長の横田俊平・横浜市立大小児科教授は「このままでは検査キットが足りなくなり、ピーク時に重症の患者の検査に使えなくなる危険もある。必要のない検査は控えてほしい」と呼びかけている。

(引用終了)

3つ強調していますが、それで十分な理由と思います。一通りまとめておきます。

まず、感染していない旨の証明を出すことは不可能です。用具を使ったとしても適切に検知できるわけではありませんから、当然の話です。にもかかわらず、無理を押し通そうとする患者側の態度は実に「問題がある」と判断せざるを得ません。
次に、わざわざ医療機関に押しかけること自体が、患者にとって危険な行為となります。ウイルス感染のリスクが高いのは、実は病院なのです・・・健康な人間は、逆に病院に行かないようにしたほうが感染を回避できて好ましいのです。
最後に、現場が疲弊します。検査キットも治療に使う薬品も、手薄なのが現実・・・余分な患者のお守りなど、している暇はありません。このような受診態度が続けば、必要なときに必要な患者に治療ができなくなるおそれがあります。

わざわざ健康な人間が病院でウイルスをもらって来て感染しでもすれば、ウイルスはますます蔓延することになります。医療スタッフは絶対数が常時でさえ不足しており、患者の数を無用に増やしてしまえば、対応不可能となります。まさに「自分の首を絞める」愚行です。自分のために、周辺の人間のために、絶対やってはいけない事と思います。

それにしても・・・いちいち感染していない旨の証明を出させようとする教育機関や企業が、一定数存在するみたいで。わかっていない人間のやることは、一味違うということでしょうか。せっかくなので、14万8千光年の彼方から、この方を召喚してみましょう。

「バカめ!」

・・・まいどまいど、お粗末でした。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。