QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
無い袖は振れない、というのはやはり言い訳でしかない
2009-06-13-Sat  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、そういう風に思います。病院の経営が苦しいのは仕方がありませんが、それを現場のスタッフに転嫁することは許されない・・・皆そう思っていないようですが。

今回は、こちらから引用しました。

労使協定なし超過残業
京都市立病院 労基署が是正勧告

京都市立病院(中京区)が、医師や看護師、事務職員らと労使協定を締結せずに法定労働時間を超える残業をさせているなどとして、京都上労働基準監督署から6月1日付で是正勧告を受けていたことが10日に分かった。

勧告内容はこのほか、時間外勤務に相当する医師の宿日直勤務に対して深夜割増賃金が支払われていない▽深夜割増賃金の算定基礎に入れるべき住居手当などが考慮されず、適切な金額に達していない-など計4項目。

また、労基署は医師らの労働時間を正確に把握するため、始業・終業時刻を記録するように指導している。

市立病院は勧告を受けて医師の勤務体制などを見直す方針で、6月末までに労基署に改善に向けた報告書を提出する予定だが、「厳しい病院財政と医師不足という構造的な問題が背景にあり、短期間での改善は難しい」(管理課)としている。


(引用終了)

これは、明確な法令への違反です。文末の「短期間での改善は難しい」というのは、言い訳にもなりません。この一言で京都市は、医療スタッフの待遇改善は行わないと公言したに等しい・・・少なくとも、医療側がそのように判断するだけの十分なネタを提供してしまいました。こうなってはもはや、この病院に新しく来てくれる先生方など、期待できないと考える必要があります。

医療スタッフへの待遇が悪いまま放置しておけば、当然離反を招きます。たとえば、こんな感じです。

2月13日のエントリー

これは延岡の事例です・・・医師への待遇が悪いまま改善されなかったので医師がいなくなる、というお話です。こういう事例は、もう日常茶飯事すぎて、もう驚くこともありません。共通するのは行政や社会の無関心と無理解です。どうせ新しい医師をどこかから連れてくればいいとしか考えていない。しかしもはや、この国に医師の余剰などない。もともと無かったのです。何かあるたびに医師と医療を目の敵にしてきたこの国の社会に報いるかのごとく、最近は次々といなくなっているようですが(特に産科など)。

今回このコメントを寄せたのがどこの誰かは判りません。まあ、官吏らしく無難にまとめてみせたつもりなのでしょうが、相手によってはネガティブな意味で決定的な一言と考えます。この時期、医療スタッフはもっと条件のいい職場を求めています。この病院が、各地の医療機関からの引き抜きに遭うことは、まあ間違いありません。それは病院に通院する患者たちにとっての不幸・・・その責任は、間違いなくこうして医療スタッフを使い捨てにする行政の態度にあります。

ではさて、我々患者の側はそうした行政とどこがどう違うのか。それ以前に、違うと断言できるだけのものを持っているのか。この件で直接それが問われることは無いかもしれません。しかし医療問題は、すべからく政治の問題です。つまり有権者の問題でもあります。そこまでわかっているひとは、残念ながら今に至っても極少と判断しなければなりません。皆の見識が、もっと早く、劇的に変わらない限り将来の希望を持つのは難しいでしょう。

この問題は、他人事では勿論ありません。医師を過労で殺せば、次は患者たちの野垂れ死にです。それを思い起こす必要がある・・・今回のお話も、その延長線上のことです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
憂っていてもしょうがないですね…
コメントみるく | URL | 2009-06-16-Tue 05:27 [EDIT]
セレネさんこんばんは、いつも読ませて頂いています。地方の医学生、みるくと申します。

現場ではみんな知ってるけど、あきらめた感が強いですね。
先週の医局会でも、「労働基準法違反の疑いのある長時間労働をした者は申請するように」なんてお達しが来ましたが、真面目に請求したら病院潰れちゃいますし。
そもそも残業や残業代の規定なんてあるのかな…

笑い話ですが、タイムカードを押すと、宿直勤務時の24時間越え労働がわかりにくいとかいう話を聞きましたね(笑)。
大学の場合、勤務と研究や指導の境目もわかりにくいですし、労働時間を定めにくいんでしょうかね…
一般企業においても勉強時間は給料の外だといわれたら、まあその通りだと思いますしね。
週三回はあるカンファレンス、週一回の医局会、随時入ってくる講演会。(すべて朝か夜)
参加は一応任意ですから、確かに関係ありません。
医療レベルの向上には必要ですしね。

ただ、非常勤、週3日労働扱いなのに、常勤と同じように毎日働き、宿直もこなして土日も必ず顔を見せるような医師が、何故か年収300万いかないというのはさすがとどうかと思いますね。
そんな病院が、地方医療最後の砦です。

時間外労働は医師が勝手にやっていることだと言われりゃ、ま、その通りですが。
なら、きっちり決められた時間だけ働いて、残りはみーんな拒否しても文句言われないんでしょうね(苦笑)。
実習先の国立系病院でも、色々と聞きましたが、どこもつらいようです。

高度医療機関ほど貧しい懐事情。
あと何年もつんでしょうねぇ。
お返事します
コメントセレネ | URL | 2009-06-16-Tue 21:05 [EDIT]
< みるく様 >

医局がこういう通達を出すのだから、よほどのことと考えます。まあ、以前はこういう訴えは無視されっぱなしだったわけなので、それを思えばずっと状況は良くなっているのではないかと。大体の病院は労使間協定など結んでないのではと思われる状況だけに、全国一斉に行動を起こせばずいぶん騒ぎになると思います。

むしろ、その方向で動いてもいいと思います。たとえば、医師が全国で待遇改善を求めて一斉スト、とか。勤務状況の改善に同意しないのであれば、その者は愚か者の非国民だって、徹底抗戦してあげればいいと思っています。もっとも、医師など死ぬまで働かせてやれというのがこの国の政府・財界・マスコミの態度である点を考えれば、「国民」とやらをどこまで信じていいか考え物ではありますが。

また来てくださると嬉しいです。
トラックバック
TB*URL
割増賃金とは?
トラックバック会社を退職する前に。。。 2009-07-01-Wed 10:48
法定休日割増賃金について3点教えてください。 法定休日割増賃金について3点教えてください。所定休日が土日祝、1日8時間労働、1週の起算日は...  [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。