QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
来るべきものが来た、というお話(フェーズ6)
2009-06-12-Fri  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、あれだけ世界各国で流行していれば、いつかは宣言されると思っていました。必要なのは対策、それだけです。

まずは、こちらから引用しました。

<新型インフル>警戒度6「世界的大流行」宣言…WHO

6月11日23時22分配信 毎日新聞

【ジュネーブ澤田克己】世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は11日夕(日本時間12日未明)、新型インフルエンザの警戒度を現行の「フェーズ5」から、世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」へ引き上げると発表した。インフルエンザのパンデミック発生は、世界中で約100万人が死亡した1968年の香港風邪以来41年ぶり。

◇41年ぶり「大流行」

チャン事務局長は会見で「感染の状況はフェーズ6の条件を満たしている」と話し「今後の感染の拡大は避けられない」とした。同日開いた専門家による緊急委員会や、前日までの各国との協議を総合的に判断してフェーズ6を宣言した模様だ。

ただ、現段階ではウイルスは大きな変異を起こしておらず、特に治療の必要がない程度の軽症患者が多い。事務局長は「(新型インフルエンザは)重症度からみると世界的に中等度となっていると言える」とし「国境封鎖や旅行・貿易の制限はしないよう」呼び掛けた。

現行規定に基づくフェーズ6引き上げの条件は、世界の複数地域で「地域社会レベルの持続的感染が起きている」ことだ。メキシコと米国に加え、日本や英国などで感染が拡大したうえ、これから冬に向かう南半球のオーストラリアで感染が1200人以上と急拡大していることを重視したとみられる。

WHOは5月の総会時、パンデミック宣言がもたらす社会的混乱を恐れる日本や英国などからの反発を受けて、基準見直しを表明していたが、その後、軌道修正を図っていた。

WHOは4月24日、メキシコで豚インフルエンザ感染を疑われる死者が多数出ていると発表。「フェーズ3」だった警戒度は、同月27日に新型インフルエンザ発生を意味する「4」、29日にパンデミックが目前に迫っていると警告する「5」へと引き上げられていた。WHOによると感染者は世界で2万7737人、死者は141人にのぼっている。


日本国内でも、あちらこちらで「初の感染者」というニュースが見られます。しかし実際のところは、ずっと早くから感染者が出ていたと考えるのが正しいところでしょう。ここまで蔓延してしまっては、このウイルスと末永くおつきあいする以外にない、という結論になってしまいます。問題は、そのための対策が出来ているのか否か、と思われます。

そして、その答えがどう考えても「否」としか言えない現状については、やはりため息が出てしまうものです。財務省の官吏などは、新型インフルエンザ対策にビタ一文出さないと公言していますし。予算措置を伴わないのに「対策」など、鼻で笑われても仕方がないとしたものです。この国では、世界的に流行している感染症に対してまともな対策が行われていません。そのツケは、現場で働く先生方に押し付けられます。

そうした現状について、マスコミはまともに報道しようとしません。国の基本方針が「医療費抑制」である以上、その走狗が予算措置を要求するなど、はじめから当てにもしていませんが。しかし彼らは感染した患者を皆でよってたかってつけ回してみたり、既存の患者を守るためあえて診療しなかった事例を「拒否だ!」と騒ぎ立てたり、乱痴気騒ぎにも程がある・・・そうした対応をとりました。彼らにとっては、ただ食べるためのネタだったのだな・・・そう考えるのが正しいのでしょう。

結局、頼りになるのは自分自身、それだけということです。前にも書きましたが、貧困な行政と貧困な政治のツケは、自分で払わなければなりません。この国の医療機関に、今回のパンデミックに十分な対応のできる余力は、どう贔屓目に見てもありません。秋以降北半球での盛り返しが起こったとき、そのことを皆が思い知らされる・・・そうなるのは勿論好ましくはありませんが、十分ありえる未来の話です。

貧困な政治は、あくまでも政治的な方法で解決しなければなりません・・・果たしてこのことが、次の選挙で争点となりうるか・・・まあ無駄だと思いますが、見ておこうと思います。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。