QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(更に前回の続き)ヨタ記事ばかりの、毎日新聞の罪と罰
2009-05-09-Sat  CATEGORY: 医療崩壊
新型インフルエンザですが、いよいよ来るべきときが来たといった感じです。患者を確認した以上、国内での流行を前提とした対策が必要となるでしょう。それを前提としてのものか、このようなコメントが厚生労働省の官吏から出されています。

キャリアブレインより引用

厚生労働省の外口崇医政局長は5月8日の参院厚生労働委員会で、新型インフルエンザの感染の疑いがある発熱患者が受診した、発熱外来のない医療機関が、他の医療機関への受診や、発熱相談センターへの相談を勧めたとしても、医師法19条で規定する「医師の応召義務」違反には当たらないとの認識を示した。

また、相談センターの指導に従って、発熱外来のない医療機関を受診した場合については、「発熱相談センターで新型インフルエンザの疑いが極めて低いと判断して対処方針を示したので、基本的には一般の発熱患者と同等に扱うべきだ」とした。古川俊治氏(自民)への答弁。

同省が6日、都道府県に送付した事務連絡では、▽新型インフルエンザがまん延する国への渡航歴や患者との接触歴がある発熱患者が、医療機関を直接受診したり、電話で相談したりした場合、まずは地域の相談センターに相談するよう勧める▽相談センターの指導に従って、発熱外来のない医療機関を受診した発熱患者は、その医療機関が診察する―ことなどを示している。

このうち、発熱患者が相談センターを経ずに受診したりした場合について、外口局長は「個別の事案に即して考える必要がある」とした上で、「他の医療機関への受診を勧めたとしても、応召義務違反にはならない」と答えた

医師法19条では、診察や治療を求められた場合には、「正当な事由」なしにこれを拒むことを禁止している。

(引用ここまで)

そのように考えるのが、至極当然だったのです。医療側の理由は聞かずに、一方的に「診療拒否」と書き飛ばした毎日新聞は、愚劣以前に低劣です。今回のコメントは舛添氏にとっても痛撃であった(前回のエントリーを参照してください)と思いますが、果たして毎日新聞の記者諸氏はどのようにお考えなのか・・・言い訳でも聞きたいものではあります。

何しろ、こんな記事を書き飛ばしてしまいましたし(嘲笑)。以下、引用します。

新型インフルエンザ感染の可能性がないのに医療機関に診察を拒否されたとの相談が、東京都以外にも5県2政令市に寄せられていたことが7日、毎日新聞の調査で分かった。東京都への相談件数は7日朝までに計212件に達した。都内では都が説得しても診察を拒否し続けている病院もあり、厚生労働省は「国内未発生の段階では、発生国に行っていなければ診察して問題ない」として、医療機関に適切な対応を求めている。【内橋寿明、江畑佳明】

調査は7日、都道府県と政令市の新型インフルエンザ対策担当者に実施。診察拒否の相談があったのは東京都のほか、埼玉、千葉、滋賀、島根、高知の各県と横浜、神戸両市だった。東京都以外はいずれも数件だったが、東京都はこの問題が報道された5日以降で120件増えた。

東京都内では「(新型インフルエンザでないという)保健所の診断書を持ってきてほしい」と診察を断った医療機関があり、都が患者の連絡を受けて説得しているが、依然として拒否を続けているという。都は診察を拒んだ医療機関のリスト化も検討している。相談が報道された後も増えたことについては、都の担当者は「泣き寝入りしていた患者たちが、報道で知って連絡してきたのでは」と推測している。

横浜市では「診察してもらうのに、何カ所もの医療機関を回らなければならなかった」との相談があった。市は5日付で医師会と病院協会に対し、適切な対応を取るよう文書で要請したという。

島根県には6日夜までに、7件の相談が寄せられた。いずれも渡航歴がないのに、医療機関に発熱相談センターに行くよう求められたとの内容。

センターは、一般の医療機関で受診して構わないと説明したという。担当者は「『発熱相談』という名称なので、熱がある人の対応を一任してしまっていいと勘違いする医師がいるのではないか」と話す(5月8日)。


何度か書いていますが、医師が既存の患者を守るため、新規の患者を診察しなかったのは、正当な判断です。また海外に渡航していない人物だから、新型インフルエンザではないと断言できるものではありません。そのフィクションが現実になるのは、検疫が100%完全で、国内にウイルスが絶対入ってこないと断言できるときだけです・・・そんなことは勿論あるわけがなく、医師が「既にウイルスが入っている可能性も考慮して」行動するのは、やはり正当な判断です。

ちなみに神戸のケースですが、このような事情がありました。これも以下、引用です

新型インフル 県と自治体、症状の判断分かれ混乱(5月7日)

新型インフルエンザの電話相談窓口をめぐり、症状の連絡を呼び掛ける対象について、神戸市と兵庫県内のほかの自治体との判断が分かれている。県などはメキシコや米国本土、カナダから十日以内に帰国し、発熱やせきなどがある人らが対象。一方、神戸市は、三八度以上の発熱などがあれば、渡航歴がなくても医療機関に行く前に電話連絡するよう呼び掛けており、一部の市民の間に混乱が起きている。

県は、新型インフルエンザがまん延している国からの帰国者で症状が出ている人と、電話で帰国者の健康状態を調査している健康福祉事務所などからまだ連絡がない人を中心に、「発熱電話相談窓口」に連絡するよう呼び掛けている。これにより、まん延国からの帰国者を把握できるとみている。県内で保健所を設置する姫路、西宮、尼崎の各市も同様の対応。

これに対し、神戸市は渡航歴や患者との接触がない場合でも、発熱やせき、息苦しさなどの症状があれば、市の「発熱相談センター」に連絡するよう呼び掛けている。症状などを聞き、医療機関を案内。六日には、直接医療機関を訪れた人が同センターに連絡するよう言われたとして、苦情が寄せられたという。

同市地域保健課は「今回の医療機関の対応は市の方針に沿っており、診察拒否ではない」とした上で、「潜伏期に検疫をすり抜ける人がゼロとは言えない。万一に備え、可能性のある人を広くとらえたい」と話す

厚生労働省は「相談体制が整っているなら、対象を広くとらえても構わない。ただ、混乱のないよう、住民への周知を徹底してほしい」としている。(石崎勝伸)


つまり、こういうことです。神戸では国の判断以上に慎重に対応することを決め、周知しました。その対応は医療安全の面からも、納得のいくものでした。患者側としては、その指示に従って行動すべきでした。それを破った者がいる、という報道です。この点を毎日新聞は、故意に端折っています。毎日は何かにつけ、医師と医療を目の敵にした報道を続けてきましたが、今回も同じ趣旨に沿って悪質なヨタ記事を書いているわけです。ウイルスの蔓延を防ぐのが重要なこの時期に、感染リスクを高める受診行動を推奨するような記事など、どうして書くのか。
試しに考えてみればいいでしょう。もし毎日新聞の主張するとおり、どんな患者でも診察することにしたとして、もし万が一新型インフルエンザに医師や医療機関の患者が感染したらどうするつもりなのでしょうか。そちらの方が、入院患者に体力がない分、被害は甚大なのです。まあ、彼らはそうなったらそうなったで、感染を招いたという理由でその医療機関を責め立てるでしょうが。基本的にこの国のメディアは、他人を叩くことが正義だと錯覚しているフシがあります。そして自分たちの言説の結果がどれほど空恐ろしい結末を招くかなんて、考えてもいないのです。今回の騒ぎのように。

何度か、いろいろな案件でコメントしていることですが、メディアの役割はかくの如きデマゴギーではありません。医学的根拠に基づく、正当な主張にもとづき読者に正しい判断を促すことです。今回毎日新聞は(その他にも同じようなことをしている輩はいますが)メディアとしての節を全うせず、いたずらに誤った情報を読者に垂れ流し、謝った受診行動をとるよう煽ってしまいました。その罪は万死を以ても、なお贖いがたいものがあります。
実際、今近くの医療機関に押し寄せたとしても、インフルエンザの治療薬も検査キットも払底してしまっているのが現実です。そんな状況の医療機関に何かを求めたとしても、無駄というものです。どうやら毎日新聞の記者連中は、医療機関に行けばいつでもどんな治療でも、無条件で受けられると錯覚しているのでしょう。そんなものはどこまでいっても幻想でしかないのですが、彼らは未だにそれを受け入れていない。

その愚かさと頑迷さを、他人に押し付けるのはいい加減にしてもらいたいのです。ただでさえ疲弊している医療機関を更に疲弊させれば、いよいよという時に対応してもらえなくなります。もしより危険なウイルスが流行するようになったとして、誰にも助けてもらえなくなったらどうするのか。低能なマスコミは必要ありませんが、先生方がいなくなれば皆野垂れ死に確定なのですが。そんなに先生方の不興を買いたければ、自分たちだけで買ってください。地獄に落ちたければ、彼らだけで地獄にでも行ってほしいものです。

こんな連中の巻き添えで、自分も奈落の底なんて真っ平御免です。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
インフルエンザより恐ろしい「牟田口症候群」
コメント都筑てんが | URL | 2009-05-10-Sun 23:07 [EDIT]
アレなエントリ立てました。
http://punigo.jugem.jp/?eid=534

いやー、マスコミの医療破壊記事による「牟田口症候群」の伝染って恐ろしいですね。
お返事します
コメント鴛泊愁 | URL | 2009-05-12-Tue 19:15 [EDIT]
< 都筑てんが様 >

今度は財務省のようですよ?

政府の犬は、絶対文句を言うはずありませんが(嘲笑)。こちらでもエントリーは書くつもりですが・・・いい加減ウンザリ、かもです。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。