QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
医師の勤労は、○○○よりもずっと貴重である
2009-04-23-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、最後に種明かしします。いつもあんなネタばっかり使いまわしてごめんなさい・・・

さて、非常に好ましい判決が出ています。医師の残業代不払いに対する、当然の制裁が下っています。こちらからご覧ください。

(引用開始)

医師の当直勤務は「時間外労働」、割増賃金支払い命じる判決

奈良県立奈良病院(奈良市)の産婦人科医2人が、夜間や休日の当直は時間外の過重労働に当たり、割増賃金を払わないのは労働基準法に違反するとして、県に2004、05年分の未払い賃金計約9200万円を請求した訴訟の判決が22日、奈良地裁であった。

坂倉充信裁判長(一谷好文裁判長代読)は「当直で分娩(ぶんべん)など通常業務を行っている」と認定し、県に割増賃金計1540万円の支払いを命じた。医師の勤務実態について違法性を指摘した初の司法判断で、産科医らの勤務体系の見直しに影響を与えそうだ

同病院産婦人科には当時、医師5人が所属していた。平日の通常勤務以外に夜間(午後5時15分~翌朝8時30分)、休日(午前8時30分~午後5時15分)の当直があり、いずれも1人で担当。労基法上では、待ち時間などが中心の当直は、通常勤務と区別され、割増賃金の対象外とされる。そのため、県は1回2万円の手当だけ支給していた。

判決で、坂倉裁判長は、勤務実態について「原告らの当直は、約4分の1の時間が、外来救急患者の処置や緊急手術などの通常業務」と認定。待ち時間が中心とは認められないとして、労基法の請求権の時効(2年)にかからない04年10月以降の計248回分を割増賃金の対象とした。

原告らは、緊急時に備えて自宅待機する「宅直制度」も割増賃金の対象になると主張したが、坂倉裁判長は、宅直については、医師らの自主的な取り決めとして、割増賃金の対象と認めず、請求を退けた。

奈良県の武末文男健康安全局長は「判決文を詳細に見たうえで、対応を検討したい。厳しい労働環境で頑張っているのは認識している。これまで医師の志に甘えていた」と話している。

(2009年4月22日21時30分 読売新聞)

本当は、医師が何らかの形で拘束されている全ての時間について、訴えを認めるべきだとも思いますが。まあ、宅直部分については自主的な取り組みをやめればいいのだという解釈も成り立つわけで。それを考慮するなら、当然ですが先生方の労苦に報いることのできる、良い判決でした。

勤務に対する対価の支払は、絶対不可欠です。ごまかしたり(東京都の例)、今回みたいに訴えられても拒否し続けたりすることは、病院にとって致命的です。場合によっては、地域全体にとって致命的です・・・今回の件で、奈良県は医療に関する問題について、全く解決する意思を持たないことを世に示してしまいました。今後、わざわざ奈良県を職場に選んでくれる先生がどれだけ出てきてくれるか・・・期待できないかもしれません。それほど、現場の先生方を不毛な気持ちにさせた出来事ではあります。
奈良県といえば、前回も同じ話題のときに書きましたが、1300年事業には100億の大金を投入するくせに、今回のように医師の待遇改善にはビタ一文払いたくないとダダをこねています。直近に東京都の批判を書きましたが、結局自治体レベルで腐敗してしまっているから、現場がどんどん不毛になるし、患者たちが不幸になるわけです。
今後、こうした姿勢を見せた場合、先生方は今回を模範にどんどん訴訟で対抗するようになると思われます。では、我々患者側の人間は、どうすればいいのか・・・医療安全のために、対価を惜しむべきではありません。医師が過労で疲弊するような職場、それでいて最低限の報いすら受けられない状況では、患者側の納得できる医療水準などはじめから不可能だったのです。無為無策、かつ放埓の限りを尽くす行政の後追いをするようであれば、先生方は地域そのものに見切りをつけるかもしれません。「医師の志に甘えていた」のは、必ずしも行政ばかりではありません。それをどこまで自覚できるかに、将来のあり方はかかってきます。

さて、最後にお粗末ですが、表題です。結局こういうことです。

医師の勤労は、鹿坊主よりもずっと貴重である

まあ、いまさら鹿坊主の500万円は問い詰めないことにしましょう。それより、今後はしっかり先生方の血を吐くような勤務に報いられるだけの支払を、ためらわずにしてほしいものです。間違っても、控訴なんて破廉恥には及ばないでください。先生方に愛想を尽かされたいのであれば別ですが(笑)。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
相互リンクのご依頼
コメントhikaku | URL | 2009-04-30-Thu 15:26 [EDIT]
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
WeWcyjXL
了解しました
コメントセレネ | URL | 2009-04-30-Thu 20:46 [EDIT]
< hikaku様 >

相互リンクの件、了解しました。いろいろ趣味のことなど、書いています。機会があれば、また見に来てください。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。