QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(奈良県)医師「確保」の前に、もっとやることがあるだろうが!
2009-03-26-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、前もって。このエントリーで、奈良県民の皆さんを悪く言うつもりは毛頭ありません。今回腹を立てているのは、拙劣で非人間的な奈良県の対応です。その点について、ご了解くださればと思います。

まず、このニュースです。

引用開始

医師確保専門の部署 県が新設

診療科や地域によって不足している医師や看護師の確保を図るため、奈良県は、新年度から、現在ある係を昇格させ、専門の部署を設置することになりました。

これは、25日開かれた記者会見で荒井知事が明らかにしたものです。

それによりますと、奈良県では、産婦人科や救急など勤務状況の厳しい診療科や県南部の山間部で医師や看護師が不足しています。

このため、県では、現在、地域医療連携課内にある4人体制の「医師・看護師確保対策係」を昇格させて、14人体制の「医師・看護師確保対策室」を4月から新たに設置することにしました。

対策室では、これまで各病院で個別に取り組んでいた臨床研修医など医師や看護師の確保について県立医大や県立病院、それに公立病院などが連携して取り組むための体制作りを進めることにしています。

奈良県によりますと、都道府県が医師確保のための専門部署を設けるのは珍しいということで、荒井知事は、「県だけでなく市町村、それに民間病院にも参加を呼びかけて、奈良全体で医師を確保する仕組みづくりに取り組みたい」と話しています。

(ここまで)

この時点でアウト、と断言しても差し支えないかと思います。医師の先生方に来てもらう必要のある地域が、言うに事欠いて「確保」とは、どういうつもりなのでしょうか・・・この二文字からは、地域のためにどうか頑張っていただきたいという気持ちではなく、患者様のために死ぬまでご奉仕せよという高圧的な精神態度が窺えます。来てもらうのであれば「招聘」こそが正しい表現であること、ここでも何回か書いたことがあります。奈良県担当者の認識など、この程度ということでしょう。

まあ、それ以前から奈良県はアウトだったりもします。こんなことが以前ありましたし。

(今度は、こちらから引用

県立奈良病院の産科医2人、県を提訴 激務改善求め

2006年12月09日

過酷な労働に見合う時間外手当が支給されていないとして、奈良県立奈良病院(奈良市)の産婦人科医2人が04、05年の同手当の未払い分にあたる計約9200万円の支払いを求める訴訟を、奈良地裁に起こしたことがわかった。奈良県の場合、深刻な医師不足で業務が増えているにもかかわらず、宿直時の手当が一律で、病院関連予算の抑制も目立つ。原告側は「手当の支給よりもむしろ、訴訟を通じて、県に労働環境の改善を促したい」と訴えている。

訴状によると、同県では、勤務医の宿直手当が1回2万円の一律支給となっている。救急患者が搬送された場合などに病院に呼び出される自宅待機(宅直)には、手当が支払われない。

特に同病院の産科医は、夜間でも分娩(ぶんべん)や手術などが頻繁にあり、宿直業務が労働基準法で規定された時間外労働にあたると指摘。宅直についても「労働からの解放」が保障されておらず、勤務時間とみなすべきで、県の手当支給は違法と主張している。医師2人は当直が2年間に155日と158日、宅直が120日と126日にのぼっており、未払いとなっている時間外手当を計9233万円と算定した。

原告側弁護士は「労働基準法を無視した労働実態だ。十分なスタッフをそろえて医療事故を防ぐことが、結果的に市民の利益や手当の抑制にもつながる」と話す。

2人は5月、同僚の産科医3人とともに、同手当の未払い分として計約1億円を請求する申入書を県に提出。その後の交渉で改善策が示されなかったとして、提訴に踏み切った。県の担当者は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

(ここまで)

奈良県は愚かにも、この訴えに対し全面的に争う姿勢を見せ、今に至っています。要するに奈良県は「残業代は出さないけど働け」と言っているのです。これは明確に法令違反であり、それ以前に勤労者たる医師への侮辱です。このような地域にのこのこやってきて、死ぬまで扱き使われるなんて、誰も望むわけがありません。
その一方で、奈良県は平城遷都1300周年のイベントに100億もの大金を使うつもりです。これまた馬鹿にした話です・・・産科医の残業代はビタ一文支払うつもりもなく、体のいいバラマキに100億・・・その中には、あの鹿坊主の500万円も含まれているわけです。鹿坊主に500万円払う価値があって、宝石より貴重なはずの産科医の勤労はタダ同然と言い張る奈良県の態度には、かなり腹が立ちます。

ここまでバカなことを奈良県の担当者は繰り返しているわけですから、まあこの部署の業績とやらも、この時点であっさり見切れてしまいそうです。どうしても先生方に来てもらいたければ、内部の組織改変などより、この先生方に残業代を即時、満額支払うのが筋というものです。うちの県では、先生方の残業についても、しっかり評価したうえで報酬を支払います・・・そう宣言すること抜きに、現状の改善など期待するだけ無駄なのですが・・・
今回取り上げられたのは14人ですが、これだけいてただの一人も、このことに思い至らないとすれば、本当にどうしようもない愚物の集まりとしか言いようがありません。まあ、県のスタッフもその程度なら、この程度の対策で何とかしようと思っている知事殿の(この問題に対する)見識も、そこいらへんが限度なのでしょう。これでは、奈良県民の皆さんが、本当に哀れとしか言いようがありません。

先生方を「招聘」するために、どれくらいの対価を自発的に提供するか・・・地域の答えによって、これからの地域医療の量と質は、残酷なまでに決まります。ここでは何度か書いていますが、果たして行政の担当者がこの事実を直視するようになるまで、どれくらいの時間を要することでしょうか・・・

実に、暗い話ではあります。

< 予告 >

次も、同じ話を書きます。東京で重大な事件が発生しています。いろいろな事が起こっていますので、2回くらいになるかと思います。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
医師求人
コメント医師求人 | URL | 2009-04-06-Mon 14:45 [EDIT]
医師求人・医師募集のメディカルステップは、医師・歯科医師のための転職マッチングサイトです。豊富な募集記事の中から条件別に検索頂けます。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。