QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
行って帰って、また行って
2009-02-22-Sun  CATEGORY: QMA
今週の週末ですが、まさにそうした感じでした。

まず金曜日の夜、新幹線で東京に。秋葉原で一泊した後AOU会場に向かっています。この大会、もう3回目ですが、何となくメンバーが決まりかけてきたような気がします。賢竜以来の方が非常に多く、懐かしい以上におなじみ感がとても強かったです。少し残念だったのは、遠征組が3人だけだったこと・・・これだけは、どうしようもないとはいえ、味気ないとも思いました。

いろいろ、参加者の皆さんと歓談しつつ本番を迎えています。1回戦から厳しい組でしたが1点差で2位になることができ、準決勝までは行けました。この大会、準決勝以降を特等席で見ようと思うと、1回戦を抜けないといけません・・・昨年はできなかったことなので、割と満足度が高かったです。

準決勝は検定問題と思われる出題3つと、勘違い1つのために陥落でした。こういう部分は鍛えていないので、ツキがないとはいえ残念な部分です。しっかり検定、またはそれに準じるものをやっていないと、こういうところで泣きを見るわけで・・・賢竜でも同じことがありました。新作でも同じようなモードがあるようなので、今度はサボらないようにします。

大会後は皆さんとの挨拶もそこそこに、夜の新幹線で京都に戻っています。土曜日は京都でアチョー大会がありましたので、京都の皆さんを捕まえに(いったん家に戻ってから)ラウンドワンに向かいました。いろいろ関西の皆さんと、お話できてよかったと思います・・・しかし皆さん、本当に耳が早いことで。新作情報など、あっという間に広まっていたのにはビックリでした。

今日はラウンドワンでAnAnの店内対戦に興じました。たまにしかやらないモードですが、対戦独特の面白さがあるので、飽きの来ない時間になりました。何度見ても思うこと・・・AnAnって、何て怖いゲームなんでしょう。いろいろなものを振り切って、とにかく「押す」。もっとも、押しても答えが出てこなくて泣く展開も非常に多かったりしますが(泣)。

今日のAnAnは、浮き沈みが激しかったです。たくさん勝てましたが、4位もたくさん取ってしまいました。賞金は結構増え、ついに十段ですが・・・決勝進出率は低下しています。嬉しかったのはテクニカル職人の奪取と(タイポが多くて、職人すら取れなかった形式でした)、アイテム「超音速ジェット」獲得です。スッチー必須アイテムがついに一揃い・・・待ち望んでいた瞬間ではあります。

いろいろ、QMA新作におけるサブジャンルについては、皆さんが意見しておられます。自分としては、こんな感じということをいくつか。

・ スポーツ「その他」に格闘が来たのは、かなり辛い改定です。格闘苦手・・・
・ 文系学問のキモは「その他」・・・語学以外に、何が来るかで結構色が変わるかも
・ 理系学問の「その他」は、数学や地学以外に、何か来るでしょうか?

新しい切り札の開発・・・当然皆さん、考えがあると思っていますが。自分もひとつ考えたことがあります・・・AOU杯では、妙に文系学問のマルチが人気でした。そういう人が残った、ということもありますが・・・違う札を鍛えてみるのも、ひとつの手かもしれません。まあ、新作でいろいろ試してみて、肌にあいそうなものをメインにしようと思います。

明日以降、ちょっと仕事が厳しくなります。その合間、ストレスのないように遊んでいきます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントALMA | URL | 2009-02-22-Sun 23:55 [EDIT]
AnAnテクニカル職人/超音速ジェットの獲得おめでとうございます。
まあ、同じチームですから、
職人ゲットについては、この日記よりも早く結果は知っていましたが。
予選の成績から考えて、決勝テクニカルの成績に、おや?という感じでした。

SSリーグ開放前と違って、SS1~2に常駐できるならば、十段でもさほど苦にはならないかと思われます(それでも長いことには変わりませんが)
それよりも、ノーマルプロアンサーになってからの上がりやすさにびっくりします。


>理系学問の「その他」は、数学や地学以外に、何か来るでしょうか?

一応、学ラン3が武器な私としては、コンピューター関連が来ると思います。
極稀にQMA5でも、学ラン3でコンピューター言語などが問われる事がありますので。
それよりも、「地学」がその他に入ったのは微妙な気が。
理化学検定をアホのようにプレイした私としては、物理化学よりも地学の方がめんどくさい問題が多かったので、
「物理化学」「地学生物」「数学その他」になるのではと予想していました。

自分としては6のジャンル分けは、かなりやりやすい部類に入ると思っています。
いずれにせよ、製品の出来はふたを開けて見なければなりませんが。
コンマイに期待するしかないですね。

嗚呼・・・クララがユウの嫁に…(´・ω・ `)
コメントよっちゃん | URL | 2009-02-23-Mon 16:13 [EDIT]
 お疲れ様です。セレネ様。
今年のAOU杯は、プレイヤー、ギャラリー共に
例年以上に手に汗を握る試合展開でしたね。
 6リリースに当たって、5まで愛用し続けたの武器の
威力を落とさない為にも統廃合される形式を
きちんと予復習し、「備えあらば憂いなし」
の心構えで新学期に望みたいと思います。
お返事します
コメントセレネ | URL | 2009-02-23-Mon 18:43 [EDIT]
< ALMA様 >

決勝のテクニカルは、妙にタイポが多くて自滅、というのがかなり多かったのです。何とか連勝でタイトル獲得までこぎつけました。プロまでは、もう少しかかりそうです・・・自分用の、精神と時の部屋がほしいところです。

理系学問ですが、既にコンピューター言語関係の文字パネル問題が出ています(向こうで見てきました)。多分、そういう系統の問題がたくさん来そうな気もします。学問の比率が濃くなったので、自分としても大歓迎・・・あとは、切り札を作る作業と、守るための知識の獲得です。

< よっちゃん様 >

先日は、お互いお疲れ様でした。

切り札の鍛えなおしに、相当時間がかかると思います。まあ、1年も使っていれば十分通用すると思いますので・・・気長にがんばればいいかと。自分も、既にやりたいことは決めています。また新作で!
文系学問マルチセレクト
コメントテリー | URL | 2009-02-23-Mon 21:25 [EDIT]
新問が多い理系学問からスイッチしたのでしょう。文系学問の方が安全だと。
再び、お返事です
コメントセレネ | URL | 2009-02-24-Tue 19:19 [EDIT]
< テリー様 >

先日は、良い対戦ありがとうございました。

確かに「理系学問は、半分くらいは新問」というテロップでした。それを嫌がった、というのはあると思います。ではあの準決勝で、自分の選択が文系のマルチだったら・・・というのは、かなり無理がありそうです。それ以外でミスが多かったので、結局逆転は無理だったと思います。

マルチの習得はとても難しそうです。とはいえ、皆それしか狙っていないような感じもしたので、自分もチャレンジすることにします。次回作でも、たくさん良い対戦ができればと思います!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。