QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
町田市の危険な決断
2009-01-29-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、そのように思いました。医師の協力なしに病院経営も、地域の医療も成り立つはずはありませんが。どうも町田市の関係者は、そのことが十分に理解できていないようです。

今回はこちらを引用しています。

ここから引用)

市長推すトップ、波紋呼ぶ 町田市民病院

2009年01月27日

経営改善を目指して4月から新たな管理体制になる町田市の市立町田市民病院が、トップ人事を巡って揺れている。石阪丈一市長が病院トップの事業管理者に医療や病院経営の経験がほとんどない人物の登用を進めているのに対し、病院内外から反発や疑問の声が上がっているからだ。この問題を契機に地域医療の中核を担う市民病院のあり方を問い直す動きも広がっており、三つの市民団体などは「混乱を招く恐れが強い」として、相次いで緊急集会を呼びかけている。(永沼仁)

町田市民病院は、市内唯一の公立病院で、ベッド数は458床。赤字体質の改革に向け4月から地方公営企業法を全部適用(全適)し、病院トップの責任や権限を強化した「管理者」を新たに置くことが決まっている。

焦点は管理者の人事だ。現在の病院トップの山口洋・総院長(74)は、任期が3月末で切れる。石阪市長は総院長のポストをなくし、管理者に元毎日新聞記者の四方洋氏(73)を起用する考えで、昨年10月には四方氏を非常勤特別職の「病院事業管理準備担当者」に就任させた。

しかし、「全適」の移行時期や管理者の外部登用が病院幹部に示されたのは、議案が提出された9月市議会の始まる1カ月ほど前。一般職員への説明は議会開会の直前だった。現場からは市長の説明不足、病院経営の経験がない人物登用に疑問の声が上がった。

さらに12月議会では、山口総院長が議会を侮辱する内容の文書を配ったとして、石阪市長が山口総院長に謝罪を求めるなど、市長と病院トップの「不和」が表面化。山口総院長が辞めた場合、他の医師が同調して引き揚げる事態につながる懸念などが問題視された。

山口総院長は「市長が問題にした文書は、私の意見ではなく院内の声をまとめたもの」と反論。「市長から辞職を迫られたが、詳しい理由の説明はなかった」と語る。

石阪市長はこれまで、人選について「病院を客観的に見て、経営の中身をきちんと説明できる人、組織間の調整ができる人」と説明する。医師の退職の懸念については「組織がしっかりしていれば混乱はしない」と言い切る。

しかし、病院の医師や職員の間には困惑や動揺が続いている。医師不足から昨年9月に休止した小児科救急の対応などの課題もあり、「改革は時期尚早。今後の医師確保ができるのか」と疑問を口にする人もいる。

自治体病院に詳しい伊関友伸・城西大准教授は「病院管理者は現場の医師や看護師の気持ちを理解できる人、医療経営に詳しい人でないと務まらない。専門家でない人でうまくいった例はあまりない。いきなり落下傘のような人が来たら、医師の大量退職につながるリスクがある」と指摘する。

こうした現状について考えようと、市民団体などが相次ぎ集会を企画する動きが出てきた。

一つは「理想の町田市民病院と地域医療をめざす会(仮称)」。2月8日午後2時から、市文化交流センターで、全国自治体病院協議会の辺見公雄会長が講演をする。問い合わせは田中さん(050・3492・6025)へ。

「町田市民病院を支える会」では、同月13日午後6時半から、まちだ中央公民館で、病院経営に詳しい東京医科歯科大大学院の川渕孝一教授を招く。問い合わせは川島さん(042・728・1553)へ。

また「市民のための市民病院を考える会(準備会)」は同月15日午後1時半から、町田市民文学館で、都福祉保健局職員を招いて学習会を開く。問い合わせは町田地区労(042・728・9134)へ。

(引用終わり)

新しく起用される管理者が毎日の元記者、という点は、確かに笑いのネタになります。医療崩壊関連の話題に精通している人なら、その意味がよくわかるはずです。大淀事件でデタラメ記事を垂れ流し、地域の産科医療を根こそぎ殲滅してしまった、あの毎日の人間を登用すると言い出した時点で、嘲笑の的になるのは避けられないとしたものです。

まあ、それはやめにしておこうと思います。もっと問題なのは、次の点です。つまり、市長と医師のトップが不和になってしまい、首をすげ替える方向で話が進んでいるところが、最大の問題と考えます。

現場と政治の関係が悪化するのは、たいていのところ政治が無体な要求を現場に押し付けたことが原因です。出来ないものは、どんなに頑張っても出来ないことだってあります。現場は常に人手不足で、最近は訴訟などのリスクも高くなっているのだから、サービスの低下は仕方ないと考えるべきところにきています。今政治が行うべきことは、いたずらに現場に負担を押し付ける「改革」ではなく、現場の負担を減らす方向の改善です。
果たして、そうしたことを町田市の関係者は理解しているのか・・・「議会を侮辱」の中身がわかりかねるだけに、なんとも言えませんが。しかし確実にわかっているのは「ここで院長の首をすげ替えた場合、場合によっては医師が皆離反し、病院が機能不全に陥る」ことです。そうなってみてから泣いたところで、もう遅いのですが。

いくつでも、実例を挙げます。

まず舞鶴・・・市長が現場に無体な要求をしたばかりに、せっかく人気もあって賑わいのあった診療科が撤退、残りの医師もいなくなって病院の箱だけが残りました。今他の病院と合併話でもめていますが、全く進展がありません。これについては「心の僻地、舞鶴」で検索すれば詳細がわかります。
次に阪南・・・せっかく報酬を上げることによって前の市長が医師を招聘してきたのに、選挙で交代した次の市長が報酬引き上げを撤回してしまい、医師に愛想をつかされました。今次の市長は代わりの医師を集めるのに苦労しています。
最後に銚子・・・病院の閉鎖はニュースでご存知と思います。そうなった最大の理由は「医師を十分な数招聘できなかった」ことにあります。それどころか、院長が「燃え尽きた」と辞表を書くところまで、市議が追い詰めてしまったこともありました。

共通しているのは「現場の苦悩を理解していない、能天気な政治や行政のあり方」です。医師が現場を立ち去る最大の理由は、彼らの直面する苦悩が深いからではありません。それを皆が理解しようとしないから、そんな社会全体に絶望して現場を立ち去っているのです。ここで気に入らない院長をパージして仲良しの元記者とやらを招き入れようとしている町田市長の態度については、実に危険なものを感じます。
自分が病院に勤務する医師であれば、真剣に次の職場探しに励みます。院長の首を切るのと同じ理屈で「気に入らない医師」をパージしようと、町田市が考えない確証などどこにもありませんし。これからは「どれだけの良い待遇を医療関係者にするか」によって、享受できる医療サービスの質が(時には絶望的に)変わると考えます。そうした考えの真逆をいく、今回の町田市の決断は、市民にとって最悪のものとなる可能性がとても大きいです。

このあとどのように推移するかはわかりません・・・しかし、上で書いた最悪の事態は、十分ありえる未来の話でもあります。見逃したくないものです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2009-02-18-Wed 13:59 [EDIT]
検索してたどり着きました。私自身は、
http://www.geocities.jp/watch200610/mr.watanabe-makoto.html
こういった問題があり、石阪市長は辞めるべきだったのに、こんなことをしてよいのか! と思ったからです。彼の師匠? 中田氏によって横浜の病院はガタガタになり、私は鎌倉市の病院に、父は東京都に病院通いをすることになりました。町田は都市として逃げ場があるから、、と言わざるを得なくなったことを悲しく思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。