QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(某国首相)医師への妄言の次は、高齢者への妄言
2008-11-27-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
もういい加減、この男のアホ面には飽き飽きしてきたところですが、またネタを提供してくれましたからもう1度晒してみます。

今度は、こんな感じでした。

「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡り麻生首相 2008年11月27日1時45分

「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」。麻生首相が20日の経済財政諮問会議で、こんな発言をしていたことが、26日に公開された議事要旨で明らかになった。自らの健康管理を誇ったうえで、病気予防の重要性を訴えたものだが、保険料で支え合う医療制度の理念を軽視していると受け取られかねない発言だ。

首相は社会保障費の効率化の議論の中で「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらかかっている者がいる。学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」と指摘。自ら日課にしている朝の散歩が役立っているとしたうえで、「私の方が税金は払っている。努力して健康を保った人には、何かしてくれるというインセンティブがないといけない」と強調した。


原文はこちら

高齢者は基本的に、これまで馬車馬のように働いてこられて、ようやく引退された方々です。頑張った分余生を心豊かに過ごしたいというのは、ある意味当然の願望といえます。それをこの男は、まるで死ぬまで働けとでも言いたげな雰囲気で、足蹴にしてみせる・・・人間的にみて、実に下劣なものです。まあ、この国の与党は一般大衆に「安価で死ぬまで働いてくれる労働力」以上のものを求めていないことなど、皆十分すぎるほど理解してますが。ついでに言うと、高齢者には医療など必要ないと考えていることも、皆よく知っているわけですが(後期高齢者医療制度を想起してください)。

もう一つ、この妄言について、気に入らないことを。社会福祉は、皆が支えあうというコンセプトに基づいて制度化されています。しかしこの麻生発言は逆です。「関係のない赤の他人だからどうなろうが知ったことではない」という身勝手な発想に基づいています。まあ、彼はそれなりの資産家だから、そうでない一般大衆の面倒など見ていられないのかもしれません。実に汚らしいエゴです。まあ、彼だけを非難しても仕方ないかも。その背後には、自分たちの社会負担を減らしたいだけの財界の豚どもがいます。その汚さを、決して見逃してはいけません。

これまで何回か政治屋の悪口を書いていますが、結局この程度のクソ共が幅をきかせるのは、有権者の意識が低調だからです。心の底で同じ事を考えている・・・だからこの程度の妄言が許容されてしまうのです。本当に必要なのは、実は他者の非難ではありません。むしろ、心のどこかで同じ汚らしさを持っている自分自身に対する厳しい視線です。こういう妄言はいい加減聞き飽きましたが、そんなときにこそ、自分はどこまで汚れていないか、しっかり見ておく必要があるでしょう。

汚らしい発言の背後には、汚れた心があります。ひとりの心の汚れは、周りにいる皆の心の汚れ・・・そのことを、皆がしっかり見据えていく必要があるでしょう。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントRYO | URL | 2008-11-28-Fri 22:33 [EDIT]
たびたび失礼します

この男の発言は「自分は毎朝散歩してるから病気にはならない」「万が一なっても僕はお金持ちだから保険がなくても大丈夫」と思っていないとできないもので、呆れてものも言えません。


予防医療についていえば、国民一人一人が健康に気をつけることで豊かな生活を送り、その効果として医療費がより適切に配分できれば素晴らしいことだと思います。
しかしそれはまずは国民の自発性によってなされるのが望ましいと思います。予防をこころがけた人に国がご褒美をあたえるような動機付けが仮に許されるとしても、『何もしない人の分の金を払わない』というような予防をしなかった人に制裁を課すことによる動機付けは決してなされてはなりません。

予防の効果は統計的に見ればあると言えても、一人一人の体が違う以上全ての人に効果があるとはいえないのではないでしょうか。むしろ絶対効果があるというほうが胡散臭い気がします。そのような曖昧なものを制裁を課すことで義務付けるのは明らかに不当です。(仮に効果が実証されていたとしても問題ですが)
不勉強なもので、間違っていたらすみません。


努力した人が報われるといえば聞こえはいいですが、それによってこの男の発言の裏にどのような思考があるか見誤ってはいけませんね。
遅れましたが、お返事します
コメントセレネ | URL | 2008-12-02-Tue 18:23 [EDIT]
< RYO様 >

人のエゴは、別に問題とは思いませんが(人にエゴがあるのは、当たり前のことなので)、エゴしかない人間は醜悪です。この問題、患者側の人間がエゴを振りかざすようになったことが、状況を悪くする原因の一つです。行政の最高責任者がかくのごとく発言するのであれば、もう誰が頑張ったとしても救われないかもしれません。それだけ、重大な発言です。

あともう一つ・・・予防医療が、医療費を抑制するための手法たりえるかどうかは、疑問という指摘もあります。問題は、医療費そのものを抑制することしか考えていない政治と行政のあり方です。ついでに書くと、一般の有権者も同じ程度にしか考えていないフシがあります。対価を出し惜しむと、その程度のことしかしてもらえなくなります。それでもいいか・・・皆は、考える必要があったのですが。

いつまでも、選挙から逃げ続けるわけにはいきませんし。答えは、今のうちにしっかり考えておく必要があるでしょう。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。