QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(割り箸事件)無罪で当然ですが、もう遅すぎでしょう
2008-11-22-Sat  CATEGORY: 医療崩壊
まずは、こちらをご覧ください。今回とりあげる事件の内容が、わかっていただけると思います。

(引用開始)

男児割りばし死亡事件、医師は二審も無罪 東京高裁2008年11月20日15時4分

東京都杉並区で99年、割りばしがのどに刺さった杉野隼三(しゅんぞう)ちゃん(当時4)が受診後に死亡した事故で、東京高裁(阿部文洋裁判長)は20日、業務上過失致死罪に問われた医師根本英樹被告(40)に対し、一審・東京地裁の無罪判決を支持し、検察側の控訴を棄却する判決を言い渡した。

隼三ちゃんは、盆踊り大会で綿あめの割りばしをくわえたまま転倒。救急搬送された杏林大医学部付属病院(東京都三鷹市)で当直医だった耳鼻咽喉(いんこう)科の根本医師の診察を受けて帰宅したが、翌朝に死亡した。死亡後の司法解剖で、約8センチの割りばし片が残っていたことが分かった。

公判では、隼三ちゃんの頭蓋(ずがい)内に損傷が起きたことを疑って、必要な治療や検査をする義務があったかどうか▽診療結果と死亡との間に因果関係があったかどうか、などが争点となった。

判決は、刺さった異物が頭蓋内に達したという報告例が事故当時は見当たらず、今回の事故が「特異な例だった」と指摘。当時は口の中の傷に対する診療の基準も確立していなかったと言及した。

その上で判決は、耳鼻咽喉科の当直医として「受診した隼三ちゃんの傷口や意識状態から頭蓋内の損傷を想定し、それを意識した問診をする義務があるとは言い難い」として、根本医師に過失はなかったと結論づけた。

さらに、頭蓋内の損傷を疑ってコンピューター断層撮影(CT)などで検査したとしても、救命できた可能性は低かったと判断し、死亡との因果関係もなかったとした。

06年3月の一審判決は、受診時の隼三ちゃんが、意識が低下したり、嘔吐(おうと)したりしていたことから、根本医師が頭蓋内の損傷を疑って脳神経外科医に引き継ぐべきだったと一連の対応を批判。根本医師の過失を認める一方で、救命の可能性はきわめて低かったとして、因果関係については認めなかった。

判決について、根本医師は「改めて深い哀悼の意を表したい。事故から9年余り、長く苦しい時間だったが、判決でその苦労が報われた思いだ」とする談話を出した。(河原田慎一)

こちらから引用しました)

この件ですが、大野病院事件(福島)と色々共通している点があります。

・ 救命可能性の低い事例であること
・ リスクの高い診療科における事件であること
・ 結果のみをもって、医師が逮捕及び起訴されたこと
・ 遺族の持つ、処罰感情の激しさ

この事故において、割り箸のダメージは致命的であるという主張が(主に医療者サイドから)なされており、その限りにおいて医師に出来ることには限界があります。また保険医療の範囲内の事項については、政治や行政の決めた枠内でしか治療が出来ません。わかりやすく言うと、赤字になる過剰な治療は、どんなに頑張っても不可能です。もしこの事例で検察が要求するレベルの治療や検査を行うのであれば、救急の現場は遅かれ早かれ破綻します。

またこの事件、逮捕及び起訴の結果、救急医療の現場に致命的な悪影響が出ました。結果のみが理由で医師が罪を宣告されようとしている中、わざわざそのような危険を冒すバカなどいなくなっても仕方ありません。救急の現場から人がいなくなる大きな理由になりましたし、昨今特に問題となっている救急医療の問題の、大きな原因となる出来事となりました。

今回の無罪判決は、不幸にも難に遭われた先生にとっては朗報ですが、もう遅すぎたと思います。もう既に、この先生の人生は滅茶苦茶に破壊されてしまいました。現場から人がいなくなった結果、多くの患者も不幸になりました・・・もう既に十分、皆は不幸になってしまいました。おそらくこの判決は、それ自体思慮のあるものではありましたが、もうどれほどの前向きな価値も持てないと思います。だから、もう「遅すぎ」たのです。

もう一つ書くべきことは、続きで書きます。
この件については、遺族の方の態度についても評価が必要でしょう。残念ながら、患者としての態度に問題があるように思います。患者は医師に対して信頼を前提とした態度で接する必要がありますが、今回の遺族の方はことが起こると医師を目の敵にする言説を展開するようになりました(民事訴訟を起こしたことからも、明らかと思われます)。医療行為についての限界(手を尽くしても、ダメなときもあること)、保険制度の限界(無制限の治療行為を行えば、制度の破綻につながること)について、どこまで理解があるかも疑問です。

こういう方は、あえて書くのですが、はじめから医師の世話になどなるべきではありませんでした。無限定の奉仕を相手に対してだけは強要する態度が、患者として適切とは思いません。また、個人の処罰感情が公益よりも上だと無条件に考えているのであれば、これも問題と思います。既にこの事件の結果、救急の現場は立ち行かなくなっていますし、患者側の人間も大勢不幸になりました。結果を理由に相手を非難するのであれば、自分の行為の結果どれだけ悲惨な出来事が起こったとしても、決して目を背けてはならない。それだけの覚悟が、遺族の方にはあるのか?

一つ、文章を転記します。この方はおそらく医師と思われます・・・現状を理解する上でも、目を通されることをおすすめします。

(引用開始)

躾けが悪いと親を責める意見がありますが、「箸を咥えて走るな」と男の子に躾けても、完全に守らせるのは無理と思います。親をその点で責める事は出来ないと思います。

ではやはり医師の責任でしょうか?・・・・でも、わが身を振り返ると、とてもこの患者を正しく診断できた自信はありません。

医師でないみなさん、想像してください。赤の他人の子供の、しかも上あごの方をきちんと見ることが出来ると思いますか?しかも救急車で運ばれ緊張しているに違いない子供ですよ?これは本当に相当に困難な事なのです。意識レベルの低下があれば多少は違ったかもしれませんが、意識が正常(看護婦と救急隊の記録による)で、しかも箸を咥えていた事実も知らなければ、口の中の傷を見ても「長いものが突き刺さっているかもしれない」「じゃあCTを」と言えるでしょうか?「どうして子供にレントゲンを当てるのか」と非難されながら説得してまでCTを撮ることなど、不可能に近いことです。しかも、CTでも箸ははっきりせず、最終的に解剖をして初めて診断がついたとのことです。

私としては、これは天災のようなものと思います。誰も責める事は出来ないと。前例のない特殊なケースで、それ以上のことを誰が言えるでしょうか?

・・・しかし、社会は、どうもそのように考えないようです。従って、これまで私は小児科患者も対応していましたが、現在は恐ろしくて対応していません。専門外の事にきちんと対応できる医師など残念ながら存在しません。私にも守るべき家庭がある以上、善意はあろうとも、小児科患者を拒否せざるを得ないのです。また文字通り「万が一」の可能性を考え「大丈夫」と思っても過剰に検査をするようになりました。

現場で私のような医師が激増し、こうして小児科救急は荒廃していっているのは、子供を持つ皆さんが実感している通りです。すでに小児科を目指す学生は激減しておりますが、有罪判決が出ずとも、こうした状況は今後もますます悪化の一途を辿るでしょう。また過剰診療による医療費の増大により、自己負担率が上がっていき、いずれは「貧乏人は病院に行けない」時代になるでしょう。これがこの事件の結末で、それを避けることはおそらく出来ないでしょう。またこの事件はこうした転換期を象徴する事件として記憶されていくでしょう。暗澹たる気分になります。

(引用、ここまで)

これらのことは、全て現実のものとなってしまっています。過剰な検査を医師自身の保険として行うようになったのも、各地の病院が手に余るがゆえに患者を「受け入れられない」のも、その結果多くの患者が不幸な結末となったのも、こうした事件が起こるたびに医師だけに責任を転嫁してきたからです。果たして彼らが患者側の人間を、どんな気持ちで見ているか、どれだけの人間が考えたことがあるか・・・極めて疑問です。

医師が立ち去って行ったのは、「お前らの面倒を見るのはもうウンザリだ」と愛想を尽かされたからです。そのことを理解せずに、この問題に十分な答えを示すことは出来ません。果たして皆がそれを知るまでにどれだけの時間を要するか、それまでにどれだけの人間が不幸の後追いをすることとなるか・・・あまりいい光景ではありませんが、しっかり見ていこうと思います。それが、我々患者側の人間がやるべきことです。

最後に・・・この先生が一刻も早く、本当の意味で解放されますように。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
要するに
コメント都筑てんが | URL | 2008-11-22-Sat 23:12 [EDIT]
「医療の限界」と「医療ミス」の区別のついていない人間が、「病院に行ったら病気は完治して当然、そうでなければ医療ミス」だとか、「ミスでないなら何故亡くなるのか」だとか、「患者が死んだら医療ミスだろ!」だとか、今の「医療の限界」以上の事を求めてしまってる事がいけないんですよね…。

漫画の中のスーパードクターでもないかぎり救えない患者を救えなかった事を「犯罪行為」として逮捕されたり起訴されたり、仮にそれが無罪と分かった後ですら、周囲から「人殺し」だの「殺人医師」だのという罵倒を受けるんじゃ、まるで「医者=犯罪者予備軍」な訳で…。

そりゃ、医者になろうという人も減るし、まして産科医や小児科医などいなくなっても当然でしょうよ…。

ぶっちゃけ「誰が好き好んで犯罪者予備軍になんかなるかよ!」って感じでしょうね…。
お返事します
コメント鴛泊愁 | URL | 2008-11-23-Sun 08:52 [EDIT]
< 都筑てんが様 >

来てくださいまして、ありがとうございます。実はそちらの日記も、何回かお邪魔したことがあります。

医師の先生方のブログは日課のように見ていますが、ずいぶん長い間見ているうちに、重要なことに気づきます。それは「先生方の気持ちの傾き方」です。日を追うごとに、先生方が絶望的な気持ちになっていくのがわかってしまいます。先生方は何度も警告を発してきましたが、患者側の人間は全てゴミ箱に捨ててしまう有様。理解がない上に、理解しようともしない人間があまりにも多いから、愛想を尽かしたというのは間違いないと思います。

医師を手錠で脅迫する行いには、あらゆる意味で反対です。自分たちの不幸に直結することが、十分すぎるほどわかっていますから。この期に及んで医師の先生方を罵倒し続けるのであれば、それは皆を不幸に追いやるという意味で、とてつもなく悪質な行為と判断される必要があります。皆がそこまで理解するようになるまで(本文でも書きましたが)何年かかるか・・・望みは薄いでしょうが、見ておく必要はあるかと思いました。

また来てくださると嬉しいです。あまり、こういう題材ばかり書くような状況は、好ましくないのですが。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。