QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
この判決は医師を殺し、その次に患者を殺す
2008-10-22-Wed  CATEGORY: 医療崩壊
中原先生が過労死された件について、判決が出ていますので、こちらでも(ニュースだけですが)載せておきます。このような判決が出てしまった以上、もう誰も医療崩壊の流れを止めることはできないでしょう。それほど、この判決には破壊力があります。

CBニュースより

こちらにも転載します。

(引用開始)

医師の過労死、損害賠償請求を棄却-東京高裁

小児科医中原利郎さん(当時44歳)がうつ病によって自殺したのは、最大で月8回に及ぶ当直勤務をこなすなど過重な業務が原因として、遺族らが、勤務先だった病院を運営する立正佼成会の「安全配慮義務違反」などを理由に損害賠償を求めた民事訴訟の控訴審判決が10月22日、東京高裁であった。鈴木健太裁判長は、民事訴訟で東京地裁が否定した「過重な業務とうつ病との因果関係」は認めたものの、「病院側が(中原さんの心身の変調を)具体的に予見することはできなかった」として、原告側の訴えを棄却した。(山田利和・尾崎文壽)

判決は、中原さんが1999年3月に月8回、週当たり2回の割合で当直を担当し、翌4月には、6回の当直のうち、当直を挟んで通常勤務や半日勤務を行う連続勤務が4回あったことを挙げ、「3月と4月の勤務は過重で、著しい身体的心理的負荷を与えたというべき」などとして、中原さんの業務の過重性を認めた。

また、中原さんが勤務していた立正佼成会附属佼成病院(東京都中野区)の小児科の部長が退職したのを受け、中原さんが部長代行になった直後の同年3、4月ごろ、常勤医や日当直担当医の減少という事態に直面したことについて、「部長代行としての職責から、問題解決に腐心し、見過ごすことのできない心理的負荷を受けたというべき」と指摘した。

これらを踏まえ、「主として、99年3月以降の過重な勤務、加えて、常勤医の減少などによって大きな心理的負荷を受け、これらを原因とした睡眠障害または睡眠不足の増悪とも相まって、うつ病を発症したというべき」などとして、過重な業務とうつ病との因果関係を明確に認めた。

一方、「安全配慮義務」については、過労で自殺した社員の遺族が電通の責任を求めて提訴した「電通事件」で、最高裁が2000年3月24日に出した「使用者は、雇用する労働者に従事させる業務を定めて管理するに際し、業務の遂行に伴う疲労や心理的負荷などが過度に蓄積して労働者の心身の健康を損なうことがないように注意する義務を負う」などとした判決を引用。

しかし、中原さんについては、「過重な勤務であっても、病院側が、中原さんの疲労や心理的負荷などを過度に蓄積させて、心身の健康を損なうことを具体的客観的に予見することはできなかった」などとして、病院側の「安全配慮義務違反」には当たらないとする見解を示した。

中原さんの訴訟については、07年3月14日の行政訴訟の判決では、「うつ病は過重な業務によって発症した」と労災認定したが、同29日の民事訴訟の判決では、「うつ病と業務との因果関係が認められない」と、同じ東京地裁が“正反対”の判断を示していた。行政訴訟では、厚生労働省が控訴せず、労災が確定していただけに、高裁が、医師の当直勤務の過重性や病院の「安全配慮義務」について、どのような判断を示すかが注目されていた。


(引用終わり)
要するに、医師をどれだけ扱き使って過労死させたとしても、誰も責任を取らなくてもよいという、裁判官からのありがたいお達しです。今後、同じような事例があったとしても、司法という場においては、どの先生も救済してもらえないことを意味しています。こんな判決が出てしまえば、当然のことですが、現場の先生方の気持ちが(絶望的な方向に)大きく傾くことは、十分想像がつきます。もう誰も、それを止めることはできないかもしれません。

自分は、もう現場の先生方に「もっと頑張ってくれ」なんて発言をしようとは思いません。むしろ「もう十分です。それよりも誰かのためになんて考えは捨てて、ご家族を大切になさってください」とくらいしか、とても言えない。政府も裁判所も、ついでに言えばこの問題にとことんまで無関心な国民も、誰もこの先生のために涙一つ流そうとしない・・・そんな輩に、医師の先生方に救済を求める資格があるとは、とても思えない。

しかし、この判決については、しっかり書き残しておく必要があると考えました。医療崩壊は、行き着くところまで行き着くでしょう。この国の医療を支えていた「医師の献身的な治療と、その源となる高邁な使命感」を完膚なきまでに破壊したこの判決は、決して忘れてはならないものです。皆が医療難民となって苦しむことがあった場合、その原因について思い起こす必要は、絶対にあります。この文章が、その助けになればと思う部分が、とても大きいです。

昨日と同じく、こちらを転載します。

中原先生を支援するサイト

あなたの子供のいのち、疲れ切った小児科医にまかせますか?

皆が、考えなければならない問題です。自分たちの、未来のためにです。ついでに言えば、自分たちの子々孫々のため、です。皆の答えが正しいものであることを、絶望的かもしれませんが・・・少しでも願わずにはいられません。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
初めまして
コメントサフィア | URL | 2008-10-24-Fri 00:49 [EDIT]
初めまして、QMAを「サフィア@ユリ」でプレイしていますが、本業は知的障害者の施設で働いております。

利用者を通院に連れて行く機会が多い僕の職場では、本当に医師たちの働きが大きいです。
今回の判決は僕の職場にも多大な影響をもたらすことになると思います。
怪我や急病を患った利用者が病院に通院できない場合も想定しないといけない日も遠くない、そんな気がします。
お返事です
コメントセレネ | URL | 2008-10-27-Mon 18:08 [EDIT]
< サフィア様 >

そういう可能性も、将来的にはいつ起こってもおかしくないと思います。救急の困窮は、最近特に酷いものがあるようです・・・現場の士気は、常に低調・・・自分が知っている救急の先生も同じ感じです。非医療者として、考えさせられる部分が、非常に多いです。
トラックバック
TB*URL
★★わずか1分で出来る「心と体の元気回復法」
トラックバック時給百円未満 2008-10-22-Wed 19:51
“あなたの体は、悲鳴を上げています” たとえば、うつ状態が長く続くと、下のような「カラダの症状」が出てきます。生理不順睡眠障害頭痛体調不良食欲異常慢性疲労なぜ心に問題が生じると、体にも異常が出てくるのか。それは、ストレスによって、脳の神経伝達物質が乱れ?...  [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。