QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
禍既に成れり、如何ともすべきなし・・・ですが
2008-08-20-Wed  CATEGORY: 医療崩壊
まずは、こちらから。今日、とても重要な判決が下されています。

産婦人科医に無罪=医療ミスを否定-帝王切開死亡事故・福島地裁

福島県立大野病院(同県大熊町)で2004年、帝王切開手術で出産した女性=当時(29)=が大量出血して死亡した事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた産婦人科医加藤克彦被告(40)の判決公判が20日、福島地裁であり、鈴木信行裁判長は被告の医療ミスを否定し、無罪(求刑禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。
執刀医による手術時の判断について刑事責任を否定した判決は、今後の医療過誤事件に大きな影響を与えそうだ。
胎盤を子宮から剥離(はくり)した際に大量出血を予見できたかと、剥離を中止して子宮摘出に移る義務があったかが、最大の争点となった。
被告側は、剥離中の出血は少なく、出血量の急増は予測できなかったと主張。「剥離を開始したら完了させ、それでも出血が止まらなければ子宮を摘出するのが、一般の医療水準だ」として、処置は適切だったと訴えた。検察側は、通常は使わないクーパー(手術用はさみ)を使い胎盤をはがしたことなどから、「出血で死亡する危険性が高いと予見できたのに、無理な剥離を漫然と継続した」と非難していた。(2008/08/20-10:18)


こちらから引用

何回かコメントしている、福島における産科医不当逮捕事件の判決です。以前からこの日に判決が下されることは知っていましたが、ひとつの節目なので今日再びコメントします。

今回の無罪判決を、心から歓迎します。検察側が、愚かしくも控訴などという判断をしないよう、強く求めます。

以下は追記で。
< 当該判決が及ぼす影響 >

もう、いい影響は期待できないと思います。せいぜい、加藤先生がこの場で有罪となり、それがきっかけとなって多くの医師が離職するといった結果にならずに済む程度の価値しかないでしょう。今回の事件は、警察や検察が要らざる逮捕や起訴に及んだことに批判が集中しています。しかしその遠因は、一人一人の患者が医療に対してどのように向き合うようになったか・・・そして、そのレベルがどれだけ低下したかにあります。
わかりやすく表現します。昔は滅多なことでは訴訟沙汰になりませんでした。しかし今は些細なミスでも厳しく咎められ、メディアにさらし者にされ、訴訟で法外な賠償金を毟り取られ、果ては今回のように刑事責任をちらつかせて脅迫される。そのような世相の変化に、医師の先生方は辟易し、既に多くの方が愛想を尽かしてしまっています。今回の不当逮捕も、そうした卑しい世相が後押ししたものです。その限りにおいて、医師の先生方は患者たちのために、身を削ってまで奉仕しようなどとは思わないでしょう。だから「医療崩壊」が日ごとに進行しているのです。

残念なことに、多くの患者側の人間が、早くもこの判決に対して不満を各所でぶちまけています。果ては加藤先生を殺人者呼ばわりする、低劣な誹謗中傷に及ぶ者すらいます。その中で、どれだけ多くの先生方が、こうした世相に絶望することでしょうか・・・患者側のエゴが医療を食い荒らしている、これもひとつの証です。たかだかひとつの判決文だけで、この流れが押しとどめられるなんて、夢の見すぎというものです。
患者側の人間がするべきは、この判決の持つ意味を正しく理解すること。無闇に医療者の(ありもしない)過失を騒ぎ立てないことです。現在の医療水準から考えて、とてもできそうもないことは普通にありますし、可能にするために必要な対価は、時に莫大になる事だってあります。この症例は極めて稀で、経験のある医師は探しても見つからないこと。この国にある全ての病院に、このような症例にも対応できるような医師を配置することは、医師数から考えても無理があり、そのために必要な医療費は現在の水準からでは絶対に用立てできないこと。その点も、思慮する必要があります。

現状から考えて、この国の大多数の患者は、そこまでの見識を持っているように思えません。もっと現実を理解して、自分たちに何が足りないのか真剣に考えないと、今に先生方に見捨てられるでしょう。そうならないように、願いたいものではありますが。

< 加藤先生について >

上でも書きましたが、先生の無罪は喜ばしいことです。この先生に咎があったとは思いません。医師としての判断に基づき、責務を果たされたのです。結果を理由としてなされた逮捕と起訴は、認めがたいものでした。その誤りが指弾されたことについては、慶賀にたえません。

自分は、この事件を知った当初から、この逮捕と起訴に無理があると考えていました(その件についてコメントするまでに、1年近く各地から情報を集めて分析しましたが)。それから今まで2年経過しています・・・その間に、考えが変わったところがとても多いです。今の自分は、昔と比べて明らかに医療者サイドに傾くようになりました。患者側の醜さがどうしても目に付いてしまい、気持ちが離れていったことの結果です。それでも、この事件に対する基本的なスタンスは変わりません。今は正直なところ、先生の名誉が回復されたことを素直に喜んでいます。

< 今後について >

検察は控訴する可能性もあると考えています。その場合、こちらも先生を支持し続けることになると思います。罪なくして罪を宣告され、罰せられる不条理には抗う必要があります。もはや医療の未来など、関係ありません。上の項目でも書きましたが、判決の結果で医療が改善されるということは、もはや考えられないことです。しかし個人の名誉を守るための戦いについては、意義を感じます。

今後何らかの動きがあれば、またこのようなコメントをするつもりです。控訴断念のお話が出来ればいいのですが。

最後に、ここまで読んでくださいまして、深く感謝です。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ようやく第1ラウンド終了という感じです。
コメントハガキ | URL | 2008-08-21-Thu 21:34 [EDIT]
日本司法は三審制だから、この結果がこのまま最終判断となるとは思えないです。(これがあるため検察側有利の裁判,冤罪の温床になるという人もいるくらい)

それでも、何とかこのままの結果で終わって欲しいとは思っています。遺族の無念さもわかるのですが、この裁判は、判決次第では、医療人にとってみては助けられないこと全てが刑事罰につながりかねない危険性があるので。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ishikawa/news/20080820-OYT8T00902.htm

これとは直接関係ないのですが、医療を金勘定だけで考えていることに対する反発が今日ニュースになりました。

皮膚科,形成外科は開業医が多いというイメージを逆手に取られた気もしないことはないですが、1人では緊急手術もできないわけですからね。

とはいえ、財政的に苦しい地方公立機関の事情もわからないわけではないですし、医師の絶対数不足の状態では弱者見殺しの状況にもなりかねないので。これも何とか解決して欲しいです。

最後にこのブログのもう一つのネタについて・・・。勝手にやってちょうだいという状態ですが、ネタごとにマスコミに取り上げられるから、ある意味成功している気もしている自分がいる・・・。

http://matinoakari.net/news/na/item_66060.html
お返事します
コメントセレネ | URL | 2008-08-21-Thu 22:09 [EDIT]
< ハガキ様 >

コメントありがとうございます。遺族の方の発言については、後日意見を表明すると思います。リンク先見ました・・・大学側が医師を引き上げる、はよくありますが逆は珍しいです。もう1人で手術なんて、危なくてやっていられません。何かあったら今回のように人生をふいにされるなんてばかばかしいの一語ですから。そのきっかけが、この事件なのです。

医師の適正な配置、ですが無理やりやればいいというものではありません。むしろ、医師の先生方をリスクから解放することから始めないと。そのためには国民的同意が不可欠ではありますが、それ以前の認識しか持っていない国民がとても多い中では、それも難しいです。

もうひとつのアレですが、憎いのはアレだけです。あとのものはなかなかにナイスなデザインですし。ただ、アレのデザインに札束が積まれて、産科医の残業代にビタ1文も払わないというのは、どうしても許しがたいものがあります。もはやネタ化している「○○○撲滅キャンペーン」ですが、気分次第で今後は動こうと思います。

以上、お粗末でした。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。