QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
抵抗する者、ひとり
2008-03-23-Sun  CATEGORY: 医療崩壊
まず、こちらをご覧ください。もうご存知の方は、相当いらっしゃると思いますが・・・見逃した方もおられると思います。

医師が国を訴える、「改定に異議あり」
今改定のリハビリ算定要件を問題視、通知の差し止めを求める
橋本佳子(m3.com編集長)

鶴巻温泉病院(神奈川県秦野市)に勤務する医師、澤田石順氏が3月18日、国を相手取り、行政訴訟を起した。この4月の診療報酬改定で、リハビリテーションの点数に算定制限が設けられたため、それを定めた通知の差し止めを求める内容だ。

提訴の理由を澤田石氏は、「今改定前も一定日数を経た後は点数が下がるなどの問題があったものの、医学的な必要性が認められれば、リハビリの実施は可能だった。しかし、今改定により医学的必要性があってもリハビリの点数が算定できなくなった。これはリハビリを必要とする重症患者の切り捨てだ」と説明する。その上で、「前回の2006年改定でもリハビリを問題視する方が署名活動を行ったが、それでもあまり効果はなかった。改定実施の4月1日までには時間がないこと、また厚生労働省に一市民が問題提起しても影響はないことから、提訴するのが一番有効な方法だと判断した」と澤田氏はつけ加える。 リハビリの算定日数の制限は、重症のリハビリ患者を受け入れる病院への影響が大きいが、こうした患者を多く抱える病院は少ない。提訴に踏み切ったのは、病院団体を通じた活動が期待できないことも一因だ。

代理人を務める弁護士の井上清成氏は、「療養担当規則には、『リハビリテーションは、必要があると認められる場合に行う』と記載してある。療担規則は省令であり、通知よりも上位の法令に当たる。通知でリハビリの日数制限を行うのは、違法であり無効。憲法25条で定める生存権にも違反している」と法的な問題を指摘する。

患者から自費徴収で可能だが、非現実的

今改定では、リハビリテーションの点数が再編され、4種類の疾患別(心大血管、脳血管疾患等、運動器、呼吸器)、かつ重症度別(I~IIの2ランク、脳血管疾患等はI~IIIの3ランク)に設定された。その上で、「標準的リハビリテーション実施日数」が設けられ、実施日数」よりも前までは1日6単位(一部の患者は9単位)まで算定が可能だが、この基準を超えれば1カ月13単位までしか、算定できなくなる。

 【標準的リハビリテーション実施日数】

 心大血管疾患リハビリテーション:150日超
 脳血管疾患等リハビリテーション:180日超
 運動器リハビリテーション:150日超
 呼吸器リハビリテーション:150日超

従来も、一定期間を超えれば、点数が下がる仕組みがあった。しかし、医療上の必要性をレセプトに記載すれば、低い点数ながらも算定が認められた。「土日曜日を除くと、1カ月に約132単位から207単位は実施している。しかし、今改定以降は、1カ月当たり、わずか13単位しか算定できない」と澤田氏。それを超える部分は、保険外併用療法(選定療養)の扱いになり、診療報酬の代わりに患者から自費を求める形であれば、リハビリを実施できる。

今回、特に問題になるのは、リハビリニーズが高い入院の患者だ。鶴巻温泉病院の回復期リハビリ病棟の約75%は脳卒中の患者が占める。そのうち180日超までリハビリが必要な患者が数%存在するという。「当院の患者の平均年齢は76歳と高い上、重症患者が6~7割にも上る。とても患者から自費を徴収できる状況ではない。一方で、当院としても、改定前もわずかに黒字を計上していた程度であり、今改定でリハビリの点数そのものも下がったので、病院の持ち出しで実施することもできない」と澤田石氏。

「勝ち負けは関係ない、火を付けるのが狙い」

もっとも、この訴訟自体、却下される可能性が高い。井上氏によると、「処分性」が一番問題になるという。今回における処分性とは、簡単に言えば、「厚労省の通知によって、不利益を被ったか」ということ。「リハビリが必要であるにもかかわらず、受けられなかった」という患者は、今改定が実施される4月以降でないと生じない。つまり、現時点では不利益を被った患者がいないため、通知の差し止め請求は認められにくいというわけだ。

「今回の提訴は、改定前のあくまで予防的な措置。ただし、一審で差し止め請求が認められなくても、最高裁まで争う予定」(井上氏)。その間に、必要なリハビリが受けられず、実際に「不利益」を被った患者が出れば、損害賠償請求も可能になる。こうした訴訟が起きれば、今回の訴訟の役割は終わる。

3月18日の未明に、澤田石氏は、提訴に先立ち、訴状を自身のホームページに掲載した。既に、支援する声などが多数寄せられているという。

「リハビリに限らず、医療問題への関心が低い医師もいる。こうした医師に関心を高め、行動してもらうために提訴した。まず火を付けることが重要。勝ち負けは関係ない」と澤田石氏は語っている。


リハビリに対する報酬が抑えられていることに対する、異議の申し立てです。まあ、リハビリだけではありませんが。国は医療に金をかけるつもりがありません。たとえば、後期高齢者医療制度。体よく言えば、老人は75歳になったらとっとと死ね、ということです。今行われているのは、それを強硬に推し進めるだけの政治です。有権者は、それを是認してしまったのだということを、十分に理解しておく必要があります。
まあ、それは過去のこと・・・もしそれを望まないのであれば、今後の投票行動で、その過ちを修正する必要があります。後期高齢者医療制度の施行まで、あとわずか。身内に対象となるお年寄りがおられる皆さんは、そのことを、何があっても決してお忘れになりませんように。この先生は、このことに対しても明確にノーと言っておられます。詳しくは、こちらです。

http://homepage1.nifty.com/jsawa/medical/

この訴訟ですが、勝ち負けは問題にならないと思っています。訴えは何らかの形で取り下げられると思われますが、明確なノーの意思表示をする人が出た、という事実だけでずいぶん違うと考えています。この動きですが、大きくする必要があります。後期高齢者医療制度の問題と絡め、高齢者福祉に対する政府の姿勢を問うことは、今後を考えるなら絶対に必要です。
願わくば、この動きがあることを、何らかの形で覚えておいていただきたいです。もし賛同してくださるのであれば・・・広めていただけると嬉しいです。医療者だけの問題ではありません。むしろ、患者側が積極的に動くべき問題であると、はっきり申し上げておきます。人はいずれ年をとります。そのときにうち棄てられる末路を選びたくなければ、行動こそが何にも増して必要です。

後に続く者が、もっともっと多くなってくれることを、強く願います・・・
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック3 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
●離婚!広末涼子に衝撃の事実!都内ラブホ.テルで・・・。
トラックバック裏芸能★【動画館】 2008-03-27-Thu 18:10
女優広末涼子(27)が元モデルのデザイナー岡沢高宏(32)と離婚していた。自身の  [続きを読む]
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?
トラックバック※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? 2008-04-08-Tue 20:19
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時...  [続きを読む]
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?
トラックバック※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? 2008-05-31-Sat 23:53
※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!? プッツン女優の広末涼子が離婚の秒読み段階に入っている。 広末涼子は夫と離れて独身時代に住...  [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。