QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
あれから2年が経ちました
2008-02-18-Mon  CATEGORY: 医療崩壊
2月18日・・・2年前、何があったか。医療に関する諸問題に、ある程度通じている人は、この日の意味をよく理解しておられることと思います。今年度も、同じことを申し上げたいと思います。

「我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します」

2年前、ひとりの産科医が、自らが行った手術の結果「患者を死なせた」とされ、罪なくして罪を宣告され、公衆の面前で手錠をかけられるという恥辱を受けました。このときのことを、自分は(実は!)知りません。医療に関する問題を知るようになったのは、その約4ヵ月後でした。偶然知ったこの逮捕劇ですが、その影響が極めて深いこと、医療全体にとっての「ターニングポイント」たりえる事件であったこと、その結末は患者側にとっても不幸となることを知るのに時間を要しませんでした。

ここに来られる皆さんは、いずれも名のある賢者の方(基本的には)です。それ故、以下に列挙する事項は、もう十分ご存知と思います。しかしこの場で再び書き記すことには、十分な意義があると思います。この問題を論じるにあたり、絶対に抜け落ちてはならないポイントです。

・ 医療行為にも、限界があること。医師に可能なのは、治すための努力までであること。
・ それ故、結果の不首尾と、医療行為の当否は、必ずしも一致するわけではないこと。
・ 医師が医療を提供するためには、社会として対価の支払いが必要であること。
・ 現状に対し、医師がもっとも不満を抱いている点は「社会からの報酬が安く限られている」こと。
・ 医師が現場を立ち去るのは、社会全体に対する深い絶望のあらわれであること。

この事件で問題となるのは、結果を理由として医師の行為が不当であり違法であると(故なくして)指弾されたことです。産科はリスクが特に高く、結果の保証が出来ない部分が、非常に大きいのが現実です。そうした現実を無視した警察の介入は、多くの医師が危険な産科医療から離れていくひとつの大きなきっかけになりました。もともと産科医は、需要から考えて必ずしも十分にいたわけではありませんが、この事件のあと目に見えて減少しています。

別に産科だけの問題ではありません。この事件は、全ての医師が「結果が悪ければいつ逮捕され、人生を台無しにされてしまうかわからない」という、深い絶望を感じるには十分でした。現在の医療崩壊の、大きな原因として、必ずこの日の出来事が挙げられるのは、それが理由です。現在訴訟は続いていますが、もし仮にこの事例で有罪であれば、結末は「更に多くの医師の、社会からの離反」であると、はっきり申し上げておきます。そうならないだけのことを、むしろ患者側が率先して行う必要があります。

本日の日記ですが、こちらの各サイトと連携しています。

http://ameblo.jp/med/entry-10071134731.html

http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20080218

http://skyteam.iza.ne.jp/blog/entry/486013/

http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/blog-entry-293.html

http://obgy.typepad.jp/blog/2008/02/post-1341-29.html

有志の先生方が、日頃から問題となっていることについて、深いレベルで議論されている日記です。敷居は高いのですが、今後のことを考えると読んでおくべき日記のひとつであると、自信をもっておすすめします。

最後に・・・こちらのキャンペーンに同意して下さる皆さんにおかれましては、是非この事件につき深く知り、考えられた上で、ご自分のご意見を自らのブログにて表明されますよう、お願いします。多くの方の支持を必要とする人は、今ここに、現実に存在します。この先生の冤罪を、是非晴らしてくださいますよう・・・
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック3 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
2年
コメントDr.I | URL | 2008-02-18-Mon 23:18 [EDIT]
もう2年になりますねー。
あれから、更に医療崩壊が進んじゃいましたね。
残念です。

仮に有罪になったら、これの数倍の勢いで医療崩壊が進んで。
医師の大量逃散が進むでしょうね。
お返事します
コメント鴛泊愁 | URL | 2008-02-19-Tue 20:43 [EDIT]
< Dr.I様 >

時がたつのは早いものです。しかしこの一件、風化させてはならないと考えます。行き着くところまで行き着いたときに、この一件を皆が思い起こすよう、知っている者は仕向ける必要がありますから。

お越しくださり、ありがとうございます。また良い文章を書いてくださいますよう、陰ながら応援しております。
賛同いたします
コメント山口(産婦人科) | URL | 2008-02-20-Wed 11:33 [EDIT]
極力賛同サイトにコメントして回っています。遅れて申し訳ありません。

およそ「まじめに仕事をしていても、常に手錠をかけられるおそれを抱く」などと言う仕事が、医療以外にあるでしょうか。我々の仕事はそんなにやくざなものなのでしょうか。そういう意味でこの訴訟は始まりから論外だったと思います。
お返事です(続)
コメント鴛泊愁 | URL | 2008-02-23-Sat 22:52 [EDIT]
< 山口先生 >

全くその通りです。しかしこんな事件が起こってしまったのには、やはり理由があります。社会全体に渦巻く、極度に非寛容な精神態度。これが改まらない限り、医療に関する現実は、もっと酷いものになると思います。それを望まない者は、確かにいますが。しかし願望するだけではダメで、やはり行いが必要です。

こういう文章、実はあまり好きでありません。しかし必要であれば書いていきます。「行いが必要である」限り、自分はできるだけのことをします。
トラックバック
TB*URL
福島県立大野病院・産科医師逮捕から2年
トラックバック天国へのビザ 2008-02-18-Mon 23:14
2年前の2月18日は、拙ブログで何度も取り上げている「福島大野病院事件」で、産婦人科医師が不当逮捕された日です。 大野病院産科医逮捕事件(Wikipedia)最近の関連記事 医学も医療も死ぬしかないの...  [続きを読む]
福島大野病院事件から2年
トラックバック健康、病気なし、医者いらず 2008-02-18-Mon 23:17
『我々は福島大野病院事件で逮捕された 産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 』 2006.2.18 この日は、医療関係者にとって...  [続きを読む]
2月18日に記す
トラックバックななのつぶやき 2008-02-19-Tue 21:20
新潟大学産婦人科教授  田中憲一先生 不遜な文言を、どうかお許し下さい。 先生が、福島県立大野病院事件の検察側証人になられてから、生活が一変したのではないでしょうか。産婦人科の狭い世界で、居づらい思い...  [続きを読む]
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。