QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
The longest inches
2007-12-16-Sun  CATEGORY: QMA
今日ですが、晴れていたので、予定通り甲子園ボウルの観戦でした。

まず9時にラウンドワンに。11時までは自由時間と考え、その間にAnAn。ただし3戦しかやっていません。この場で知ったことですが、CHIRIさん主催で雑学中心の対戦会をやるようです。来られてた皆さんと挨拶、適当に数戦お相手させていただきました。時間が来たので、いったんラウンドワンを離れています。

現地到着は、12時40分。自由席のチケットを買うと、残り5分でした。まあ、ちょうどいい時間だったかもしれません。自由席のほうが、何かと動きが取れていいので、この選択も間違いなかったです。問題は、かなり冷えていること・・・座っていると、普通に寒いです。これだけは、厳しいと思っていました。

ここから下は、試合の流れ、箇条書きです。

< 1Q >

・ 残り3分39秒 → 日大、タッチダウン。パスキャッチのあと、ゴールまで鮮やかに抜け出す。0-7。
・ その後、反則が相次ぎ、試合がよどむ。
・ 終了時、関学が残り1ヤードまで攻めていた。

< 2Q >

・ 残り14分55秒 → 関学、タッチダウンで同点。パス中心のドライブだった。7-7。
・ 残り13分18秒 → 関学、インターセプト。
・ 残り11分36秒 → 日大痛恨の罰退、攻撃権を取り返せなかった。
・ 残り8分9秒 → 関学、再びインターセプト。絶好の位置から攻撃開始。
・ 残り5分34秒 → 関学、フィールドゴール。10-7。
・ 残り2分10秒 → 関学、ラフィングザパサーを取られる。痛恨の罰退。
・ 残り1分7秒 → 日大、フィールドゴール。同点に追いつく。10-10。

< 3Q >

・ 関学、ラン攻撃中心に切り替える。逆に日大は、パス中心で攻めるようになった。
・ 残り5分37秒 → 関学、フィールドゴール。13-10。
・ 残り5分11秒 → 日大、ロングパスを通し、一気に前進。
・ 残り4分44秒 → 日大、タッチダウン。ロングパスが活きる。13-17。
・ 残り16秒 → 関学、タッチダウン。逆サイドにパスを通した。20-17。

< 4Q >

・ 残り10分28秒 → 微妙な判定で、関学タッチダウンを逸す。
・ 残り10分6秒 → 関学、タッチダウン。小刻みな攻撃をつなげ、差を広げる。27-17。
・ 残り9分52秒 → 日大、タッチダウン。95ヤードのリターンタッチダウン。27-24。
・ 残り7分37秒 → 日大、連続でタッチダウン。94ヤード、ロングパスからそのまま独走。27-31。
・ 残り7分20秒 → 関学、ロングパスを通し、一気に前進。
・ 残り6分21秒 → 関学、タッチダウン。パスからそのまま抜け出した。34-31。
・ 残り4分15秒 → 日大、タッチダウン。右のリバースプレイが的中。34-38。
・ 残り2分57秒 → 関学、ギャンブル成功。攻撃を継続。
・ 残り1分を切り、関学残り1ヤードまで迫る。
・ 残り3秒 → 関学、タッチダウン。日大必死の抵抗も、ついに力尽く。41-38。

この試合ですが、最終クォーターが山場でした。得点が交互に入るようになったのですが、攻撃がうまくいくようになったというより、守備が我慢できなくなったという感じです。かなり大味ではありますが、それぞれのプレイに必死さが伝わってくるという点では良いものでした。最後の1分ですが、実際争っていたのは1ヤードより短かったです。タイムアウトも使い切り、駆け引きの面でも見応えがありました。この試合、後々どのように評価を受けるかは判りかねますが、歴史に残す価値がある、そんな攻防だったと思います。

そんな訳で、実に充実した時間となりました。自由席は1,800円ですが、それ以上の値打ちがある一戦だと思います。

さて、その後はラウンドワンに帰還。対戦会で盛り上がり、9時過ぎに散会となりました。いろいろな企画がありました・・・「青くない」人の「本当に青くないのか選手権」、「芸能が苦手な」人の「家にテレビがないぞ選手権」など・・・楽しいひとときとなりました。ついでに、明日以降に向けての調整も、かなり進みました。これは有難かったです。

そして、今日記をつけています。夜も遅いので・・・このくらいにしましょう。とにかく、いい一日でした、深く感謝です!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。