QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
君のアホ面には、心底うんざりさせられる
2007-11-28-Wed  CATEGORY: 医療崩壊
全く表題どおりの、バカな文章です。

【経世一言】診療報酬 納税者もモノ申す

来年度が改定時期の診療報酬をめぐり日本医師会と財務省がバトルを展開している。引き下げを目指す財務省に対し、医師会の主張は5.7%という大幅な引き上げだ。

その理屈は「地域医療を支える」「国民の安心を守る」「医療の質を確保する」の3つ。まあ、立派な理屈ではある。だが、これを金額換算すると、税、保険料などで何と約2兆円の国民負担増になるから、放ってはおけない。

確かに医師会が言うように、一部地方や産婦人科などで深刻な医師不足が存在する。医師会の主張はその原因を先進国に比べて医療費が少ないとか、近年の2回の診療報酬引き下げに求めている。

果たしてそうだろうか。例えば、保険料や税で負担している公的医療費は、GDP(国内総生産)比で経済協力開発機構(OECD)の平均を上回っている。医師数も毎年、3500~4000人も増えている。

診療報酬だって安くない。公務員に適用される人事院勧告や物価と比較して、まだ下げ幅に大きな乖離(かいり)がある。つまり、下げ足りないのだ。医師会は公務員との比較を筋違いとするが、税金が投入されている以上、その論法こそ筋違いだろう。

薬価もそうなのだが、税金が投入されているという事実認識が医師には希薄なのではないか。いや、納税者はこの事実をほとんど知らない。

医療費の財源は保険料が半分と最大だが、国、地方を合わせた税負担が36%も占めている。残りが患者の自己負担である。では、その使い道はどうかというと、半分は医師などの人件費、つまり診療報酬なのだ。公務員ほどではないが、医師も公費で養っている。

不思議なのは医師数、診療報酬とも十分なのに、なぜ地方や産婦人科、小児科の医師不足、そして勤務医の激務が問題になるのかだ。財政制度等審議会の建議が、これにひとつの解を示している。医局制度の問題や開業医を厚遇する診療報酬体系である。

建議は言う。診療報酬が引き下げられても開業医の利益は増えており、年収は勤務医の1.8倍だ。なのに従業時間は少なく、ほとんどが休日・時間外診療をしておらず、週休2.5日制である。

かつては深夜まで往診してくれ、それが医師への尊敬の念となっていたが、いまや往診はないに等しい。それでいて、再診料など診療報酬点数は病院より高い。こうした優遇を既得権益と言わずして何と言おう。

これでは都市部の開業医になる医師が増えるはずだ。若い女性が選ぶ結婚相手の人気職業で、IT(情報技術)成り金と肩を並べるのもうなずける。だが、納税者はこんないびつな状態を放置して、さらに2兆円も負担するほどお人よしではあるまい。

開業医の診療報酬を大幅に減らし、不足する分野に重点配分すれば、指摘されている問題の多くは解決に向かうのではないか。それは税や保険料の負担軽減にもつながる。

なのに、その配分を決める中央社会保険医療協議会(中医協)は何をしているのか。今回の改定の議論でも医師会代表だけでなく、産業界や中立の委員まで引き下げを求める声がほとんどないという。開業医減点の議論もさっぱりだ。

つまり、議論は医療村の中だけで進み、肝心の納税者が蚊帳の外に置かれている。ここは納税者が声をあげるときだ。でないと、増税は際限がなくなる。(論説副委員長)


原文はここです。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/other/106414/

腐すべき部分があまりにも多すぎるのですが、書いていきます。ここまで下劣な文章は、自分も初めて見ました。無知と無恥を足して10倍したような、そんな感じです(以下、敬語表現を外します)。

まず、日本の医療費が対GDP比で先進国中最低であることは、周知の事実。イギリスは以前もっと低かったが、そのために医療崩壊が顕著となった。対価は最低限必要。また医師数も、先進国の中では低い水準である(人口に比例して)。これらの事実を理解していないか、あるいは故意に無視している。悪質な世論誘導。
次に、現行の診療報酬では、社会的に求められている水準の医療を維持するのは不可能。その証拠に、多くの医師が超過勤務に喘ぎ、果ては過労死する先生までいる。これは、十分な数の医師を今の診療報酬では雇用できないところから来ている。そうした事実を理解しているのであれば「下げ足りない」とは書けないはず。無知、かつ無恥な文章。
これだけ前提条件が間違っていれば、地域や特定診療科における医師不足について、正しい理由を提示できないのも当然。医師が不足している地域は、きまって医師への待遇が悪い。産科や小児科は経済的にペイしないし、訴訟リスクだけが大きい。政策は、これらの課題を解決するためにあるはず。報酬の引き下げは、地域や特定診療科を殺すための方策であり、改善のきっかけとはなりえない。
開業医が恵まれた条件にある、というのも問題外。以前ならとにかく、今は全くその図式に当てはまらない。開業するのに、多額の借り入れを行うパターンが多いし、最近は競合が激しく、失敗に終わる危険が大きくなっている。また開業医は、週6日診察を行っているところが多く、昼は往診その他で自由時間が少ない。週休2日どころの話ではないのだが、ちゃんと調べた上で文章を書いているのか?
この状態で開業医の診療報酬を引き下げたらどうなるか。答えは簡単、開業医が経済的に破綻し、次々と診療所は閉鎖される。そのしわ寄せは各地の病院が受けなければならない。結果、病院に勤務する医師が次々と過労で倒れる。医師も不幸だが、同様に患者も不幸だ。なぜなら、以前より長い時間、病院で待たなければならないから。
最後に、これらの重要かつ深刻な影響を及ぼす事項について、医療側は全く意見を表明する場を与えられていない。診療報酬の削減要求は主に財界が行っているものであり、その目的は公的保険制度の破壊と、新たな利潤獲得の場を創出することにある。政治過程において一部銭亀どもが放埓の限りを尽くしている現実を、故意に無視する志の低い文章。

この文章における最大の問題点は、公的な医療保険が医療者と患者、双方の社会的合意によって成り立っている点を無視しているところです。医療費は患者側が受けることの出来る、医療サービスの大きさを意味します。医療費の削減は、すなわち国民に対する医療サービスの削減です。診療報酬の削減を声高に主張する輩は、この点を故意に無視しています。
目的は明々白々、今の医療制度を破壊したいのです。そのためには、患者側の人間が、上で書いた「公的な医療保険は医療者と患者、双方の合意によってのみ成り立つ」点と「その維持のためには、患者側も相応の対価を求められる」点を忘れ去るよう、誘導しなければなりません。また同時に「医療は医師と患者、双方の共同作業であり、それ故協調的でなければならない」点を忘れさせ、対立させるよう仕組むことも必要でしょう。そのために仕組まれた、邪悪な罠とも言えます。

これは即ち、金儲けしか能のない財界と公的負担を減らすことしか頭にない政府の、金と権力に盲従する卑しいメディアの罪です。産経に限らず、この国のメディアは挙って医療を破壊し、国民から医療保険という至高の公共財を奪い取ろうとしています。志ある皆さんは、彼らの名を、その罪により、決して忘れないでください。その悪を、決してお許しにならないでください。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
勉強になります
コメントましだ@紫一色賢者 | URL | 2007-11-29-Thu 01:50 [EDIT]
今回も医療崩壊に関する記事、ありがとうございます。
マスコミに求められる公平性はどこへやらと思いました。医師会のコメントはバッサリと切り捨て、建議のコメントをいつの間にか記者自身の主張にすり替えているところはある意味不気味に感じました。
今の医療が明治産業革命期の工女の如き労働によって支えられていることが無視されているのは残念でなりません。セレネさんのような意識を持たれた人がマスコミ業界ひいては行政を仕切る時が来るよう切に祈ります。

医療経済については自分はまだまだ勉強不足です。自分も来年からこの業界に飛び込む(予定な)ので、もう少し知識を得ておこうと思います。
お返事遅れました
コメントセレネ | URL | 2007-12-02-Sun 18:07 [EDIT]
< ましだ様 >

マスコミに、公平性など初めから期待していません。客観という言葉など、よくよく考えてみれば美名でしかありません。なぜなら、人はエゴの塊だから。主観はあっても、客観的でなどありえないのです。せいぜい、皆の主観を足して人数分で割ったものを、仮に客観としてみるくらいのものです。

なお、この文章ですが、続きがあります。それはまた見てくださればと思います。
トラックバック
TB*URL
バカというより狸なんだろう
トラックバック医療報道を斬る 2007-12-02-Sun 21:44
 産経新聞の論説副委員長の『【経世一言】診療報酬 納税者もモノ申す』と言う文章が医療系ブログで袋だたきに遭っている。中身を見れば無理もない。悪意と捏造による全くの世迷い言と言って良い。こんな文章を書くのはどんなバカだと思う気持ちもあるのだが、単なるバカ..  [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。