QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
強力な支援が、現場の力になる
2007-09-05-Wed  CATEGORY: 医療崩壊
週末から昨日にかけて、かなり楽しい出来事がありました。そちらの方を書いてもいいのですが、せっかくあのような話をしたので、まとめで文章を書いてみます。

表題ですが、一番必要なもの、かつ一番足りないものです。

世界陸上の結果ですが、こんなものかなと考えています。実力差を考えると、どうしてもこういう風になってしまいます。調整不良の可能性も考えないといけませんが・・・暑さに対する備え、というのは有力な説ではないかと思われます。選手がベスト、またはそれに近いコンディションで本番に臨めるような、支援体制が整っていたかといえば、かなり疑問です。
その中でがんばったのは、やはりというべきかマラソンでした。暑さに対する備え、の点でかなり頑張っていたようで、成績は上々でした。戦っているのは、選手だけではありません。その体調を管理するスタッフも、当然不可欠な要員です。そのことを、示しているように思えます。そういえば、アジアカップから戻ってきた日本代表の面々は、明らかに疲労がたまっていました。支援体制が不十分であったことが、最後の連敗を招いたひとつの原因では、という見方も出来そうです。

これらの話は、医療崩壊の話題でも、見事に当てはまります。

現場の医師に力戦してもらうつもりなら、それを可能にする支援体制が必要です。必要最低限の報酬・・・給与の額以上に、適切な休暇、周囲の理解、不慮の事態への備えなど、必要とされるものは多いはずなのですが。そうした視点で言説を展開できる人物が、社会全体を見渡して、絶望的なほど少ないところが問題です。
一般的な言説は、こうした思慮あるところとは、決定的に逆です。何かあったら現場の医師に責任を押し付けること。医師の社会的待遇の劣化を故意に無視し、一般大衆が医師を敵視するよう仕向ける悪意ある言説が蔓延っていること。こうした言説を繰り返し垂れ流し、患者を医師と対立するよう仕向けたのは、間違いなく品性下劣なメディアです。それが是認され続けている現状、医師が現場に絶望して立ち去ったとしても不思議はないとしたものです。

患者側の持つべき精神態度として、このようなものを挙げてみました。

・ 診てくれた医師に対しては、感謝を忘れないこと
・ 医療行為には、対価が必要であることを十分理解すること
・ 自分が供した対価以上の成果を、医師に要求しないこと
・ 行為の結果のみを理由として、医師の責任を要求しないこと
・ 医療政策の改善のため、有権者として責任ある態度をとること
・ 医師と患者、双方の協力により医療が成り立つことを、十分理解すること
・ 医師と患者が協力することにより、制度を良くしていくという心構えを持つこと

これらは、世間一般で子供の頃から教えられる、いわゆる「躾」の部類に当てはまるものばかりです。皆が良い気分で生活できるように、最低限守るべきとして形成された、形ないもの。そうしたものを大切にして、はじめて社会はまともに機能するはずなのですが。いつの間にか、他人を腐して自分は高みに登ったように錯覚する、卑しい精神態度が流行ってしまったように思います。
世界を形作るのは人の意思です。人の意思がより高いレベルであり続ける限り、まだ世界はまともであり続けます。人が汚れれば、その分世界の質は落ちます。医療崩壊、という問題も同じです・・・問題は、大多数を占める患者の精神態度です。過度にselfishになったことの結果が、現在の無残な状況です。そしてこれは通過点に過ぎません・・・現場から医師が駆逐されていけば(「誰に」はあえて書きませんが自覚は必要です)、将来は惨憺たるものとなるでしょう。

そうならないように必要なことは、そろそろ自覚しなければいけません。思慮ある者の、適切な支援こそが、現場に必要です。そのためには、最低限の理解が必要です(残念ですが、現実として、それが一番足りないように見えてしまうのです)。この問題、患者側の態度こそが一番重要です。皆さんの思慮については、自分は信を置いています・・・行いの正しさにつながればと、切に願います。

このような文章を読んでくださって、深く感謝します。ありがとうございます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。