QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
医師の過労死、ひとつの判決
2007-03-15-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
昨日ですが、このような判決がありました(YOMIURI ONLINEより)。

 東京都中野区の「立正佼成会付属佼成病院」の小児科医・中原利郎さん(当時44歳)が自殺したのは、過密勤務などでうつ病になったためで、労災にあたるとして、妻、のり子さん(50)が新宿労働基準監督署を相手取り、遺族補償給付の不支給処分の取り消しを求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であった。

 佐村浩之裁判長は「欠員となる医師の補充に悩んだことや過密な勤務などが原因でうつ病にかかり、自殺に及んだ」と労災を認定し、処分の取り消しを命じた。

 判決は、自殺の背景に、全国的に小児科医が不足している現状があったと指摘しており、医療行政にも影響を与えそうだ。原告代理人によると、医師の過労自殺が訴訟で認められたのは2件目で、小児科医では初めてという。

 判決によると、中原さんは1999年1月に同病院小児科部長代行に就任したが、同科医師2人の退職などに伴い、同年3月以降、後任の確保や宿直当番の調整などの業務に追われてうつ病となり、8月に病院から飛び降り自殺した。

 判決はこれら業務が「強度の心理的負荷となった」と指摘した上で、「こうした問題は、当時、小児科医が全国的に不足していたため、解決が極めて困難だった」と述べた。

 さらに、判決は「同病院の小児科の宿直勤務は、診療の多くが深夜時間帯で、十分な睡眠は確保できず、月8回の当直勤務は精神疾患を発症させる危険の高いものだった」と判断した。

 原告代理人の川人博弁護士は「判決は深刻な小児科医の労働条件に警告を発するもの」と話した。

 新宿労働基準監督署の話「上級庁と協議して今後の対応を決めたい」


医師の超過勤務は、知っている人ならその過酷さがよく理解できます。自分の知る限り、医師以上の超過勤務を強いられている業種はありません。先日ニュースになった長距離バスのドライバーと比べても、多分問題にならないはずです。人の命にかかわる職場で、人が過労で死ぬなんていうのは、とてつもなく恐ろしいことです。
また、医師の勤務環境が悪いと、別の懸念が生じます。人の集中力は、睡眠が十分にとれないと、普通に低下します。それは医療事故の危険性を高め、実際いくつかの事故は集中力の減衰を原因として起きています。社会全体として、これは重大な厚生の損失です。少なくとも、このままにしておくべき問題ではないでしょう。
しかし、政府や与党にとって、この問題はあまり重要ではないようです。医療費の圧縮を続けて医師の勤務環境を悪化させている政策の劣悪さ(診療報酬を利益として留保できるような病院は、ほとんどありません。だいたいは赤字で、経費節減のため医師に過酷な労働を強制しています)、WEの件でもわかるとおり労働者を扱き使うことしか頭にない与党、まことこの国の未来にとって、重要な障害となっています。

この判決ですが、まだ一審です。ですが、できるだけ早くこの裁判を終わりにしなければなりません。関係者の皆さんが早く心休まるよう、医師に対する政策の改善につながるよう、できるだけのことをしようと思います。そこで、次のリンクを用意しました。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/youseihagaki.pdf

これは、国が控訴しないように働きかける要請です。このPDFファイルをA4サイズの紙に横向きで印刷して、点線に沿って切り取り、官製はがきに貼り付けて投函してください。なお、この件は至急を要します。協力してくださる方におかれましては、お早めにお願いいたします。

大切なことなのですが、多くの方がそう思っておられないようなのでここに書いておきます。医師も労働者です。人として扱わない社会のありように、多くの医師が絶望し、その場を立ち去っています。その証拠に、多くの病院の診療科が閉鎖してしまいました(現在進行形です。もっとこれから先酷いことになるでしょう)。患者側の人間として、そのことは決して忘れないようにしてください。

最後にいくつかのリンクを紹介します。この件について、より深く知りたい方のご利用をお待ちしています。

中原先生の過労死認定を支援する会 → http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/

中間管理職様の日記 → http://ameblo.jp/med/entry-10028024790.html
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック2 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
はじめまして
コメントDr. I | URL | 2007-03-19-Mon 00:24 [EDIT]
はじめまして。
循環器内科医のDr. Iと申します。

私も支援させていただきます。
なんとか、国が控訴を思いとどまってくれると良いんですが。

医者の勤務内容について、他の人達もわかっていただけると嬉しいのですが。
なかなか、難しいみたいですね、実際は。
コメント鴛泊愁 | URL | 2007-03-20-Tue 19:57 [EDIT]
< Dr.I様 >

医師の勤務内容ですが、実際と見た目では全然違うのが一般的だと思います。患者側がそれを正しく理解するのは、かなり難しいはずです。数字は嘘をつきませんが、本当のところどうなのかと言われると、証明が大変かもしれません。動きがあれば、また書いていくと思います。その時はまたお知らせいたします。
トラックバック
TB*URL
小児科医中原利郎医師の過労自殺認定裁判勝訴
トラックバック道標 Guideboard 2007-03-15-Thu 22:32
キーワード 中原利郎医師、小児科医、過労死、自殺、労働基準法、労災認定、労働災害  [続きを読む]
睡眠障害を克服する秘法とは?
トラックバック睡眠障害の改善法 2007-03-17-Sat 09:51
はじめまして、いつも楽しく拝見しています。この度「睡眠障害の改善法」というサイトを作成しましたのでTBさせていただきました。ぜひ一度ご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除ください。今後ともよろしくお願い致します。  [続きを読む]
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。