QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
試合ができる喜び、そして・・・
2006-07-15-Sat  CATEGORY: 未分類
今日は、まずJリーグのオールスターから。

文字通り各チームの主力選手が一同に会し、1年に1度の豪華な顔ぶれで、面白いゲームになりました。中澤選手の普段はやらないフリーキックや巻選手の見事なゴールなど、見ていて飽きが来なかったです。試合は一方的な展開でしたが、京都のパウリーニョ選手が見せ場をたくさん作ってくれたので、まあよしとしようと思います。基本的にゴールシーンが多い試合は、誰にとっても明確に面白い展開なので、満足度の高いゲームだったのではないでしょうか?

そして次・・・中田選手引退の特番です。

まず印象的だったのが、各試合の感想(日本代表のワールドカップです)でした。決定的なレベルでの欠点がわかりやすく、世界とは明確にここが差だ、ということが明瞭に出ていました。とにかく運動量の差がパフォーマンスの差に直結してしまっている現実。この現実を変えていくことから始めなければいけないということでしょう。フットボールは、文字通り足で行う球技。走ってなんぼ、ということです。あとは戦術・・・マークの仕方をもう一度、考え直す必要がありそうです。
そして次・・・気構え、という言葉が何回も出てきたところも、忘れてはいけないと思います。あの大会ですが、試合というよりは「死合」という表現がよく似合うと思います。それくらいの激しい場所では、100%以上のパフォーマンスが常に求められます。そのためには、半端じゃない気力が要求されるということでしょう。その心構えは、見ている自分たちにも求められるように思えます。選手と同じくらいの覚悟で観戦し、応援できるかどうか・・・それは、とても大切なことです。とにかく、そんなことをいろいろ考えさせてくれる番組でした。

野球ですが、ドラゴンズ相手に連勝は大きいと思います。押されていた展開だっただけに、ここを拾ったことが後々に大きく影響するようになれば面白くなると思います。

明日からは、いよいよ激しい「死合」の始まりです。どの大会も大規模で強豪揃い。楽などできる場所ではありませんが、だからこそ価値があるとも思っています。一戦ごとに、その重みを噛み締めつつ、後悔のない勝負をしたいと思っています。

さてどうなることでしょう・・・では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。