QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(QMA)邪神狩りのことなど
2014-11-29-Sat  CATEGORY: QMA
細かいネタで書くのは久しぶりな気がしますが。

ジャンルごとで邪神戦があるというのは、一種の朗報と思いました。前作の魔龍狩りの続きとしては相応しいように思います。ただ、なかなかに難しそうです。

何が難しいかですが、こんな感じです。

・ 概して、問題の難易度は通常より高いです。手も足も出ない負け方をすることが、結構あるはずです。皆さんの正解率ですが、よほど高くないと苦労しかしないはずです。

・ 自分たちの手番が回ってきた時の、立ち回り。ある程度手順は確立されていますが、ケースバイケースなので自在の立ち回りが必要です。これは何回かやって、他の人を真似てみるのが一番。

・ ハードだと、邪神は2回行動します。難しいですが、出来る限り手数を確保しないと勝てません。しかし、そのためには正解を続けるほか・・・

一番困難なのは、誰と組むか指定できないことです。困ったことですが、一定割合でライトの方が入ります。仕様上、それを拒否することはまず無理です。特にハードで、正解を積み重ねられないライトの人が来ると、その人が足を引っ張ることになります。

ついでに書くと・・・ハードのチャレンジに、資格限定がないのはとても問題があります。正解できないとその人のストレスですし、同様に他の3人のストレスでもあります。あんあんの期間限定チャレンジは、結構な確率で資格の制限があります。これは真剣に、考えてもいいと思うのです。

正直、協力を前提とするプレーで、他の人の不出来が非難の対象になるのは、かなり問題があります。誰とて、どのジャンルも普通に正解できるわけではありません。特に自分はねぇ・・・苦手ジャンルは一回討伐するためにどれだけ挑戦することになるか。

多分これが、一番書きたかったのです。出来る限りストレスなくやりたい・・・できるかぎり正解するよう努力しますから。まあ、そんな感じです。

< 特に注意すべきこと >

・ わからない問題は投げ捨てたほうがいいことも。時間を使って正解でない場合、邪神のゲージが増えます。邪神の手数を増やすと、まず勝てなくなります。20秒使っても正解できればいいトーナメントとは、考え方が違います。

・ 攻撃力、ゲージが上がるスピードは、極力上げておくこと。これは序盤にやっておきたい。あと、邪神に呪縛をかけておくのは、最優先事項。これがあるとないとでは、かなり違うのではないかと。

・・・ちなみに。今スポーツですが、これまでの成績は9回やってやっと1回討伐成功・・・これは・・・ひどい・・・

・・・おあとがよろしいようで(全然良くないわッ!)。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。