QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
賢押杯2013① いつ答えるの、今でしょ!
2013-06-30-Sun  CATEGORY: QMA
昨日は今年前半の最大のイベント「賢押杯2013」でした。オンラインクイズゲーマー最大の、早押しクイズ大戦・・・かなり難しい日程の中、200人超を集めて開催されています。さながら同窓会みたいな感じでした。

自分の感想・・・もうひとつ。でしたが・・・そのためにはいくつか足りない条件があります。そして、それを埋めるための時間が、まだまだ足りなかったので致し方ありません。その範囲で出来るだけのことは、現状ですが出来たと思います。あとは自分の可能性を、しっかり高めるようにします。また、あの場所に戻りたいので。

さて、この日のことですが、前日仕事を終えたら荷物をまとめて東京に向かっています。蒲田の宿で宿泊。早めの睡眠を心がけています。残念ながら、当日は早めに目が覚めてしまいましたが。睡眠時間を伸ばし、準備して現地に向かっています。

アカデミー生徒・アンサー協会員、そしてネクステの皆さん。おもいおもいの目標を持っておられます。もちろん、勝つつもりで来てる人もいるわけで・・・予選の懸念は、とにかくこの1点でした。

「押しの早い人と同組、だけは回避したい」

予選のローリングは、かなり難易度が低く、その分早く押せる人が強いです。そういう人だけは、回避したかったです。ネクステその他で、指の反応で押しまくる人は、総じて苦手なのです。これを改善するのは、まだまだ時間が必要です。練度が、早押しの世界でも重要なのは間違いありません。

以下、本戦1回戦までのおはなしです。

< ペーパー >

引き出しを直前に増設して、少しでも受け皿を広くして臨みました。いくつか出そうな項目をピックアップしていましたが、結構あてが外れています。その中、何問か頭を絞って思いつき点数を拾っています。3つぐらい拾いましたが、覚え方があいまいで落とした問題はそれ以上という感じでした。結果ですが、51点で17位。割といい成績で、プレーオフくらいは可能でしたが、もちろんこの日の目標は教室で勝つことなので、気にしないで教室に向かっています。

○ ペプチド結合 → アミノ酸どうしの結合なので。
○ 合い駒 → 王様を守るため駒を使います。
× マリオット → QMAで見たはずの問題ですが、覚えてなかったです。
× つらね → これも芸タイの問題なのに・・・抜けてるなぁ。

< 教室予選、ローリング >

自分は2時間目でした。1時間目はネクステのトットさんを応援。惜しかったのですが・・・残念ながら代表決定戦が壁でした。2時間目はネクステのメンバー大半が集中しており、気になりましたがメンバーはかなり厳しかったです。過去教室を抜けてる人が複数、ペーパー上位者が自分以外にも複数。いつもより、早めに押すつもりでした。

結果ですが、2位ペースで淡々と進み、11ラウンドで40点獲得、順位はやっぱり2位でした。1回無得点があったので、これがなければあるいはとも思いましたが。3位以下とは差があったので、最終ラウンドは結構気楽でした。1位はゆらさん、とにかく圧倒的に早かったです。

○ 伊藤博文 → 最初の解答。初代兵庫県知事。
○ セポイの乱 → 直前に同じような問題を、聞いた記憶があるので直感で。
○ 荒井注 → 元ドリフターズ。
× ダイヤルQ2 → 早とちりしました。もう少し慎重にしても、誰かが押してしまう・・・
○ 脚光を浴びる → 一種定番の問題。注目されます。
○ 京都に下る → 東京に上る、の逆。京都市民だけに!
○ 最高裁長官 → 直接任命は、三権の長。

< 教室代表決定戦 >

今度は5○3×の代表決定戦です。残るべくして残った方ばかり。とくに注意すべきはローリング1位のゆらさんですが、その他も無視できません。いい問題は落とさないため、難易度の変化に注意しつつ、やはり早めを意識しました。

展開ですが、早々に不正解も立て直しには成功。先に2人がリーチをかける厳しい展開も次の問題で追い付き、いい問題を引いて1位抜けできました。この教室、レベルの高い人がかなり多く、危険な場でしたが、最高の勝ち方なので一安心しています。これで4回連続、教室での勝ち抜け。

× マスキング → ハウリングと勘違い。注意して覚えなおさないと。
○ 文蔵高校 → あの漫画の舞台。外したくない問題。
○ 尾木直樹 → ある意味トピックの人。ママですが、れっきとした男性です。
○ メロヴィング朝 → フランク王国の初期の王朝。この種の問題は手の内。
○ 林修 → 山をはってました。いつ勝ち抜けるの、今でしょ!

2位はゆらさんでした。早かったし、引き出しもたくさん持ってました。正直、こういうタイプが一番苦手なのですよ・・・次はどんな方が相手なのか、けっこうビクビクしていました。

< 1回戦、6人で60問一本勝負! >

今回は6人で3つのイスを争います。その分、ひとりの解答権は増えます。勝ち抜けラインを、単純にこれまでの倍として、8問前後と予測・・・落ち着いて、あと不正解のときに早めに挽回できる問題を引けるかどうか。焦っての自滅は最悪、こんな感じで臨んでいます。

最初に2問正解も、次は不正解でリードを失い以後は2位争い。一時期順位が最下位近くまで落ちた中、拾える問題を拾ってなんとか9○3×で同率の2位でした。4問×を積むと失格なので、3つ目の×以降かなり押せなかったです。その分点数を損しました。最後はほかの方がお手付きして終了、1点差だったのでかなりツキはありました。薄氷・・・

同率の2位は、3大会連続でした。順位をジャンケンで決めましたが、負けて3位の勝ち抜けも3大会連続。何かの縁かもしれません。

× ヘルシンキ → 2番目に緯度が高い首都。分岐の見切り間違い。
○ 第1宇宙速度 → すーぱーそに子。おおよそ理系らしくない問題w
○ ハドル → 作戦会議。これを押せたのは大きい・・・
○ グリー → もとグリーメンとしては、間違えられない問題でした。
○ 樋口久子 → 殿堂入り、賞金女王、伝説の女子ゴルファー。

ここまでかなり危ない橋を渡っています。ひとつ間違えば、準々決勝はありませんでした。その点は良かったのですが・・・このラウンドは、もう少し余裕のある勝ちが可能でした。もう少し早く押せてたら、そしてしっかり見切っていたら・・・点数が増えてたし、良い順位での勝ち抜けでした。勝ち抜け順位も重要なのです。そのことを、次のラウンドで痛感することとなる・・・

とまあ、こんな感じでした。次は準々決勝とまとめです。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。