QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
10月ネクステ、例会ッ!
2013-10-28-Mon  CATEGORY: 日常
今回は、10月ネクステの例会など。

普通に夕方まで、早押し中心のクイズ三昧でした。これができる、今の幸せ・・・

大切にしつつ、とてもハッピーな時間でした、ハイ。

以下、今回のコンテンツッ!

< 早押王対策 >

7○3×の勝ち抜けを何回か、あとは25分のタイムチャレンジです。いずれにしても、慎重かつ大胆な押しが求められます。普通に押し負ける問題は相変わらず多いですが、拾える問題もいくつか増えてきたような気がします。問題は・・・明らかに負ける相手の存在。普通に1秒くらいは早いんですよねぇ・・・これをどのように縮めるかは、これからも課題にし続けると思います。

結果ですが、特定の方に対する押し負けと、ベタの鈍い反応。それ以外で何とかする、というのは以前からのことで。レベルアップの道は、長い・・・

○ 十津川村 ← 奈良県の南、でっかい村。
○ サイクロイド ← どういう曲線か、定義から。
○ シェーンブルン ← ウィーンの宮殿。
○ 西行 ← 俗名で一発。
○ カリフ ← ムハンマド以降、指導者。
○ サッカレー ← 虚栄の市、といえば。
○ 桂馬 ← 「三桂あって詰まぬことなし」といいます。
○ リューベック ← ハンザ同盟の中心。
○ ヘンリー7世 ← チューダー朝初代といえば。
× 回帰線 ← 定義から、しっかり覚えないと。
× トプカプ宮殿 ← メフメト2世だけで見切るのは危険。

< 魔王を倒せ! 勇者たちの戦い >

魔王を3つのチームに分かれ、それぞれがダメージを与えて討伐します。早押しで権利を取ったチームの、全員の正解数がダメージになりますが、どれだけ魔王にHPがあるかは不明。要するに、運がいいチームが勝ちますが・・・押してチームのメンバーがたくさん答えれば、その確率は高くなります。

なかなかに面白い企画でした・・・特に終盤、どのチームが「当たり」を引くかが肝で、白熱しています。皆さん眼の色が変わってましたねぇ。

○ 朱鷺 ← 学名で一発。
○ 平景清 ← 源平討魔伝!
○ キュリオシティ ← 火星探査。

< 複合企画・・・ボードとか早押しとか >

これは色々ありました。以下の4つを、チームで分担して答え、得点を競いました。

① ボード、ただし正解を漢字で書ければボーナス点。
② 早押し、ただし答えによってボーナスあり。
③ 四択、ただし難しいです。
④ 早押し、得点はさいころの出目で決まります。

早押しは押したい皆さんにお任せし、①と③を選んでいます。漢字は散々QMAのエフェクトとかで見てますから、その分答えやすい問題が多かったです。ここは無事1位、四択は知ってる問題が1つだけで、かなり悶絶させられました。

○ 霙 ← これで「みぞれ」です。
○ 紅娘 ← これで「てんとうむし」です。
× 指原莉乃 ← 松井女史と勘違い。ジャンケンの勝者を選んでどうする!

< 恒例、ネクステリーグ >

これも恒例、最初から上位リーグで、下位から勝ち上がりの皆さんを迎撃。今回はかなりレベルの高い方が来られたので、かなりテンション高かったです。いい具合で押せて1位抜け。結構久しぶりの1位抜け、ここは満足の出来でした。

○ タキトゥス ← ゲルマニア、といえば。
○ ムー大陸 ← 太平洋にあると、いわれています。
○ 浅井長政 ← 淀君の父親にあたる人物。濁らないと不正解。
○ ランブイエ ← 第1回サミット開催地。

今回も、前回に引き続き終わったらお食事会でした。しかも、前回と同じお店・・・美味しかったですよ〜たぶん、次も行きたくなるようなところでした。最後に・・・皆さまありがとうございました、再見!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(関西杯)対戦相手と戦う、その前に・・・
2013-10-15-Tue  CATEGORY: QMA
自分自身の体調を、しっかり管理しないといけません。今回はその時点でダメダメでしたorz

・・・さきの一週間、風邪で寝込んでダウン。ろくに復習できない中で本戦を迎えたわけで。実際にゲームをやっていない中、かなり急仕上げで不慣れな中、やっぱりというべきかエラーが普段より多くて。結果は1回戦2試合目で沈没でした。この点、とても残念ですが、総括だけはしておきたいです。

土曜日まで、療養しつつ仕事を少しずつ片づけてました。完治したのは、日曜日、つまり当日の朝。適当に過去問のおさらいだけやって現地へ。当然ですが、各地から皆さんが来場されていたわけで。関東からも当たり前のように来てますし、北は東北・南は九州の南の方から。本当にすごい大会になってしまったわけです。

当日予選は修羅場の連続でした。枠が限られていたので、1問差がとても重要・・・普通に強い人と、激戦を制する運に恵まれた人が本戦に進んでいます。そして本戦・・・どこも厳しい組で、逃げ場なし。それだけに、臨戦態勢が何より重要だったのです。

以下、自分が対戦した2回のまとめ。

第1試合 → 絶対の本命が1名、ということで4位さえなければ・・・しかし、手を抜けるほど楽な相手はもちろんいません。文多を使わざるを得ず、しかもそれでもギリギリ3位。一番ショックだったのは、その本命の方の、一番の札を使わせることができなかった事実。差があるのは当然としても、この「軽くあしらわれた」感は、ねぇ・・・道の長さを感じます。
そして第2試合 → 関西の上位者4人が、まさかの同組に。臨戦態勢が悪く、使いたかった札の手入れができないまま緊急事態に。ということで普通のスポタイを使うも当然あまり効かず、あとはズルズル後退する流れになっています。そろそろ、赤色に別の札を用意しないとですねぇ。

その後の対戦は面白いものが多く、見あきないものではあったのですが・・・プレ大会は最後までやっているので、残った時に何をするかは決めてましたが、これこそ真の「after the festival」でございます。

さて、大会終了後は飲み会・・・関西最大規模の飲み会、ということでいつもの「ももじろう」では足りません。何十人いたでしょうかねぇ。とにかく皆さんいい気分だったのはよく覚えてます。人の道を踏み外した方も、何人かいたような気がしましたが(ふふふ)。

今回は、その続きがありました。翌日ですが、遠征組の皆さんはほぼ1日フリーでした。京都居残りで夜帰られる方々のエスコートで、本能寺やら御所やら、いろいろ案内して回る一日でした。実は本能寺、今回が初めてです。京都市民は、逆に京都の観光地に行かないものなので・・・けっこう新鮮でした。御所は、特別公開がなければ市民の遊び場です。落ち着いた雰囲気が和む場所・・・皆さまもぜひ、という感じです。

色々ありましたし、反省しきりではありますが、楽しんで地元に戻られたのであれば、何も言うことはありません。関西ホストの、大きなグランプリ大会は無事終わり、次の戦いが始まっています。こちらも、それに向けた対策をしつつ、遠征準備に取り掛かっています。さて次はどこでお会いすることやら・・・

最後になりましたが、今回お会いした皆さまありがとうございました。また必ずや、別のどこかでお会いいたしましょうぞッ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。