QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
先週の週末っ!
2013-07-08-Mon  CATEGORY: QMA
先週の週末、つまり昨日までのことですが、いつも通りというべきかクイズ漬けでした。この週末を送れるようになった、というのがひそかに幸せだと思っています。5月のことを思えば、ねぇ。

< 土曜日 → 関シロー例会 >

関シローの例会でした。今回が、団体として200回目、ということでおめでとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。ちなみに、自分は今回で3回目の参加です。

さて、今回の企画は・・・昭和のいろいろな事件を振り返りつつ・・・さらに今年の前半を振り返る、というものでした。いろいろおもしろい問題があって、なかなかに楽しい時間でした。問題の中身が・・・妙なもので、事件やら事故やらが結構てんこもりだったりします。こういう意地悪なネタ、好きな人は好きですからねぇ・・・

だが、それがいい(力説っ!)。

今回は、自分が答えたものを中心に。

○ 触雷による沈没 → 戦後間もなくの船の、沈没の原因としてはけっこうあるはず。
○ 狩野川台風 → 年代と被害の大きかった地域で。台風はそれが覚えやすいです。
○ 枕崎台風 → 同上。戦後間もなくだからわかりやすいかも。
× 室戸台風 → 逆にこちらは忘れてました。年代でわかるようにしたい・・・
× ルース台風 → これもチェックする価値はありそう。
○ 余部鉄橋 → 強風による脱線事故・・・中学生のころの事故でした。
○ 友鶴事件 → 船が転覆する事件・・・日本海軍ネタなので拾いたい。
○ ヒンデンブルク号 → 飛行船の炎上事故・・・
○ 酒田市 → 最後の大火。見覚えがありました。
× チェリャビンスク → ノボシビルスクと混同。落ち着いて答えないと。
○ 62 → ジャンボのエイジシュート。
○ 27番ホーム → 新大阪で建設しています。

例会後は記念の飲み会。賢押その他、いろいろお話しできて良かったです。このサークルはまだまだ参加回数が少なく、これから同じ時間を積み重ねていくべき方がたくさんいらっしゃいます。この場を借りて・・・皆さまよろしくお願い申し上げます。

< 日曜 → 堅田QMA大会 >

久々に堅田入り。この日はとにかく暑く、列車から現地までの15分がかなりハードでした。この暑さがしばらく続く・・・嫌気がさします。今回は20人くらいの参加でしたが、皆さん練度の高い方なので、各対戦とても面白かったです。

ここのルールは・・・何本かくじを引いて、引いたジャンルは使えない縦横縛りです。この日は2本引いて臨みました。

以下、自分の対戦を軽く。

1回戦 → 3人全員がアニゲ投下、という意外な展開に。覚えていない問題がいくつかありましたが、自選択の○×で抜け出し1位。
2回戦 → 自分以外の2人が芸能、というかなりハードな展開に。1対2は厳しいですが、問題の引きに助けられて2位。狙われるのは勘弁なんですが。
準決勝 → ここも相当厳しいメンバーが残っていましたが、人の選択がこちらの助けになって1位。展開は相当良かったです。
決勝 → 前々から使いたかった社順を投下、しかし不発で2位でした。優勝者とは2問差、結構つらい展開です。

なんとか、全ラウンド300点は記録できましたが・・・久々に見た問題を普通に思いだせなくなっている点はショック。テコ入れが必要ですが。とにかく今の時間を大切にしたいと思います。

ここもいつも通り、大会後は近くのスーパーで食事して帰っています。こちらも関西で大きな動きがありますが、その前に次の日曜が賢央杯。そちらのために、精一杯あがこうと思います。

今は問題を整理するのが、大切なしごと。また明日から、しっかり問題を拾って頑張れるようにしたいです。

・・・最後に。この2日間お会いした皆さま、ありがとうございました。再見!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
賢押杯2013③ 引き出しは大切にしましょう
2013-07-02-Tue  CATEGORY: QMA
今回は別の意味でのまとめです。

まず・・・もうちょっと、自分自身について掘り下げてみます。

ローリング → 40人/11回 2位
代表決定戦 → 5○1× 1位
1回戦 → 9○3× 3位
準々決勝 → 7pts 敗退

ローリングは2位以内が多く、割と順調でした。ずいぶん素直な問題が多くて、早めに押して正解という流れで最後まで行けたのが大きいです。代表決定戦は先行されましたがすぐに追いつき、問題の引きに助けられて逆転1位。ここまでは申し分なかったです。直前対策はかなり良い結果で、あと山をはっていたところも出てくれたのでご機嫌ではありました。

逆に本戦から苦しくなってきます。せっかくリードしても不正解で後退、馬群の中で我慢を強いられた1回戦。押して間違い、ビハインドを背負ったまま問題を消化するだけに終わった準々決勝。予想していた問題は出ず、こちらが願望する展開は、最後まで期待できませんでした。正直、準々決勝の問題はかなり辛い内容でした。かなり緑色の成分が濃く、学問系が得意でない方に偏ったのも、当てが外れた感じです。

いくつか、今後に向けて必要なことを。

引き出しを増やすことと同時に、その内容を充実させるのが大切なように感じます。ひとつの解答に対するヒントの数は、結構たくさんあります。答えを引っ張り出すのに、特定のヒントばかり当てにしていても仕方ないわけで。知識のネットワークを強化する、という方向性が大切になってくると思います。

あとは・・・クイズ屋っぽい出題への対策、でしょうか。定番の出題や分野に対する備えが、もっと必要と思います。とある人物の意外なエピソードとか、本名とか、和名とか。こういうところがキラーヒントになる事柄が、今回かなり出ているように感じます。今後のことも考えて、そういう意識を持って問題を拾っていくのもいいかもしれません。それは、ネクステや関シローの場で、試してみたいと思います。

以下は・・・今回の出題に関する、ちょっとした書きなぐりです。いくつか、変わった部分があるように思います。あとは、定着した感じのするパターン、とか。

・ クイズ屋さんが好きそうな問題が、散見されました。上で少しだけ書いた「本名」「和名」などがキーワードになっている率が、妙に高いような。あと、例会などでよく聞く問題も、何問かありました。
・ アニゲでは、妙にレゲーが多いような。あと懐かしのアニメや特撮など、最近のもの以外にもスポットが当たっていました。思わずニヤリ。
・ スポーツは、野球やサッカー以外が、印象深かったです。難易度を高めようとすると、どうしてもそういう傾向になってしまうのでしょうねぇ。かと思うと、競馬はまるで見かけず、欲しかったアメフトの問題は1つだけ。辛いです・・・
・ 理系は、地学関連が妙に薄かったです。第一宇宙速度以外、答えた記憶がない・・・生物が猛威をふるう展開。本格的に、対策とかしないといけませんねぇ。
・ フランス文学が、妙に敷居が高いような。頻出なのでしょうねぇ。過去、フランス文学の問題はへこまされることが多く、これも対策を考えないといけません。
・ 軍事関連の萌問は引かず。これまで1問は来てたのですが・・・第2次大戦ネタとか、ひそかに待っていましたが。残念っ!
・ 時事は結構薄めでした。林先生はさすがに出てましたが。他のジャンルとか、結構山はってましたが、少なかったので結構当てが外れた気がします。

色々なところで、皆さんがこの大会など、まとめておられます。時間があればしっかり見たいと思います。思わぬ発見があるかも。ひとまず・・・今回お会いした皆さまありがとうございました。良い運営、そして良い対戦、深く感謝です。またお会いできますようにっ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
賢押杯2013② 正直、スマんかった・・・
2013-07-01-Mon  CATEGORY: QMA
今日は、準々決勝のおはなしを。

なんとか無事、ここまで残ることができました。しかし・・・3位での勝ち抜けなので、あとの5名中4名はかなり手ごわい人、という単純計算になります。以前は3位抜けなら悪くはない結果なのですが、今年はかなり大変なことになっています。実際そういうメンバーだったわけで。

メンバーの中に、今回の優勝者「しんほむら」さんが居ました。その他も侮れない人ばかり。2着狙い、という考えが漠然と思い浮かび、その難しさに口にこそ出しませんでしたが、結構1回戦の立ち回りを後悔していました。

以下、自分の解答を。

○ パックランド → 押し負けて1点止まり。いきなり核心のヒントがくるあたりが憎たらしい。
× 張ウ → 最後まで聞けばわかりましたが、ギャンブル大失敗。井山との2択を外しました。押して不正解なので、3点マイナス。
○ 棚橋弘至 → こちらは蝶野との2択を通しました。もちろん押せない問題なので1点。
× 渡瀬庄三郎 → 「庄」の一文字が思い出せず不正解。
○ ブランデンブルク門 → こちらは無事押し勝ちました。なんとか3点プラス。
○ エトピリカ → 和名から導くのは無理。押せなかったので1点。
○ アイアンマン → 正体でわかりますが、これでは単独正解は無理。押して3点。
○ 安倍晋太郎 → 問題文から父親の方とイメージ、なんとか1点。

順番が多少違いますがご容赦を。とにかく抜け出せる問題にならず、7点で敗退となりました。3分の1しか抜けられないので、ここはかなり問題の引きに依存でしたが・・・15問の中で引きたかった(というより、差をつけられる)問題は最後まで来ませんでした。

手短に、個人的な感想です。

「辛いです・・・」(某野球選手にあやかり)

残念ながら、ワタクシの今回の冒険はここまで、以後観戦モードでした。一度座ってみると、準決勝のあの場所、とても魅力的なんですよねぇ・・・また戻りたいですが、そのためにはもっともっと積まなければいけないものがあります。ええ、それはもう。

大会自体は、とても楽しいものでした。色々教訓もありまして、たくさんお土産を持って帰っています。これからしっかり時間をかけて、教訓を自らのものとしつつ、次に備えようと思います。大会終了後は、いつも通りみんなで飲み会。賢○で2回来ているお店なので、かなり「勝手を知った他人の家」だったりしますが。色々お話しできて良かったです。

残念だったのは、自分が知っていて応援している皆さんが、大体しょっぱい結果になっていること。これはなんとも言えません・・・ネクステのみなさんとか、かなりやる気があったのですが。せめて、もうひとつ勝ち抜いて、努力と結束の証を示したかったですが。ということで・・・今回の総括は、こんなところです。

「正直、スマんかった」

ちなみに、今回はベスト8になったら出囃子を用意していました。また次に、持ち越しにしておきましょう・・・そう思うと、去年のうちに出来なかったこと、いろいろありそうですねぇ。

次は、今回の本格的なまとめなど。色々、変わったような気がしますので。少しだけまじめに考察しようと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/07 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。