QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
関シロー、初参戦です
2013-03-22-Fri  CATEGORY: 日常
今回は、関シロー初参戦の巻です。

関西素人クイズサークル「関シロー」

実は、今回が初参加でした。いろいろありまして・・・ちなみに感想ですが、かなりハイレベルで、押していてとてもやりがいを感じました。今後結構忙しいのですが、参加を続けようと思います。社会人中心ですが、実力者ぞろいで侮れない方ばかりです。

さて、今回のまとめなど。長めですが・・・

< ローリング早抜けクイズ >

2問正解で勝ち抜け、しかしお手付きで失格です。勝ち抜け2回でクリア、1回勝ち抜けるごとに次のラウンドの参加権がもらえます。相手次第でしたが、無事2回勝ち抜けています。お手付きもあったので結構難しいのですが・・・補正すればもっといいところまで行けるかもです。

< 変則7○3× >

5人1組の早押しクイズ、7問正解で勝ち抜け、ただしお手付き3回で失格です。さきのラウンドを勝てなかった人も、同時に参加・・・こちらは5○2×でした。1回目は問題の波長が合わず2○3×、しかし2回目に奮起して1位抜けでした。出来不出来が激しい・・・

< 選択式ジャンル別クイズ >

持ち点を賭けての早押しクイズです。出ない選択もありましたが、ひとつはやっておきたかったので「市区町村」を選ぶもこれが裏目。こちらの想像のななめ上をいく出題に×を積み重ねて失格・・・おのれ、○ル○ギ○ンさえあれば!

ちなみに、この選択ミスがたたって準決勝以降を観戦モードで過ごすこととなりました。やっぱり押しているのが一番なのですが、そういう時はしっかり勉強です。何問か面白い出題があったので、今後のためにデータ化しておこうと思います。

以下、実際の出題と正誤。

○ 桜花賞 ← 1000ギニーを模範にしています。
○ 公武合体論 ← 幕末ネタ、いかに正解をイメージするか。
× スカイフォール ← 007シリーズは、把握しておく必要があるかも。
× 神代桜 ← QMAでは、社会で頻出。
○ エトナ山 ← シチリア島の火山はこっち。
○ キチンの波 ← 短期の景気循環。
○ 鵜の真似する烏 ← 2つの鳥さんが出てくる言い回し。
○ 木曽義仲 ← 「旭将軍」といえば!
○ 有馬温泉 ← 神戸にある有名な温泉場。
○ バス海峡 ← オーストラリアの地理。地図が思い浮かべばなお良し。
○ 兵庫県 ← こうのとり空港はこっち。
× フランソワ ← ミッテランとオランド、両方に共通する「ファーストネーム」!
○ 岩木山 ← 津軽富士、力士の名前にもあります。
○ コナクリ ← ギニアの首都。
○ 金田一一 ← 実写版の配役で思いつくかどうか。
○ フェニックス ← 不死鳥ではなく、宮崎県の木。
○ 異邦人 ← カミュ、カミュ!
○ 黙字 ← 実際には発音されない単語の活字部分。
○ スペード ← キングのモデルがダビデ、はニチアサ教団員の必須知識。

課題・・・問題の波長が合わない時に、どうふるまうか。答えない、が一番というのはなんとも認めがたいです。そういうときにどれだけ「慎重かつ大胆に」できるかは、今後もしっかり鍛えないといけないと思っています。

最後になりましたが、今後ともよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
(TPP)皆の生活にとって、極めて危険な決断
2013-03-17-Sun  CATEGORY: 医療崩壊
多少遅れましたが、重要だと思うことなので愚考するところを書きました。何らかの参考にしていただければと思います。早速、本題に入ります。

TPPについて今回首相が参加を決断しましたが、この決断は極めて危険だと考えています。関税の撤廃を恐れる側の強烈な抵抗により、次の参院選で与党が勝てなくなる、などという軽い理由ではありません。TPPは今後の、特に持たざる者の生活に、悪影響を及ぼす可能性が大きいです。これは今後、主に持たざる者にとって重要な争点になると考えられます。以下、思うところを書きます。

TPPで問題になる障壁は、何も関税に限りません。この国の社会制度の根幹ですら「障壁」と見なされれば撤廃の圧力がかかるのは容易に想像できます。その圧力に対して脆弱でない政治勢力が果たしてどの程度存在するか・・・よく見ている有権者なら、その答えが「不在」であることを理解しているはずです(外圧と財界のカネに対して抵抗できる政治勢力が、果たしてどの程度存在するのか、という意味で)。

ここで問題にしたいのは「医療制度」、なかんずく公的医療保険制度です。本来的に、医療は高くつきます。お手ごろな価格で医療を受けられるのは、健康保険が機能しているからです。だからこそ、医師にかかる際には保険証の携帯が「絶対に不可欠」なのです。

折角なので、調べてみてください。「ジョンQ」「シッコ」で検索してみれば、医療保険制度の欠落がどれほど深刻な問題を引き起こしうるか、理解できると思います。アメリカは公的な医療保険制度が欠けており、その結果患者は保険会社に保険料を支払わなければ満足に医療を受けられなくなる可能性があります。技術は優れているのでしょうが、その医療技術の恩恵に与れるのは、金がある者だけなのです(アメリカでは、個人破産の半数が高額な医療費によるものです。この暗部が見えている人は、意外に少ないのではと疑っています)。

外資にとって、現在の医療保険制度は「障壁」以外の何物でもありません。またこの国の政治及び行政は、医療保険制度の維持に消極的です。そのことは、過去何回かの診療報酬改定が、十分な形で行われなかったこと(引き下げか、あるいは形だけの「引き上げ」でお茶を濁した)で説明可能と思います。外圧を制度解体のきっかけにする可能性すら、ありえないこととは言い切れません。

財界の人間がTPPに賛成なのは、それほど難しい理由ではありません。自分たちは損をしないと思っているから・・・しかし、それは「将来医療制度が破壊されても、金を出して医療を受けられる」人間だけです。そうでない「持たざる者」は、医療から疎外される未来も十分ありうることを、覚悟しなければなりません。「高度医療を受けたければ、家を売ってでも」とくちばしった財界人も、この国にはいるのです。果たして、そのような覚悟が、並の財力の持ち主に出来るか?

そこまで考えて、TPPについては是非の意見を形成する必要があるかと思います。その上でいくつか付け加えます・・・今後この件に関して報道が多くなるでしょうが、関税「のみ」をクローズアップするのは危険です。それ以外の障壁(今回とり上げた論点も含め)が軽く見られないよう、各社の報道姿勢についてはよくチェックする必要があるかと思います。

あともうひとつ・・・これは、次の選挙ではもちろん、その後についても重要な争点となるべきです。今回の総選挙において、TPPへの反対を掲げて当選した議員は少なからず今の与党に存在しています。今回首相はこのような決断をしたのだから、いずれ有権者に対して理由も、将来生じる好ましからざる影響も含めて全て説明する必要があります。その内容について、偽りは許されません。各候補者の態度についても、しっかり吟味する必要があるでしょう(もっとも、TPPに明確な反対の意志を表明する党派が、どの程度その存在するかは疑問ですが)。

TPPへの参加が有権者の不利益であることが、将来目に見える形で明らかになった場合・・・たとえば、将来これまでの価格で医療を受けられなくなり、医療費が原因で破産する人が続出するといった事態が引き起こされたとき・・・「騙された」と判断した有権者の怒りは、確実に今回の決断をした本人とその関係者に及びます。その点でも、これは見逃せない争点であることを、最後に付け加えます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(3回目の浜押会)押し事は、継続が大切
2013-03-04-Mon  CATEGORY: 日常
表題ですが、3月3日はひな祭りではなく、浜押会でした。押し事もそうなのですが、続けてやっていると必ず功徳がある・・・のかも、しれません。

今回ですが、いつも通り浜大津の公民館で早押しクイズの例会。オンラインの皆さんなので、普通に青い部分も良くご存じ。普通の早押しサークルは青色が薄い傾向にあるので、かえって新鮮に感じたものです。まあ、ワタクシも同じく、青い部分は相応にあるのですが。

今回は自作の問題も少しですが持ってきました。早押し連想系でつくってますが、なかなかに評価は良かったようで。なので、難易度をしっかり調整して続けて作成しようと思います。ネクステ例会で披露できる日も、遠くはないかもしれません。

今回の企画などは、以下の通りです。

< ボブ様企画 → あまのじゃく多答+鬼さんこちら! >

あまのじゃく多答です。かぶらなければボーナス点ですが、鬼になる解答者と同じ答えだった場合点数は没収され、鬼が総取りします。一つだけよく知られている答え、しかしそれ以外思いつかないといった感じの問題だった場合、鬼の総取りがありえます。なかなかに面白い企画でした。

○ カット ← ダイヤの4Cのひとつ。
○ ウィーズ先生 ← アカデミー生徒なら、誰でも知ってますが、かぶるかどうかがキモ。
○ ギアラ ← 牛の胃は4つですが、これもかぶるかどうか。
○ スティルインラブ ← 牝馬三冠。競馬は差がつくのですよ、ええ。

< 本戦 → 7○3×を4ラウンド >

まずは予選ラウンド。ペーパーテストをこなし、上のボブ様企画ののちに本戦でした。ペーパーは素直な問題が多く、一問の勘違いが順位を大きく変えます。割と答えやすい問題が多くて1位ですが、むしろここからが本番のつもりでした。4ラウンド全部で成績は1着と2着が2回ずつ。割と良かったのではないかと思います。あんあん的出題は罠が多いので、落ち着いて「捨てる」ことも意識しています。

○ フランス ← プロストの出身。
○ 蜘蛛の糸 ← 書き出しから。これは反応の差ではないかと。
○ 偕老同穴 ← 仲良い夫婦のたとえ。
○ フィラデルフィア ← 1776年といえば!
× ビクトリア州 ← メルボルンはこっち!
○ 井上ひさし ← 「吉里吉里人」でわかります。
○ 1950年 ← 2リーグになったのは?
○ 酸素 ← クラーク数の一番め。おっしゃられて(ry)!
○ ピレトリン ← 除虫菊の成分。
○ タケノコ医者 ← やぶにもなれない、ということで。
○ マウイ島 ← ハワイ諸島で2番目の大きさ。冷静に、頭の地図を広げて。
○ 日大 ← フェニックス。東の雄です。
○ キオ ← ガンダムAGE、3代目!

< 逆転ラウンド → !!! >

毎度おなじみ逆転ラウンドは、前回と同じ。アンサー協会員の有名人が、そのまま答えになります。今回は、はたして誰が出題されるか・・・あさっての方向だったので、自分の出る幕はなかったです。1問惜しかったのですが・・・思いつかなかったのは不覚ッ!

○ ハジ ← ルーマニアのエースでした。
(押せず) クールボー ← タイガースの助っ人なのですが。なぜ押せない?

< 本戦決勝 → 10○4× >

ここまでは、過去2回とも進んでいます。そして2回とも、失格だったわけで。問題の傾向から考えて、チャージできる回数は3回どころかもっと少ないと考え、かなり手堅くいっています。結果はそれが正解で、順調に○を積み重ね、×1回のまま初優勝を決めています。焦るといいことはないのですが、今回の収穫はリードした時の店じまいのしかた。相手との差を冷静に見て、落ち着いてやれればかなり大きいと思っています。

○ トラックマン ← 馬関連用語。予想には欠かせません。
○ ミルクちゃん ← チキチキマシンの紅一点。途中で思いつくか。

今回は終了後、皆さんとお食事会。この機会に賢押杯の本戦とネクステの例会、しっかり宣伝させていただきました。東京まで行くのは大変ですが、面白いイベントなのは間違いありません。あと今回来られた方は大体有資格者なので、出てこられれば面白いのではないかと思います。クイズ屋さんはいろいろいい引き出しがあって、それを見せ合って美味しいものを食べるというのは、かなりぜいたくなひと晩でした。

最後になりましたが、皆さまありがとうございました。次も面白い問題などお土産に持ってまいります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(ネクステ2月例会)少しは改善できたか?
2013-03-02-Sat  CATEGORY: 日常
今回もネクステ例会に行ってまいりました。月最低1回の早押しボタン、は鈍らないための重要な要件です。無事こなせてよかったです。特に今回ですが、前回のネクステリーグは3×を積んでしまったので、これをやらないことが課題でした。以下、こんな感じです。

< 午前 → 変化球の多い早押しクイズ、など >

今回はかなり変化球が多かったです。つまり、しっかり考えて答えないといけませんし、そもそも答えが結構変だったりします。普通のクイズのつもりで答えるとバカを見ます。こういうのは苦手・・・なので、無理と判断したら押さないくらいのつもりでした。こういうのに限って強い方もいます。クイズの出来不出来は、波長が合うのかにも依存します。

(例題) 「甘い」「丸い」「大きい」「うまい」・・・ → 「あまおう」ではなく、これらは全て「形容詞」だという出題。実にいい意味で、憎たらしい問題の出し方です。

結果は最後で帳尻があって3位。といっても、上の皆さんのお手つきでしたが。まあ、このラウンドはこういうことです・・・「わけがわからないよ!」

○ 菊花賞 → 牡馬クラシック3冠の、最後のひとつ。
○ リトアニア → バルト3国の、最後のひとつ。
○ デビルイヤーは地獄耳 → 「デビルアローは超音波」の次。
○ 試合終了ですよ? → 「諦めたら・・・」の次。
○ 社畜 → 「家畜」ではなく、会社の犬といえば。この分岐は割と素直。

< 午後① → ネクステリーグ >

今回の目標は、5点以上を積むこと。賢押杯本戦1回戦と同じ60問、かつ3×も共通しています。過去の経験から5点あれば大丈夫なので、何とか5点まで積むことと、あとお手つきを抑えること。どのタイミングで押せばいいか、再確認の場でした。

理系の問題で若い皆さんに持ってかれたのは課題・・・出来るだけ早く見切れるように、いろいろ覚えておく必要があります。その一方、地理はほぼ完全に押さえることが出来ました。6○1×で4位・・・これならまあ、合格点は出せそうです。

○ サントドミンゴ → ドミニカ共和国の首都。語源からわかればカッコイイ。
○ バベルマンデブ海峡 → 紅海の入り口といえば。
○ テグシガルパ → ホンジュラスの首都。語源から(ry)。言い間違い注意。
○ 東灘区 → 六甲アイランドがあるのは、こっちです。

< 午後② → ペーパー×3 >

テーマは3つ・・・とある文章の校正(を実際にやってみよう!)、アニメ関連のペーパー、もうひとつは漢字の読みに関するものです。

文章の校正ですが、安倍首相の所信表明演説について、誤植60個を見つけ、修正するというもの。目を皿にして、何回も文章を追っていくと少しずつ見つかります。しかしいくつか見落としが。あとは判断の間違い。結局57/60でした。漢字の知識と、あとは集中力が鍵です。

× iPS細胞 → 最初の「i」は小文字です!
× 気概 → 「概」はきへんである点に注意!

オンラインクイズ「ゲーマー」の端くれなので、そういう問題はある程度知ってないと勝負になりません。というわけで、今でもいろいろな形で情報は集めています。意外に懐かしアニメの問題が多く、ここで差がついたのではないかと思います。32/45なら、合格点は出せそうです。ただし、ポケモンとか、見てない部分の弱さは課題だと思いました。

× コバルト → アトムのお兄さん。よく見かける問題なのですが・・・
○ 暁美ほむら → あのアニメ、最初の衝撃のシーン!
○ 「ドキドキ!」プリキュア → 日朝(にちあさ)教団員としては、絶対に落とせないッ!

漢字についてですが、一応漢検の2級は持っています。熟語に関連した訓読みくらいは、出来るつもりなのですが・・・一部二択まで絞って間違ったものがあります。こういうのも注意ですねぇ・・・QMAやあんあんで、普通に出題されるようなものもあります。ここは20/25でした。

○ 「かぞ」える → 「算える」・・・計算、という言葉の意味から。
× 「もう」す → 「白す」・・・関白の「白」なので、この読み。
○ 「わるがしこ」い → 「獪い」・・・ある意味定番。

この日ですが、終わったあとで近くの飲み屋に。いろいろお話など聞かせていただいています。賢央杯(名古屋、QMA)の裏では早押しクイズの大会(冬の陣)もあるわけで・・・両方出たかったのですが、まあ仕方ありません。次に日程が合えばと思います。

また次も、課題を設定しつつ、楽しめればと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/03 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。