QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(賢央トライアル)ゲームの「虎」は、今回も強かった
2012-01-29-Sun  CATEGORY: QMA
久しぶりの日記になりますが、普通に生きてます。ただし寒いので体調も良くないことがあり、今日も何とか現地には到着できる程度の体力と気力がありました。ちょっと眠たいので、今日は早めに帰還しましたが・・・賢央関係でトライアルはあといくつか叩く予定があります。皆様どうかよしなに。

さて、今回はゲームの虎にて行われた、トライアルのおはなしです。今日は9時家を出て、現地に向かっています。京都の家から現地は、大体2時間弱。到着後大会スタッフの皆さんとお話して、必死に最後のあがき。最近家にこもりがちで、最後の2択を落とすケースがかなり多いです。修正されないまま、本番に突入でした。

ここのルールは、本戦に準じます。2位以下は順位に応じてダメージ。その多寡と惜敗率で、勝ち抜けの順位が決まります。1位を続けてないと、途中で脱落の危機が付きまといます。そうでなかった場合、時によっては1位抜けが必須・・・そのボーダーラインなど、本番に備えて測っておきたかったのが、今回出走した最大の理由でした。

今回は19名参加、2回戦までは全員、3回戦は16名、準決勝は8名、準決勝は1位の2人とダメージが少ない人2人。とにかく、出来る限り1位抜けを目指してのチャレンジとなっています。まずは、3回戦まで。

1回戦 → 形式は3回戦まで、3つを選択することができます。重ねてもいいのですが、今回は腕試しもあり「社会多答」「文系多答」「文系順当」の3つにしています。ここでは社会多答でしたが・・・にゃんこ先生が強かった。芸並で未見の問題があり1問差をつけられ、そのままゴールインとなっています。惜敗率は良い数字でしたが、2位なのでダメージ1です。
2回戦 → 残ったのは文系の2つですが、十分有効な相手だったのでまずは多答を使っています。1セット目が歴史、ということでかなり有難かったです。しかもここで大差がつく展開。あとは無事こなして1位でした。ここまでダメージは1、まあ十分合格点だと思います。
3回戦 → 使えるのは文順だけ。何とか差をつけたいのですが、こういう時に限って差のつく問題が来ません。またしても(!)にゃんこ先生のスポ並が大爆発、ここで1位はあきらめました。なんとか粘って2位も、2問差。愛知の掟に従って・・・汚い、さすが並び替え汚いッ!

無事、準決勝までは進みました。しかしここまでで2位が2回なのでダメージは2。組み合わせで自分よりダメージが少ない人(この時点で3名)は、すべて別の組。対戦結果はその3名が上位3人で、ダメージによる勝ち抜けのラインは2。つまり、こういうことです。

決勝に残るには、勝つしかない・・・!

勝てないとダメージが増えるので、この時点で脱落。この展開、危険な人が固まっているから別の組は楽、ということは全くありません。そう思うと、とてもいいルールのように感じます。とにかく、最大限の緊張感を持って対戦しています。

準決勝 → ルールは「自由形式を使うこと」。現時点では、文系×3(多・順・歴史)以外がありません。幸い、これが一番有効な相手でした。自選択で無事リードを奪い、他の3セットも何とか無難にこなしました。2問差で1位抜け、本当にこの瞬間は安堵しました。

そして決勝・・・残ったのはにゃんこ先生、むらくもりんさん、さのうかいかさんです。いずれも万夫不当、しかも相性の悪い人ばかり。さぁどうする?

決勝 → 迷っても仕方ありません。準決勝と同じ選択で、運を天に任せています。1セット目はにゃんこ先生の社並、これはサービス問題で差がつかず。しかし2セット目、むらくもりんさんのライフスタイルが、厳しい問題でした。ここで2問間違え、後退。次が芸連、勘違いでさらに後退。最後の自選択は覚え間違いがあって差を詰め損ね、3位で終了しました。

最後の2択を落とす、が多いので結果はこんなものかも。ただ、この大会はまだトライアルがたくさんありますし、修正の余地はまだ十分にあると思います。まだ1カ月・・・活かせれば、少しは可能性が出てくるかもしれません。とにかく、時間をつくって復習です。

なお、優勝はにゃんこ先生・・・戦う司会者、圧倒的な勝ちっぷりでした。おめでとうございます・・・ただし一言だけ。頼むから、手加減してくださいorz

それにしても、くま8シーズンも終わりが近いのに、皆さんのやる気があるのには、驚かされます。こちらも、このまま一敗地にまみれるのは・・・さすがに、ねぇ。まだまだ、頑張りますよ!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(賢押・その他)おまけのお話
2012-01-12-Thu  CATEGORY: QMA
今回は、おまけなどいろいろ。

関東に遠征する時は、大体新幹線です。今回はひかりを使いましたが、途中富士山を見ようとすると・・・山頂に雲がかかっていて邪魔でした。箱根を越したあたりから、見えるようになりました。ちなみに、グリーン車でした。EX予約の特典は、かくも偉大なのですッ!

前日の夜、京都の皆さんと食べたのは・・・鶏肉です。しかも焼き鳥。最近、こういう会合では、鳥さんの確率が高いです。だからといって、スポーツがいきなりできるようにはなりません(当然)。

本番のおはなしですが、皆さん会心の一答が多くて見ごたえがありました。個人的な所感ですが、やけに青色のそれが多いように。いきなり「ショタコン」が出てくるとか(!)。青色の対策は、今後のことも思えばやはり不可欠ですねぇ。

今度は反省の弁を・・・教室ローリング前に、忘れ物に気づきました。いろいろな物を入れたクリアファイルですが、仕方ないのでないまま本戦勝ち進んでいます。手書きの名札だったのは、そういう理由でした。皆様お騒がせいたしました(汗)。

更に重大な事実・・・「なくした」クリアファイルですが、大会終了後自分のキャリーの外に挟んでいたのを発見(!)。一日これに気付かず、時間を過ごしていたわけで。重ねて、皆様お騒がせいたしました(大汗)。

月曜日は一社大会でした。行きがけの駄賃、といった感じですが結果は準決勝。かなり睡眠時間が短く、集中力が低かったです。とはいえ、賢央トライアルは始まったばかり。いくらでも挽回できる・・・それを信じたいと思います。

名古屋のはやりは、やっぱり「○○きたない」でした。大会後のエキシで、自分もいくつか打ってみました。「げいたいきたない」・・・郷に入りては、ということで。出来れば、本番これをやらずに済ませたいですねぇ。

・・・こんな感じでした。次、関東まで行く機会はいつになることでしょうか。皆様再見!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(賢押・後半)待ち受けるは越え難き壁
2012-01-11-Wed  CATEGORY: QMA
ずっと前からの目標でした・・・この大会で準決勝まで残った人は、ホールで早押しができます。満座の歓声に迎えられ、堂々と登壇するこれまでの準決勝進出者の皆さんを、以前から羨ましいと思い、かつ自分自身もその栄誉に与りたいと考えていました。

それと同時に、ここから先の難易度が、それ以前と比べて明確に異なっていることも知っています。ここまで来ることは、対策とその人の力量次第で十分可能です。しかし「ここを勝つこと」は、それだけでは不足です。よほど早押し用の対策をしておかないと、まずついていけません。

ただそれでも、これまではその事実を観客席で確認するだけでした。今回は実際に対戦して、実際に「差」を感じ取ることができたわけで。それは何よりの収穫と思います。時間がかかる作業ですが、もしそのめどが立ったら・・・チャレンジするのもよいかと思っています。

ということで、今回は準決勝のおはなしです。

< 準決勝 >

いよいよ来ました。登壇の順番ですが、くじ引きです。5番だったので結構有難いと思いました。どちらで対戦するか、ある程度相手が選べるという考えでした。まあ、ここまで来て相手を選ぶというものでもありませんが。

こちらの考えですが、単純です。馬阿蘇さんは絶対回避。教室ラウンドでの試合ぶりを見てましたが、通常ではありえない段階で押して、そこでしっかり正解を拾っておられました。これができる人に勝つのは、本当に大変です。他の人も難敵ばかりですが、ひとつ抜けてるように思いました。

入場ですが・・・ハプニングです。名前を呼ばれる順番が間違っていました。これには苦笑ですが、かえって気が楽になりました。失礼な話ですが、ここを「勝つこと」までは、目算になかったです。今出来る範囲で、粘るだけ粘るという考えで、本番はチャンレンジしました。

まず第1試合・・・自分は第2試合を選んだので、会場の左上隅で観戦です。予想通りというべきか、馬阿蘇さんが強かったです。もしあの場で解答していたとして、3つか4つまでが限界でした。難易度は、明確に上昇しています・・・都合のいい問題が、どれだけ来るか。そんな感じでした。

そして、第2試合です。

(○)ソトマヨル → 走り高跳びの世界記録といえば。何とか正解できてよかったです。
(×)熊谷二郎 → 押すのが早すぎました。平家側から離反した人は、確かに沢山います。勝手読みのミスです。
(×)プラニメーター → 完全な勘違い。前回準々決勝でしでかした過ちが、ここで出てしまいました。もう後がないッ!
(○)バルログ → 爪で「ヒョー!」の人。昔散々フライングバルセロナアタック使ってたので落とせません。
(○)テヌート → あんあん的には、勘違いが嫌で押せない問題。皆さん押せなかったので、ここで答えて最後に1点だけ返しています。

何問かもったいないことをしています。「繁分数」は押すべき問題でしたし、最後の「NGC星表」は×が2つでなければ押した可能性があります。万が一勝つつもりであれば、×を2つにするまでにどれだけ正解するかが鍵でした。結構、もったいないことをしたのかもしれません。

ここを勝たれたのは「ミイラの呪い」さんです。同じ関西勢ということで、とても嬉しいことです。決勝も相当粘っておられたのですが、相手が馬阿蘇さんということで、かなり分が悪いと思いました。自信満々で「最後の1ピースは自分!」と宣言され、その通りに勝たれたところはお見事でした。お手本とすべき解答者の、模範例を見たような気がしました。

その後ですが、片づけの後飲み会へ。昨年以上に、お世話になった方が多くて。一通り挨拶しに行くのも大変でした。ただ、この場を逃すと滅多に会えない方が多いので。ノーサイド、ただし不思議ワールド化した空間を縫うように、各地で歓談などしていました。

賢押自体は、ここで終了ですが・・・翌日の休みは一社で賢央トライアルを叩いてきました。寄り道もしましたが、無事帰還、今に至ります。お会いした皆様、本当にありがとうございました。また次の闘いが始まっています・・・しっかり調整して、まずはコロシアムに選手として立てるよう努力したいと思います。その日まで、再見!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(賢押・前半)ブラウン博士のおかげです
2012-01-10-Tue  CATEGORY: QMA
今回の遠征ですが、いろんな意味で波乱万丈でした。苦労も多かったのですが、長らくの目標を達成できた点でハッピーでした。今後の励みになると思っています。

まず、1日目・・・恒例の、前日フリーバッティングです。これは上位に進出しようと思えば、やっておく必要があると思っています。過去もそうだったのですが、今回もここで出題された問題は、一定割合で本番でも出題されています。見ておくこと、聞いておくことが命綱になるというのは、間違いないことでした。

ここでは、すっかりおなじみになったアカデミー生徒及びアンサー協会員の皆様と、新年の挨拶アンド押し初め。確認したのは、個人的に対策していた部分がどれだけ出題の対象になっているか。数問同じものがありましたが、ここはしっかりチェックして翌日につなげることができました。徒労も結構ありますが、一問肝心なところで出てくれて大きな助けになっています。

夜は同じ京都の皆さんとお食事、10時前に解散して宿に戻りました。最後の悪あがきで、いくつかの単語をチェック。特定の人名や事象について、関連するヒントを用意しておくという方法は、たぶん定番だと思っています。この日は珍しく、早めに眠たくなり、割とゆっくり寝ることができました。

そして本番の日・・・朝8時半までは、いつもどおりチェックしました。現地着は9時過ぎ。一番近くの宿にしたので、移動は問題ありません。到着したら早々に受付を済ませ、いろいろ準備して本番に臨んでいます。以降、まとめです。

< 70問ペーパー >

昨年度よりは、難易度が高めと思っています。相応に拾えますが、ジャンルによっては早い段階で空白が増えていきました。前回ほど成績に自信がなかったため、教室で勝つ以外にないと思いました。意外に理系がとっつきやすく、文系は結構苦労しました。

< 予選ローリング >

メンバーですが、まほうよわいさん・XANAXさんが要注意人物。他の方も、侮れないと判断していました。11回チャレンジしていますが、最初の1回目でいきなり0点と、最悪の滑り出し。途中挽回して何とか上位に食い込むも、8・9回目で連続の無回答。ここで踏みとどまり最後はしっかり答えて、無事3位で代表決定戦に。

なお今回ですが、暫定首位は1度しか取っていません。終始トップだったのはユリさんですが、実に落ち着いて正解を重ねていました。あと、青い問題で強かったJAMさんなど、見所はいろいろあったと思います。

ここでの解答は、こんな感じです。覚えている範囲で(以下、同じように書きます)。

(○)101回目のプロポーズ → 当初構想が意外でした。ヒントが多くて助かりました。
(○)広島県 → 自治体に関する分岐問題。3つ目まで聞く必要がある問題でした。
(○)リッチモンド → 州の名前と、南北戦争関連の地名となれば、考えれば正解はできます。
(○)仮面ライダークウガ → リント文字、がキラーヒントです。
(○)明日菜 → 登場人物の下の名前。ネギまのヒロインで、ようやく判明。

< 教室代表決定戦 >

前段階のローリングで波乱が多く、順位の変動が激しかったです。要注意と判断していた両名がこの段階で生き残れず、残った方も油断できないという気持ちはありました。ただ、引き出しは多くしてこの場に臨んでいるので、何とかなるという心の余裕は持てました。最初を連続で取れて、一気に楽に。あとの方が不正解で押せなくなる中、こちらは一歩先んじて押すことができ、無事首席で勝ち抜けました。

そのあとですが、次席はユリさん。しっかり正解を重ねて、見事勝ち抜けを果たしています。ややこしい問題が多くて×が多くなる中、いい勝ち方だったと思います。

(○)カサブランカ → モロッコ最大の都市といえば、ここです。
(○)アラン・スミシー → わけありの監督名義といえば。芸並で何度も見ました。
(○)ワルツ → いろいろなヒット曲に関連する単語。先行できてよかったです。
(○)渡辺明 → 竜王で一番よく知っている人。天下一将棋会でもおなじみです。

< 1回戦 >

ここのポイントは、落ち着いて正解を積むこと。問題数は決まっているので、あわてても意味ありません。ただし、進行ペースが早いため慣れないと焦ります。ビハインドは厳禁で、わかる問題は必ず取ること。5ポイントなら安全と考えて、先行策を考えました。メンバーですが、サッカー使いが妙に多かったです。この時点で、スポーツは期待薄。あとEinさんがおられたので、地歴が競合になると厄介だと思っていました。

実際の流れですが、早めにポイントを積み上げられたので余裕がありました。一度分岐を見切れず不正解しましたが、すぐ取り戻せたので安堵しました。5ポイントまで積んだ時点でもう大丈夫だろうと思い、あとは皆さんの解答を見て60問終了を待ちました。同点で2位、じゃんけんで3位通過となりました。

なお、こちらの教室は5位をプレーオフで決めました。ドラゴンバスターの主人公、でしっかり見切ったさわちゃんさんですが、実に見事でした。いい問題を引かれたと思いました。

(○)ジャミラ → 「空想法律読本」にも出てきた怪獣なので、よく覚えています。
(×)九州新幹線 → 「阪急電車」で今津線と思ったら、分岐問題でした。
(○)テクネチウム → モリブデンからつくられる人工元素、といえばこれ。
(○)プリンス・オブ・ウェールズ → キング・ジョージ5世級の2番艦。マレー沖海戦、まで待つのはもったいないです。
(○)持統天皇 → 百人一首まで聞ければ、あとは押し合い。先行できてよかったです。

< 準々決勝 >

前回は、ここで押して不正解となり、陥落が決まりました。ということで、勘違いだけは絶対にしないことを心がけています。あとは、自信がなければ押さないこと。対戦相手ですが、カムカムさんがおられるので芸能は期待薄。馬阿蘇さんは別格なので、2位狙いのつもりで。アラシ2さんとハヤトさんは同じ関西勢で、しっかり対策されてここに来た方。ここで対戦するのは、かなり気がとがめました。

実際の流れですが、ここは自分の解答と一緒に書きます。

(+3)システィナ礼拝堂 → コンクラーベの会場。フリーバッティングで同じ問題があったので、押し勝てました。皆さんも、これはしっかり正解されていました。
(+3)悠木碧 → 昨年の大人気アニメの、ヒロインの中の人。フリーバッティングで同じような問題があり、これは対策していたので押し勝てました。
(±0)タケモトピアノ → 関西人として、これを答えられないのは恥辱ッ!
(±0)京 → 神戸市出身者が、これを答えられないのは恥辱ッ!
(+5)フォン・ブラウン → ドイツ・アメリカでロケット開発に携わっていた人といえば。この単独正解が、とても大きかったです。
(+1)ジュラルミン → 無理して押さず、しっかり書いて点数を積みました。最初のヒントが青色だったので、面食らいました。
(+3)レーガノミクス → 80年代のアメリカの経済政策。途中でそうだと思っていましたが、確定したのは数秒後。押し勝てたのは幸運でした。

1位抜けでしたが、常に先行できたのが大きかったです。途中自分以外の単独正解が2回あり、さすがだと思いました。前回(皆さん点数が伸びませんでした)と違い、皆さん点数が伸びているため、気持ちがいいと同時に先に脱落しそうで嫌という考えもありました。最後は確実に決めたかったので、100%確定するまで待つ余裕がありました。

ここの2位は馬阿蘇さん。先行を許していましたが、自分が抜けてすぐ単独正解で2位抜けを決めました。この人は、これがあるから恐ろしい・・・そう思っていましたが、実際そういう展開だったわけで。ここまで、ありえないくらい展開が良かったです。

準決勝のことなど、次に書きます。
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
新年早々の連戦予定
2012-01-05-Thu  CATEGORY: QMA
皆様、謹賀新年。今年もよろしくです。もっとも、趣味の世界でやることは、それほど変わりありません。ただし、以前よりグレードアップする予定なのは間違いありません。いよいよ、わ~たすぃ~が・・・完全体になる日が~~~~~(大嘘)ッ!

それはさておき、連休中の予定です。

1月7日 → 賢押フリーバッティング
1月8日 → 賢押本番
1月9日 → 賢央トライアル一社大会

8日までは、早押し中心で対策。いくつかヤマをはって、本番に備えようと思います。あとは基本的に、アカデミー生徒の活動が導いてくれるかと。去年は準々決勝でした・・・今年はどこまで行けるか。対戦相手次第ではありますが、可能性はあるかと思います。

9日からは、賢央杯がメインイベント化しそうな雰囲気です。勝つために・・・まずは、上位でシードされることが必要です。少しでも立ち位置を良くするための闘いが、始まります。

明日までは、調整の時間。時間が惜しいですが・・・何とか工面しようと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2012/01 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。