QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
品川美容外科事件の闇
2011-07-30-Sat  CATEGORY: 医療崩壊
品川美容外科事件については、皆さんもニュースで聞き及んでおられるかと思います。当初このニュースを見たときは、強烈な違和感を感じました。捜査対象と「関係を持っている」警部というのは、端的にいえば不正を疑わせるからです。ニュースでは触れられていない部分も含め、かなり深刻な暗部と思われる文章を見たので、こちらでも紹介いたします。

MRIC様より引用

品川美容外科事件-捜査官の不適切行為の数々
元三宿病院長
紫芝良昌
2011年7月26日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行 http://medg.jp

7月22日の朝刊各紙は警視庁捜査一課白鳥警部の捜査資料に関する守秘義務違反容疑による逮捕を一斉に報じた。品川美容外科病院に生じた業務上過失致死事件の捜査中、捜査情報を被疑者である病院側に漏らした守秘義務違反による逮捕である。

しかし、この事件にはもう一つの大きな問題が内在する。それは捜査対象である病院に、しかも捜査が行われている最中に、捜査当局のOB二人が就職しているという、異様な事態である。このような構造があれば、病院側はOBを通じて捜査情報を入手する可能性が開ける。この構造自体が本件のような守秘義務違反を生む基盤であり、これから派生した守秘義務違反をいくら糾弾しても、この構造に対して司直のメスが入れられない限り同種の事件の再発を防止することは不可能であろう。しかし、どの新聞も22日夕刊までの時点でこの点に関して何らの論評も加えていない

逮捕された白鳥警部は守秘義務違反容疑に対して強く否認していると云うが、捜査対象の病院に対してOBの就職を強く迫ってきた、と言う事実を否認することは出来まい
なぜなら、私自身が院長を務めていた病院において、業務上過失致死事件があり、病院側が事実を隠蔽しているのではないかと疑われて2004年4月から12月まで実に8ヶ月間、白鳥警部のチームの捜査を受けた際、同様にOBの就職を持ちかけられた経験があるからである

捜査本部の置かれた目黒署に呼び出しを受け、事情聴取されたが、そのさなかの8月頃と記憶しているが、事情聴取の合間に白鳥警部から「これから病院も患者とのトラブルなどで大変なことも多いだろうし、警察が介入することも多くなるだろうから、対策として警察のOBを雇ったらどうか。そうしている病院もたくさんあって喜んでもらっている。今、適当な人がいるが、年俸600万円でどうか」というのである
私は捜査官が、捜査中の病院の院長に対して、警察OBの就職を斡旋する事実に驚愕した。そんなことしていいんですか、と私が問うと「病院のため思って云ってるんだ」とのことであった。私は「いま、そのようなことが病院に必要だとは毛頭思わないけれど、事務部長にも聞いてください。事務部長もウンとは云わないと思いますよ」と答えたが果たして事務部長もウンとは云わず、この話は沙汰止みになった。
内心、この話を受けておけば、医療過誤事件に関しても、また平行して進行している民事損害賠償請求事案に関しても、有利な手心を加えてもらえるのではないか、との誘惑を感じたことも事実である。

しかし、捜査をする側と受ける側という、力関係の大きな傾斜のある中で、年俸600万円のポストがやりとりされる、というのは異様な事態であり、禁止する法律はないのかも知れないが、捜査側も、病院側もこのようなことを自制するだけの節度を持たなければならないと私は考えた。医療問題に詳しいとして白鳥警部が捜査に入った医療機関では、同じようなやりとりが行われたはずである。
多くの病院は、良識ある節度を維持していたと思うが、品川美容外科病院はこの誘惑に勝てなかったのであろう。

捜査中白鳥警部の節度を欠いた行動は、これのみではない。2004年9月8日、病棟の看護師から、夜な夜な白鳥警部から携帯電話で呼び出され、中目黒の歓楽街で酒席の相手をさせられている、という訴えがあった。事実を確認して警察監察部等、しかるべき所に連絡して対応するのが、院長としての責務であると私は考え、事実を確認するため、看護師に電話会社に連絡して通話記録を提出してくれるよう求めた。看護師の側は通話記録には個人情報が多く含まれていることを憂慮してのことであろう、この求めには応じず客観的な証拠を示すことが出来なかったため、それ以上の対応を断念せざるを得なかった
このころ、白鳥警部は、「本庁で俺が病院の看護師を妊娠させた、と言う噂が広がっている。この病院の女性職員の中で警察関係者の妻である者がいれば、それが噂を流している張本人だろう」といって、職員を聴取していたようであるが、あきれるという以外に言葉がなかった。

これらの院長側の対応に白鳥警部は激怒し「あの院長だけは牢屋にぶち込んでやる」といきまいているので心配です、とのコメントが部下の医師達から寄せられるようになった。はたして、11月8日、白鳥警部は私に「病院を救うには」との名目で院長職の辞任を強く迫り、私も部下の業務上過失致死容疑について、院長としての立場上の責任を取って11月末日に院長職を辞した。事故の隠蔽の容疑に関しては、その事実はなく、病院側は事故直後に司法解剖を申請し、公正な死因の究明を期したが、警察に対して再三、司法解剖の結果の開示を求めても拒否され、解剖所見のないままに院内の事故調査委員会は報告書を作らざるを得なかった
報告書は委員会から院長に宛てた報告書であり、内部文書として扱われるべきものであり、公印を要する文書ではない。白鳥警部らはこの文書の内容に、解剖所見と異なる部分があり、それが偽造にあたるとして「有印公文書偽造同行使」の共犯として私を書類送検した
当然、検察は「文書は公文書ではないし、内容も偽造とは言えない」として不起訴にした。白鳥警部は事前に事態がこのように帰結することを熟知していた。にもかかわらず敢えて送検することは、OBの就職に非協力的であり、白鳥警部の非行とも言える行為を告発する姿勢をみせた院長を、送検に伴う報道によってバッシングすることを目的としたものであり、その目的は十分に果たされたのである

現今、検察の不祥事が大きく報道されているが、市民との関係から云えば、警察の方が遙かに広い裾野をもっている。司法警察のこのような不適切行為が明るみに出され、浄化されて信頼が回復されることを強く望むものである。

(引用ここまで)

権力をかさに、ずいぶんやりたい放題です。就職の口利きとか、公私混同とか、恫喝とか、非協力的な相手に対する罪の捏造とか。こういう人物(下衆中の下衆とでも言うべき存在!)が警部やっているのだから、警察という組織もずいぶん質が低下したものではあります。こんな輩の相手をしなければならない医療関係者の心情、察するに余りあります。

こういう話もあるようです。

朝日、23日の記事より引用

「強引にストーリー押し通す」=逮捕の警部、女子医大事故も担当―無罪の医師語る

捜査対象の美容外科に情報を漏らしたとして逮捕された警視庁捜査1課警部の白鳥陽一容疑者(58)は、2001年に東京女子医大病院で起きた医療事故の捜査も担当していた。この事故で業務上過失致死罪に問われ、その後無罪判決を受けた佐藤一樹医師(47)が22日までに時事通信の取材に応じ、「強引にストーリーを押し通そうとするタイプだった」などと、当時の同容疑者について語った。
佐藤医師は東京女子医大病院に勤務していた01年3月、小学6年の女児の手術中に人工心肺装置の操作を誤り、3日後に死亡させたとして起訴された。同医師のミスが事故原因とする病院側の内部報告書を基に捜査が行われたが、公判では否定され、無罪が確定。病院側も報告書の誤りを認め、謝罪した。

当時警部補だった白鳥容疑者はこの捜査の中心人物で、佐藤医師の事情聴取にもほぼ毎回姿を見せていた。佐藤医師は「報告書の内容を信じ込んでいる様子で、否定すると『お前は女子医大と戦うんだな、アリとゾウがけんかするようなものだ』と大声で怒鳴られた」と振り返る

一方で、白鳥容疑者は事情聴取の最中に突然号泣し、「どうして俺たちがこんな難しい事件を担当しなくちゃいけないんだ」と漏らす一面もあった。報告書の誤りを主張する佐藤医師に対し、「これだけの社会問題になったら、誰かが悪者にならなきゃいけない」とも話したという。 

(引用ここまで)

佐藤先生は無罪を勝ち取るために、常人ではできない闘いを強いられました。警察は人を有罪にするために、脅迫くらいは普通にやってきます。それに「絶対屈しない」ことが、どれほど困難なことか。この件についてマスコミはあまりまじめに追求しなくなりましたが、警察官の不正は追及が絶対に必要です。公僕としての意識が欠落し、人を逮捕することの意味と目的を見失う人物は(まして、自らのエゴのために人を手錠で脅す人物は!)その地位に「もっともふさわしくありません」。できれば、このことは皆さんにもよく覚えておいていただきたいし、可能なら広めてほしいと思う次第です。

「衣冠の盗を去るはもっとも難し」

こうなってしまっては、我々一般大衆にとってもっとも好ましくありません。それだけは最後に書いておきます。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ジャーンジャーン・・・げえっ、○○!
2011-07-19-Tue  CATEGORY: QMA
元ネタは有名な横山三国志です。毎回賢聖杯は対戦相手の質の高さに悶絶していますが、今回は別の意味で悶絶する結果となりました。

月曜日ですが、祝日ということでいつもの朝8時半(及びその周辺)がありません。最後のあがきだけやって、現地に向かっています。毎回そうなのですが、自分の分だけ。

1回戦 → くちきあかねさんが要注意。ただし頑張ればここは2位以上になれると判断、ノンタイで応戦しています。途中のアニタイがいい問題で、ここで2位以上を確定しました。まずは2位通過です。
2回戦 → 意外に骨のあるグループでした。社会の強い人が1人いましたが無視、社文字で対応しています。自選択で思うようにリードできない辛い展開も、ライフ多答で予想外のリードが効いて2位通過。最後まで難問が多く、泥仕合の様相でした。
3回戦 → サッカーの強い人が2人、ということで手加減は一切なし。文系順当てで勝負です。サッカーで案の定出遅れも、自選択で少しだけ挽回し次の芸能並び替えで差をつけて抜け出すことができました。この日唯一の1位抜けでした。
準決勝 → もう逃げ場所がありません。全員の棒グラフからスポタイを選んでみましたが、勝負は最後の自選択の前であっさり決まってしまいました。前の3セットでズルズル後退、まるでいいところがなかったです。4位敗退、何ともしょっぱいフィナーレではあります。

今回の優勝者はスズキさん。第1回のシェルロッタさん同様、今作で一気に才能を開花させた感があります。おめでとうございます!

ということは・・・以前よりずっと激戦となっているわけで。実はいいことでもあります。若くて才能のある強豪がたくさん出てくれば、地域全体のレベルが底上げされます。それにあわせて、こちらもしっかり戦力強化に取り組む必要があるわけで。次の全国大会からは、いよいよたくさん時間使ってクイズバトルに取り組もうと思います。

・・・その前に。あんあんですが、難問漢字ビジュアルとか。普通のビジュアルより有利と勝手に思い、多めにチャレンジしようと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
低空飛行、道は多難も・・・
2011-07-11-Mon  CATEGORY: QMA
まず、この一週間の予定。

水曜から金曜 → 出張。とうぜんノー熊。
土曜日 → 多分仕事で、千中は出走できず。夕方以降顔見せはします。
日曜日 → ひ・み・つ(はぁと)。
月曜日 → 賢聖杯。いつも通り朝十時まではアニゲタイム・・・は、今回ありません。

世間は三連休なのでしょうが、こちらは多分そうでない点が辛いです。アカデミー生徒として、ここがあまり踏ん張れないのは将来的に難しくなりそうな雰囲気です。てか、次登校できるのは早くて土曜・・・?

久々のクイズ魔神殿ですが・・・腹痛で病院送り。最初のイベントでミソがつくのはいつものことですが、どうにも消化不良です。どうせ得意な右3つ(社会・文系・理系)は後回し。しっかり調整して魔神狩りに備えることとしましょう、ええ!

そして・・・昨日は堅田で大会。展開が辛く、2回戦でタッチの差の3位敗退。敗因は○×にありますが、昔はこれでもかなりうまく合わせられたのです。出題数が多くなりましたし、こちらの登校数が少なくなっているので、セレクトが全体的に甘いのは致し方ないところ。

今日は単純に、思いっきり略します。

「完全体に(ry)!」

なったところで、10日後にはご臨終なのですが(原典通りなら)。でも一度は全盛期のなんとやら伝説を体現してみたいものではあります。昔できたことを、今何もかもできるとは思いませんが・・・オールドタイプの意地を、少しでも見せておきたいと願うものであります。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(救急の窮状続く)現実の受け入れ拒否も続くようで
2011-07-05-Tue  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、受け入れ拒否とかたらい回しとか書き散らす前に、現状がどれほど惨憺たるものか理解するところから始める必要があります。メディア関係者の現実に対する受け入れ能力の欠如は以前からのことで驚きませんが、非難される側の心情は察するに余りあります。

時間があったら読んでみてください(悪い例ですが)。

7月2日朝日の記事より

7月1日読売の記事より

救急医療の充実には、相応のスタッフを常駐させることが必要です。必要なら24時間、最低限必要なスタッフを確保しなければなりません。ではここで問題・・・そのために、どれだけの人件費が必要なのか。そして、その人件費は、どうやって用立てればいいのか

現状では、絶望的と言っていいでしょう。この国自体が、医療費を出し惜しんでいるのが現実です。たかだかGDPの8%しか医療費を出していない国が、彼らマスコミ人の期待する程度の救急医療を実現できるなど、ありもしない幻想なのですが。だからこそ、救急医療を担当するスタッフは人が少ないし、業務は多忙だからいつもやつれた顔をしている。そういう実例を見たことのある人間としては、何ともお気楽な主張に思えます。

まずは、お金が足りないからスタッフも不十分で、できることも不十分であるという現実をしっかり受け入れるところから始める必要があります。その認識抜きに、先のことなどありえません。何度か書いたかも・・・もう一回無駄と知りつつ書いてみました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
天はこの周瑜を地上に生まれさせながら
2011-07-04-Mon  CATEGORY: QMA
表題の続きです。

「何故孔明まで生まれさせたのだ!」

昨日の一乗寺大会ですが、誰もがこんなセリフを吐いてみたくなるような決勝戦でした。勝ったぼーしぱん様ですが、完全体のさらに上を行くパーフェクトなパフォーマンスで、居並ぶ皆さんが驚愕していたのが印象的でした。

え、こちらの成績・・・?

変な組に放り込まれ、妙に見たことのない問題が多くて、点差で3位。当然のごとく1回戦負け、初戦での敗退はずいぶん久しぶりのような気がします。

せっかくなので、今日はフルコースで。

「なんじゃそりゃーっっっ!」

「おぅまぃがっっっ!」

「ときはなてねぇ~~~~~!」

「ま~~~んま、みぃやっっ!」

「おのれ・・・ブルコギドンさえあれば!」

「誰もがしびれる、ブルコギドンさえ完成していれば!」

「完全体に・・・完全体になりさえすれば!」

「ぬおおおおぉぉぉぉぉ!」


敗因はいつも通り。とにかく登校回数が足りなさすぎ。だから直近の出題にとことん弱く、アニゲと芸能が捌けなかったのです。大会終了後のフリー対戦も見てましたが、人相手に出す目的で鍛えている人のクオリティは(サークル活動もあり)かなり高かったです。アップデートが遅れる、それすなわち立ち遅れ、ドロップアウト。時間が・・・時間が欲しいッ!

さて、この日ですが、大会終了後は近くで焼き肉でした。いろいろお話などしていましたが・・・とにかく若い人が多かったです。昔のアチョーでのことなど思い出すことも多いのですが、もうこのゲームも6年遊んでいます。メンバーがかなり入れ替わっていますから、常に新鮮なはずなのに。そういう新鮮さを、思い起こさせてくれるひとときではありました。かと思えば、昔同様やたらとにぎやかなお兄さんもいらっしゃいましたねぇ・・・良いことです。

もうひとつ、良いことがありました。今日優勝されたぼーしぱん様ですが、こちらよりずっと若いので伸びしろもたくさんあって、まだまだ恐ろしくなりそうな気がします。昔のラウニィーさん・レキさんクラスの超人が、ついにその真の姿を顕わさんとする・・・身近にそういう人がいると、周辺もそれに併せてレベルアップします。これまでは遠くのそういう人をイメージしながら対策していたので、それと比べてずっと緊迫感を持てていいです。

現状では、かなり差があります。こちらを周瑜にたとえるのは問題外ですが、ならばなおのこと、相応の努力をしないと。考えはまとまっているので、あとはしっかりまずは復習です。

次走予定は・・・未定です。決まったら、また書きます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2011/07 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。