QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(某国首相)医師への妄言の次は、高齢者への妄言
2008-11-27-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
もういい加減、この男のアホ面には飽き飽きしてきたところですが、またネタを提供してくれましたからもう1度晒してみます。

今度は、こんな感じでした。

「何もしない人の分を何で私が払う」医療費巡り麻生首相 2008年11月27日1時45分

「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」。麻生首相が20日の経済財政諮問会議で、こんな発言をしていたことが、26日に公開された議事要旨で明らかになった。自らの健康管理を誇ったうえで、病気予防の重要性を訴えたものだが、保険料で支え合う医療制度の理念を軽視していると受け取られかねない発言だ。

首相は社会保障費の効率化の議論の中で「67、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらかかっている者がいる。学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」と指摘。自ら日課にしている朝の散歩が役立っているとしたうえで、「私の方が税金は払っている。努力して健康を保った人には、何かしてくれるというインセンティブがないといけない」と強調した。


原文はこちら

高齢者は基本的に、これまで馬車馬のように働いてこられて、ようやく引退された方々です。頑張った分余生を心豊かに過ごしたいというのは、ある意味当然の願望といえます。それをこの男は、まるで死ぬまで働けとでも言いたげな雰囲気で、足蹴にしてみせる・・・人間的にみて、実に下劣なものです。まあ、この国の与党は一般大衆に「安価で死ぬまで働いてくれる労働力」以上のものを求めていないことなど、皆十分すぎるほど理解してますが。ついでに言うと、高齢者には医療など必要ないと考えていることも、皆よく知っているわけですが(後期高齢者医療制度を想起してください)。

もう一つ、この妄言について、気に入らないことを。社会福祉は、皆が支えあうというコンセプトに基づいて制度化されています。しかしこの麻生発言は逆です。「関係のない赤の他人だからどうなろうが知ったことではない」という身勝手な発想に基づいています。まあ、彼はそれなりの資産家だから、そうでない一般大衆の面倒など見ていられないのかもしれません。実に汚らしいエゴです。まあ、彼だけを非難しても仕方ないかも。その背後には、自分たちの社会負担を減らしたいだけの財界の豚どもがいます。その汚さを、決して見逃してはいけません。

これまで何回か政治屋の悪口を書いていますが、結局この程度のクソ共が幅をきかせるのは、有権者の意識が低調だからです。心の底で同じ事を考えている・・・だからこの程度の妄言が許容されてしまうのです。本当に必要なのは、実は他者の非難ではありません。むしろ、心のどこかで同じ汚らしさを持っている自分自身に対する厳しい視線です。こういう妄言はいい加減聞き飽きましたが、そんなときにこそ、自分はどこまで汚れていないか、しっかり見ておく必要があるでしょう。

汚らしい発言の背後には、汚れた心があります。ひとりの心の汚れは、周りにいる皆の心の汚れ・・・そのことを、皆がしっかり見据えていく必要があるでしょう。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
危険な浮気は、今日でおしまい
2008-11-24-Mon  CATEGORY: AnAn
今日も今日とて、梅田でAnAnでした。ただし、今日までです。平日に梅田まで往復というのは、ちょっと面倒ですし。それに、賢竜を放棄するわけにもいきませんし。そんなわけで、割と真剣でした。

さらに、いくつか気づいたことを。

・ ランカーの制服もありました。どうやら選択できるようです。
・ 地歴のコスですが、スッチーの次はくのいちです。
・ ずいぶん、キャラの色が増えています。これは面白そうです。
・ 今回、ジャンルポイントは増やしやすいですが、同時に減りやすいです。
・ かなり昇段に時間がかかります。もっと上のリーグができてからが本番でしょう。

今日は3段で止めました。いくつかタイトルも獲得していますし、割と順調です。4位を2回連続で取ってしまったところがピンチでしたが、リーグマスター陥落だけで済ませたのが大きかったです。

次のAnAnは、多分月をまたいでからです。それまでは賢竜対策に時間を費やすことになります。

今日は、ちょっとだけ続き。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
新作ロケテスト、危険な浮気
2008-11-23-Sun  CATEGORY: AnAn
今日は、梅田にAnAnのロケテストをやりに行きました。

重要なお知らせです・・・名義を変更しました。まだAnAn関係の大会には出走歴がありませんが、今後のことも考えて、QMAと同じ名義(「セレネ」です)に変えました。今回はロングヘアーのお姉さんにしています。すぐわかっていただけると思います。

当然ですが、10級からスタートです。リーグはAまでのようですが、頑張って一番上まで行きました。困ったことに、一番上はなかなか勝てません。昇格後5連続2着とか・・・どこの○テイゴー○○か、よくわかりません。間違って4位になんかなると、体操座りでとてもセンチメンタルな気持ちになります。何とか初段まで上げて、今日は終了です。

明日の予定ですが、再び梅田でロケテストのつもりです。同志社前で廃を考えてましたが、新作の誘惑に負けてしまいました。申し訳ありません(汗)・・・次の同志社は、おそらく12月になってからと思います。

いくつか、気づいた点です。

・ カード奪取は、決勝のみ。
・ カード奪取でタイポすると、その時点で相手の得点になり終了。
・ アバターは、目の色を変えることも出来ます。
・ 意外に、COMが強いです。少なくとも、今いるクラスの人並みには。
・ ランカーの制服は、まだ見ていません。
・ トレーニングに、タイピング問題も出ます。

ジャンルポイントの方針ですが、地歴だけはしっかり上げようと思います。ここだけは、好きな分野なのでプライドを賭けたくなってしまいます。10月の地歴大会をパスしたので、少しはいいところを見せておきたいものです。

QMAの次回予定は、火曜日です。こちらの調整も、しっかりやりたいと思います。次走はキャノン大会・・・仕上がり具合を試すにはいい場所かと。それでは・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(割り箸事件)無罪で当然ですが、もう遅すぎでしょう
2008-11-22-Sat  CATEGORY: 医療崩壊
まずは、こちらをご覧ください。今回とりあげる事件の内容が、わかっていただけると思います。

(引用開始)

男児割りばし死亡事件、医師は二審も無罪 東京高裁2008年11月20日15時4分

東京都杉並区で99年、割りばしがのどに刺さった杉野隼三(しゅんぞう)ちゃん(当時4)が受診後に死亡した事故で、東京高裁(阿部文洋裁判長)は20日、業務上過失致死罪に問われた医師根本英樹被告(40)に対し、一審・東京地裁の無罪判決を支持し、検察側の控訴を棄却する判決を言い渡した。

隼三ちゃんは、盆踊り大会で綿あめの割りばしをくわえたまま転倒。救急搬送された杏林大医学部付属病院(東京都三鷹市)で当直医だった耳鼻咽喉(いんこう)科の根本医師の診察を受けて帰宅したが、翌朝に死亡した。死亡後の司法解剖で、約8センチの割りばし片が残っていたことが分かった。

公判では、隼三ちゃんの頭蓋(ずがい)内に損傷が起きたことを疑って、必要な治療や検査をする義務があったかどうか▽診療結果と死亡との間に因果関係があったかどうか、などが争点となった。

判決は、刺さった異物が頭蓋内に達したという報告例が事故当時は見当たらず、今回の事故が「特異な例だった」と指摘。当時は口の中の傷に対する診療の基準も確立していなかったと言及した。

その上で判決は、耳鼻咽喉科の当直医として「受診した隼三ちゃんの傷口や意識状態から頭蓋内の損傷を想定し、それを意識した問診をする義務があるとは言い難い」として、根本医師に過失はなかったと結論づけた。

さらに、頭蓋内の損傷を疑ってコンピューター断層撮影(CT)などで検査したとしても、救命できた可能性は低かったと判断し、死亡との因果関係もなかったとした。

06年3月の一審判決は、受診時の隼三ちゃんが、意識が低下したり、嘔吐(おうと)したりしていたことから、根本医師が頭蓋内の損傷を疑って脳神経外科医に引き継ぐべきだったと一連の対応を批判。根本医師の過失を認める一方で、救命の可能性はきわめて低かったとして、因果関係については認めなかった。

判決について、根本医師は「改めて深い哀悼の意を表したい。事故から9年余り、長く苦しい時間だったが、判決でその苦労が報われた思いだ」とする談話を出した。(河原田慎一)

こちらから引用しました)

この件ですが、大野病院事件(福島)と色々共通している点があります。

・ 救命可能性の低い事例であること
・ リスクの高い診療科における事件であること
・ 結果のみをもって、医師が逮捕及び起訴されたこと
・ 遺族の持つ、処罰感情の激しさ

この事故において、割り箸のダメージは致命的であるという主張が(主に医療者サイドから)なされており、その限りにおいて医師に出来ることには限界があります。また保険医療の範囲内の事項については、政治や行政の決めた枠内でしか治療が出来ません。わかりやすく言うと、赤字になる過剰な治療は、どんなに頑張っても不可能です。もしこの事例で検察が要求するレベルの治療や検査を行うのであれば、救急の現場は遅かれ早かれ破綻します。

またこの事件、逮捕及び起訴の結果、救急医療の現場に致命的な悪影響が出ました。結果のみが理由で医師が罪を宣告されようとしている中、わざわざそのような危険を冒すバカなどいなくなっても仕方ありません。救急の現場から人がいなくなる大きな理由になりましたし、昨今特に問題となっている救急医療の問題の、大きな原因となる出来事となりました。

今回の無罪判決は、不幸にも難に遭われた先生にとっては朗報ですが、もう遅すぎたと思います。もう既に、この先生の人生は滅茶苦茶に破壊されてしまいました。現場から人がいなくなった結果、多くの患者も不幸になりました・・・もう既に十分、皆は不幸になってしまいました。おそらくこの判決は、それ自体思慮のあるものではありましたが、もうどれほどの前向きな価値も持てないと思います。だから、もう「遅すぎ」たのです。

もう一つ書くべきことは、続きで書きます。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
クソ閣僚の次は、クソ首相かッ!
2008-11-20-Thu  CATEGORY: 医療崩壊
まったく・・・まあ、あの程度の閣僚を任命するくらいだから、その程度の男だったということです。そのように評価しなければなりません。

麻生の妄言、ここでも晒します。

「社会常識欠けた医者多い」=麻生首相が発言、すぐに陳謝

11月19日17時57分配信 時事通信

麻生太郎首相は19日、首相官邸で開かれた全国知事会議で、地方の医師不足問題に関連して「社会的常識がかなり欠落している人(医者)が多い。とにかくものすごく価値判断が違う」などと述べた。首相はその後、記者団に「まともな医者が不快な思いをしたというのであれば申し訳ない」と陳謝したが、医師の資質を批判したとも受け取れる発言で、今後波紋を呼びそうだ。

同会議で首相は、「地方病院での医者の確保は、自分で病院経営しているから言うわけじゃないが大変だ」と強調。その上で、「小児科、婦人科が猛烈に問題だ。急患が多いところは皆、(医師の)人がいなくなる」「これだけ(医師不足が)激しくなってくれば、責任は医者の(方にある)話じゃないか」と述べ、産婦人科に対する診療報酬加算などの対応が不十分との認識を示した。

問題の発言は、医師の多くが産婦人科などでの過重な勤務を敬遠して開業医に流れる現状に、知事側が懸念を示したのに対して飛び出した。首相は同日夜、記者団に「医者は友達にもいっぱいいるが、おれと波長が合わねえのが多い」としながらも、「そういう(社会常識の欠落という)意味では全くない」と釈明した。

ここから引用しました

医師が足りないのは、十分な数を養成しなかった国の責任です。国は医療費を出し惜しみしており、それは今も続いています。後期高齢者医療制度など、その典型です・・・あの制度は天引きだから問題なのではありません。給付される医療が制限される点が、最大の問題です(皆あまり理解していないようですが)。医師を養成しなければ、その分医療費を節約できる・・・だからこそ起こった医師不足です。この点の理解が出来ていない時点で、この男も閣僚失格です。

限られた数の医師しか養成せず、何かあるたび医療費を抑制して医師に過労死を強要してきたのは、一体どこの誰であるのか。言うまでもありませんが、それが国の方針です。ついでに言うと、政府与党の方針です。医療に金を使うのはもったいないから、そうしてきたのが国です。であれば、責任ある立場にある者は自覚と自己批判の発言を、真っ先にしなければならないはず。麻生のこの発言は責任転嫁であり、卑怯者の行いです。その点を、しっかり批判しなければ批評として不十分です。

二階のときも言いましたが、こういう妄言が許容され続けているのは、結局有権者が何もしなかったからです。このような言説を許容するということは、有権者として「医療など必要ない」と意見表明したも同然です。今後も医師はどんどんいなくなるでしょう・・・国も(悲しいですが)国民も、現状に対する理解は極めて不十分。この妄言で、また現場から医師がいなくなったであろうことは、十分すぎるほど想像できます。その流れを押しとどめたいと願うのであれば、このような言説を展開する者は、早期に排除しなければなりません。

麻生は最近、やたらと選挙から逃げ続けています。まあ、いつまでも逃げ続けられるわけではありません。その時はいずれ来ます・・・やるべきことは一つ。この妄言の報いを、しっかり受けさせること以外ありません。それが出来て、はじめて有権者として強力なメッセージを発信することが出来ます。医療者と共により良い社会を構築していくという意思表明、これこそがもっとも求められているものです。

最後にもう一言・・・君たちのアホ面には・・・(激しく省略ッ!)
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
スポーツ、その他警報!
2008-11-19-Wed  CATEGORY: QMA
表題ですが、全くその通りです。モータースポーツの新問が、とてつもない難問ばかりで、普通に誤答を重ねてしまいます。正直、スポーツのその他は好きな分野ですが、モータースポーツはとんと苦手でありまして・・・当分苦労しそうです。予習では普通の問題、本番で「何これ?」の問題がオンパレード。生き残るのもやっとです(汗)。

今日は苦手対策でした。やっぱりというべきか、普通に落としてしまいます。そんなわけで、また復習に忙しくなりそうです。ああ・・・早く、切り札の強化に取り組みたいッ!

とても寒い一日でした。これからもっと冷え込むと思います。11月上旬までと、明らかに空気が違います・・・既に一度風邪をひいてしまいました。これからもっと、気をつけないといけません。

次の更新は、多分金曜以降です。また出張で、関西にいません。当然ですが、登校も控えることになるでしょう。ひょっとしたら、旅先でサプライズがあるかもですが、期待しないでください(汗)。

今晩、とても重要な代表の試合があります・・・今の状態を考えると、何があっても仕方ないと思います。もう眠いので寝ます(二晩続けて、衛星のNFL放送に合わせた二度寝スケジュールを組んだ結果ですが)。ニュースを見る前の、気構えだけは忘れないようにします。

いつも以上に、とりとめのない日記ですが・・・おやすみなさい。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
戦い済んで、また別の戦場に
2008-11-18-Tue  CATEGORY: QMA
土曜日ですが、ランバトと二度目の三学期の最終決戦でした。この日はラウンドワンで最終調整の後現場に向かっています。最大のサプライズが、れおさんの参戦です。れおさんはこの前の土曜日、五井でお会いしたので、ちょうど一週間ぶりでした。そんなに時間がたっていないので、あまり懐かしむ雰囲気はありませんでしたが。戦力を考えると、激震といってもいいかと思っていました。

結果ですが、どちらも決勝まで残っていますが、そこで力尽きる展開でした。敗因は、相手の多答・・・時間をふんだんに使って調整できる人が、本当に羨ましいです。こちらは多答を1つしか使えません。他に必殺級の切り札を開発していますが、生憎同じ色です。二色以上で攻撃されると、どうしようもありません。こればかりは、直前まで調整をかけるつもりではいますが、行き当たりばったりになりそうです。

その後は、いつも通り飲み会、ラウンドワンで店内対戦。飲み会の会場で、DS版をやらせていただきました。まだDSを持っていないので、早めに入手して、ということになると思います。予復習に役立つアイテムですが、他のことで凝り出してしまうかも。

なお、この日ですが、わしおさんも来られてました。こちらは、本当にお久しぶりです。相変わらずお元気そうで・・・大会の副賞でトラッキー人形を頂きました。ありがとうございます!

さて、日曜日のことも。この日は同志社前ゴールドから円町と、はしごでした。きみたまさんがご一緒だったので、円町まで二人です。ひそかな新技開発に時間を使っていますが、やはり時間がかかります。しかも、昔の検定に出ていた問題も普通に出ています。これは、しっかり検定も含めて調整しないと、とても使えそうもありません・・・巷で検定問題が大量に流出しているという話がありましたが、本当だったようです。参った!

ゴールドですが、時間貸しサービスが始まっています。検定と全国大会に、特に便利なサービスです。次は24日に行こうかと思います。それまでは、何日か円町で調整です。なお、今回も全国大会は見送りです。皆さんのご健闘をお祈りしています!

いろいろありました・・・この半年、二度目の三学期に勝つことをかなり考えて、登校していたので一区切りという事になります。次は賢竜・・・さらに高い山が待っています。さて、次の戦場で待つものは何か。楽しみで、同時に恐怖でもあります。では・・・
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
申し訳程度の謝罪ならいらんぞ、二階!
2008-11-14-Fri  CATEGORY: 医療崩壊
前回のエントリーですが、続きです。まずはこちらを。

妊婦拒否は「医者のモラル」=経産相が発言撤回し謝罪

11月13日20時49分配信 時事通信

相次ぐ妊婦受け入れ拒否問題について、二階俊博経済産業相が「医者のモラルの問題」と発言し、医師や市民の団体から抗議を受けていたことが13日、分かった。二階氏は発言を撤回し謝罪の意向を示したという。

同日の参院厚生労働委員会で明らかにされた。民主党の足立信也参院議員によると、二階氏は10日、患者の容体などに関する情報伝達システムについて舛添要一厚生労働相と協議。その際、「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題。忙しいだの、人が足りないだのと言うのは、言い訳にすぎない」と発言した。

経産省幹部は答弁で、二階氏が発言を撤回した上で「今回の発言が医療関係の皆さんに不愉快な思いをさせたとすればおわび申し上げる」と話していることを明らかにした。
 

謝罪のつもりなら、自分の口でそういうべきでしょう。そうしないのは、結局悪いとは思っていないのでしょう。医師を使い捨ての雑巾よろしく酷使することしか考えていないのであれば、そんな輩に、救済される資格など、あろうはずもありません。彼の場合も、しっかり報いを与える必要があります。

それに比べて、こちらの発言はリスペクトに値します。

原文はこちらです。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
こんな閣僚がいたんじゃ、現場は報われない
2008-11-12-Wed  CATEGORY: 医療崩壊
表題ですが、まさにそういう感想を抱かずにはおられません。クソマスコミの次は、クソ閣僚・・・どこまでいっても、この国は救われる価値がないのでしょうか。

せっかくなので晒します。

「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」(二階俊博経産相)

こちらの文章と比較してみてください。都立墨東病院産婦人科の状況に詳しい医師のコメントです。

「かかりつけ医」の先生も必死でした。墨東の先生も、もうかなり「いい歳」をした偉い先生まで、この通り労基法上等、過労死寸前という勤務で頑張っています。いずれも毎日遊んでいるような人達ではありません。寧ろ子供の頃から、他人が遊んでいるときに勉学に励み、今日も前進を弛まない、かけがえのない人材なのです。そういった人達がこれだけ精一杯やっていても、それでも救えない命があった程、人命とは重いものなのです。それを守ろうと必死になっている戦士達に、後ろから罵声を浴びせるようなマネはやめて下さい。想いを為し得なかった医療者に、理不尽な追い打ちをかける事はしないで下さい。現状で我々にできる事はここまでです。それ以上を求めるのなら、その負担は現場の医療者ではなく、皆さんにも負って貰わなければ実現しません。たとえば医療に遣うお金は出して下さい。できれば更に、最前線の医療者に敬意を払って下さい。世の中は等価交換です。何も差し出さずに、結果だけを得る事はできません。

この文章ですが、こちらから引用しました。勝手をお詫びします。

さて、皆さんに質問です・・・どちらの言い分を重んじますか。どちらの言い分の方が、より人間的に成熟した、まともな文章に見えますか。上の文章だと言う人がいたら、腹を切って死んでください。医療崩壊関連の論題において、最低限の見識を備えない者の発言は、雑音以上に迷惑です。資格なき者の妄言は、もうウンザリです。廊下の隅ででもやっててください。

下の文章の、特に重要な部分を抜粋します。何度でも繰り返し読んでいただきたいものです。

後ろから罵声を浴びせるようなマネはやめて下さい。想いを為し得なかった医療者に、理不尽な追い打ちをかける事はしないで下さい。現状で我々にできる事はここまでです。それ以上を求めるのなら、その負担は現場の医療者ではなく、皆さんにも負って貰わなければ実現しません。たとえば医療に遣うお金は出して下さい。できれば更に、最前線の医療者に敬意を払って下さい。世の中は等価交換です。何も差し出さずに、結果だけを得る事はできません。

これは最低限、患者側の人間が遵守すべき規範です。要求する前に、自分がその要求に値する存在か、自問自答する作業が必要です。何度も書きますが、それが出来ない人間に、この論題を語る資格など、あろうはずがありません。

この妄言の影響は絶大です。医師は既に、多くの患者たちの身勝手に嫌気がさし、次から次へと現場を離れていきました。医療崩壊とは、結局のところこの国の患者たちのありように絶望し、患者たちのために血反吐を吐いてまで診療しようとは思わなくなった医師たちが、現場を離れていった過程であり、その惨めな結末でもあります。このような発言を閣僚がした以上、もうこの国に医療など必要ないと国自らが宣言してしまったに等しいものがあります。
医師がいなくなれば、次は患者の番です。誰にも診てもらえず、医療難民となった患者たちの末路は悲惨そのものです・・・野垂れ死に、これが唯一の辿るべき道です。閣僚二階の妄言のおかげで、また多くの医師がこの国に幻滅し、立ち去る決意をしました。それは多くの患者が受診する機会を奪われてしまったことを意味します。今後もっと多くの患者が医療から疎外され、苦しむことになりますが・・・その一因にこの発言を挙げることも、当然ですが十分可能です。

彼は衆議院議員であり、その選挙区は和歌山3区です。和歌山3区の有権者の皆さんで、もしこの問題にお怒りの方がおられるのであれば、必ずこの議員は落選させていただきたいと思います。この妄言のおかげで、各地の医療機関から人がさらに少なくなることは、ほぼ間違いありません。当然ですが、和歌山の南のてっぺんも例外ではありません・・・むしろ、医師が全国的にみても、さらに少ない地域と自分は考えていますが。このような発言を許容し続けるのであれば、そのような議員を代表として承認し続けるのであれば・・・そのような地域から真っ先に医師は出て行くでしょう。そうならないために、地元の住民として正しい選択をする必要があります。それは、絶対に、絶対です。

さらに、もうちょっとだけ続けます。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
夜は・・・寝床で・・・テッカマン!
2008-11-11-Tue  CATEGORY: QMA
さて、日曜日のお話です。

この日の目的は、現地の視察です。西千葉駅に到着後、逆の方向に出てしまうハプニングもありましたが、何とか到着です。駅から5分以内、というのは間違いありません。店内に入ると、割と奥にQMAのコーナーがありました。これが、本番中は全エリア貸し出される・・・なんとも嬉しい限りです。

この日、西千葉では大会がありました。当初、出走を予定していませんでしたが・・・時間の問題がないと判断されたため、急遽出走を取り決めました。合計4回対戦しましたが、ジャンルをくじで決めるルールにより、一度も紫を使用することなく終わっています。使ったのは、この形式です。

1回戦 → 雑学四文字
2回戦 → スポタイ
準決勝 → スポその他
決勝 → サッカー

え~と、どこの紅玉賢者でしょうか・・・いや、本当に。3回もスポーツを使わされるというのは、なんとも考えにくいのですが、仕方ありません。問題の引きに恵まれ、優勝できましたが・・・紫抜きで勝ったのは、多分今回が初めてです。こういうことも、たまにはあるのかもしれません。

その後、大急ぎで東京に向かっています。秋葉のレジャーランドで、ふなさんと待ち合わせをしていました。目的は・・・「マッドテープ」のCDです。自分が持っていないものも含め、完全版ということでひそかな楽しみでした。ハプニングはありましたが(すみません、自分がズボラしていたので)、無事受領できました。帰ってからは、ほぼ毎日聴いています。本当に、ありがとうございました!

ちなみに、この表題ですが、マッドテープその9の最後です。知ってる人はわかると思いますが、このシリーズは徹頭徹尾テッカマンです。最後も期待を裏切らないその姿勢、感激です。今日も今日とて、夜は・・・寝床で・・・ジャン、ジャン、○○○○○!

さて、帰りの列車ですが、ひかりのグリーン席でした。たまにグリーンに乗ると、居心地のよさに圧倒させられます。広さも違いますし、内装がちょっとですが確かに違います。付いてくる雑誌を読みふけるだけでも、いい時間になります。また次に乗れるのは、もっと後になります・・・それが残念!

そんなこんなで、今回の遠征は終わりです。また関東に行くのは、前にも書いたとおり1月になってからです。それまで、しっかり調整を行っておきます・・・どこまでやれるか判りませんが。

さぁ、次はランバトと最終決戦・・・忙しいなぁ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
○○○○○○がたおせない
2008-11-10-Mon  CATEGORY: QMA
今日は、まず土曜日のことをお話します。

土曜日は五井で一日を過ごしています。朝早くののぞみで東京、その後列車を乗り継ぎました。千葉を過ぎると、途端に列車が古くなります。かなり遠くに来たという実感が、自然にわいてきます。旅って、本当にいいものです。ええ!

五井駅ですが、割と大きな駅です。チャリオットはすぐ隣。これで迷ったらどうしようもないでしょう。到着して後、メルらんさんやその他の皆さんと挨拶、本番まで店内対戦などやっていました。久々の関東ということで、懐かしい面々が多かったです。なぜか、顔なじみの人が何人かいますが、それはそれで。

本番ですが、一回戦であっさり秒殺されました。いきなりれおさん、DAHLIAさんと当たるのも不運ですが、問題の引きもかなり不利でした。負けるときは、やっぱりこういうパターン・・・ということで、マ○モ○マ○が倒せないまま、あとは観戦モードに移行です。

結果は皆さんご存知、れおさんの優勝です。まるでピンチらしいところがなく、実に手堅かったです。自分が多答で圧倒し、相手の多答をしっかり完封・・・理想的な試合運びでした。こういう人を相手にするには、果たしてどうしたものでしょうか。実は、考えが全くないわけではありません。とはいえ、残り2ヶ月、しっかり調整して迷わず使えるようにしないといけません。

その後お食事会、さらにまた店に戻って店内対戦。たくさん問題を拾って、いろんなお話をして、この日は終わりです。市原市の中心ということらしいですが、割に静かでした。いつの間にか寝て、いつの間にか日曜日になっていました。

この日の感想・・・関東勢の層の厚さを再確認しただけでも、意義があります。今後誰が権利を獲得するか、予断は許しませんが、緩みない対策は必要です。出来ることなら、各地のトライアルで権利を取り、東上するのが理想的です(関西勢、その他の皆様へ)。最終予選に賭けるとしても、修羅場になりそうな、そんな雰囲気です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
再びお会いするときは、決戦のとき
2008-11-09-Sun  CATEGORY: QMA
ただいま帰りました。2日間、充実しておりました。結果については、後日報告する予定です。

特に、現地の情報など、重要なことを書いておきます。あくまでも自分の主観なので、あまり過剰な反応をされても困りますが、参考になればと思います。

< ラッキー西千葉情報 >

駅から歩いて5分もありません。道路を挟んで向かいが千葉大学のキャンパスで、いかにも学生街らしい雰囲気がありました。外観ですが、レンガなのでゲーセンらしくありませんが、れっきとしたゲーセンです。

内部ですが、前回本戦のあったレジャーランド秋葉原の各フロアに近い広さがありました。ただし、今回は参加者数がもっと多いため、前回同様かなり混み合うことが予想されます。

トイレですが、大小各1つずつでした。店内のものだけでは、とうてい足りません。駅構内に2箇所と、駅の反対側にある西友、店の隣にあるブックオフに1箇所、いろいろ候補を見つけていますが、多分需要がもっとある可能性も予想されます。特に他店舗は、モラル上の問題を考えると、使いにくいところです。

宿泊施設は、西千葉周辺となると、なんとも言えません。千葉駅が隣なので、その周辺なら問題ないかと思います。自分も、その方向で検討するつもりです。

東京から、だいたい1時間くらいの時間距離です。当日直行は、それを考えるとしづらいと思っています。前回までと比べて、だいたい1時間違うので・・・考えどころです。当然ですが、当日帰還はもっとありえません。一泊前提で、プランを練ります。

・・・まあ、こんなところです。今回も、たくさんの方とお会いして、たくさんの方のお世話になりました。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。また、あの場所でお会いできますように・・・良い死合ができることを、楽しみにしています。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
またドラ○○ボー○か!
2008-11-07-Fri  CATEGORY: QMA
表題ですが、今週の学問ウィークネタから。

< 問 > 次の中から、「西遊記」の登場人物を選びなさい

・ 孫悟空
・ 猪八戒
・ 沙悟浄
・ 亀仙人

・・・亀仙人!

とりあえず、いつものアレです。

「なんじゃそりゃーっっっ!」

サイバイマンを上回るわけではありませんが、それでもかなり近い水準のクソ多答でした。またしても○○ゴン○○ル、ということでつくづく偉大な作品なのだと思いました。

久々に学多、回してみるとポロポロと落としています。たまに調整をかけておかないと、正解率が下がる一方なので、いいきっかけではありますが。それにしても、この問題はサービスにも程があります。まず間違いようがないので・・・まあ、他に難問奇問もありますから、釣り合いは取れていると思っています。

明日は朝7時前ののぞみで出発します。一日五井にいることになりますし、既に宿は予約しています。そんなわけで、延長によるペナルティは、当方に関する限りまずありません。体調の管理だけはしっかりしようと思います。なお日曜日の予定は、とりあえず西千葉の視察・・・その後は決めていません。気の向くまま、一日を過ごす手もアリかもしれません。

それでは、皆さんよろしくお願いします(迷惑だ、なんて言わないでくださいね!)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ホームワークが終わらない
2008-11-04-Tue  CATEGORY: QMA
表題ですが、まさにそんな気持ちです。

名古屋ですが、準決勝で敗退でした。せっかく学多を使えるシチュエーションでしたが、勘違いのミスで1問足りませんでした。台の反応が悪かったのも事実ですが、○訪○晶○を錯覚するというのは、なんともしまりのないものです。まあ、そこまでの3戦、予定通りの勝ち方が出来たのは収穫といえます。あとは諏○内○子に復讐を完了すべく、しっかり復習すること、それだけです。

こんな感じで、各大会の宿題をまとめているのですが・・・とにかくまとめきれないのが現実です。ノートにはまとまりますが、頭の中でまとめるのが、一苦労。一試合叩くごとに、宿題の数が増えているのはなんとも厳しい道のりを感じさせます。

今週は学問ウィーク、しっかり強化して・・・多答だけが飛んでくるわけではない、と見栄をきってみるのも一興ではありますが、そんな余裕は多分まだありません。一部公開の某形式は、もう少し調整を続けることになります。

全国大会は、今回もパスすると思います。それより、各形式の調整に時間を使っておきたいです。もう時間があまりありません・・・タイトルより、大一番での勝ち負けに賭けたいと思っています。

今週は土曜日、今度は関東です。関東の強豪向け対策・・・というほど、みっちり何もかも出来るわけではもちろんありません。どこかで運頼みなのが、現実ですが(汗)。まずは、行きと帰りのチケットを予約するところから・・・今日は、こんなところで。

今日は、珍しい時間に衛星のNFL放送があります。しっかり堪能して、早い目に寝て・・・真夜中に起きて拳王様の御活躍を拝見する・・・いかん、異常な生活だ(大汗)。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
まずは、ファーストダウンです
2008-11-01-Sat  CATEGORY: QMA
賢竜トライアルですが、岡山で権利獲得を逃したため、西宮に出走しています。少数精鋭の厳しい戦いでしたが、決勝で有利な4セットになったこともあり、見事首席での本戦出走が決まりました。学問中心ということで、あの場面はかなり恵まれた感があります。正直、この決勝は今後、参考にすべきではないと思っています。岡山敗退の理由が、人の多答・・・しっかり、各ジャンルの多答について、パッチを当てていく作業は今後も必要です。

今後の出走予定です。賢竜絡みで、2戦予定しています。

2日 → 名古屋(カレッジゼロ)
8日 → 五井チャリオット
15日 → アチョー(ランバトと学期末決戦)

あと、月末はキャノン大会を予定しています。またAnAn大会情報も入ってくると思うので、かなり流動的な部分があります。

本番に向けて、懸念は・・・現地の情報です。店舗のある場所、交通の状況、周辺の情報・・・実は会場ですが、トイレに難があるらしいです。人からの伝聞なのでわかりませんが、本番では会場のトイレを使いにくい事情があるようです。というわけで、第2週の遠征は現地視察を行います。いくつか使用可能なトイレを捜索すること、食事の場所を考えること・・・いろいろ、事前の準備は必要と考えています。

新作のロケテスト、もう始まっています。京都でやるのは、今回初めてと記憶しています・・・サープラですが、8つあるうちの4つでテストしています。盛況なので、逆に行きたくない場所です。1度だけ遊んで、ノートに意見だけ書いて戻っています。ポイントは、サブジャンルのあるなし。形式の集約は一つの試みで片付けてもいいですが、サブジャンルがなくなるのは痛いかも。全国の野球ファン、サッカー好き、歴史マニア・・・ランダム使いの怨嗟の声が聞こえてくるのがほぼ確定的なだけに、サブジャンルは絶対存続させる方向での開発をお願いしたいものです。

自分の場合も、スポーツのその他、使えなくなったら店内対戦の面白みがかなり半減します。地理とか、歴史とか、学問系のサブジャンル、大会で使えないとかなりご機嫌斜めだったりもします。そういう声は、ロケテストくらいしかぶつけられそうもないわけで、皆さんの書き込みなど、いろいろ手段を尽くす価値はあるかと思います。

今日は早めに寝て、明日に備えます。名古屋の皆さん、良い死合を!
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2008/11 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。