QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(QMA)邪神狩りのことなど
2014-11-29-Sat  CATEGORY: QMA
細かいネタで書くのは久しぶりな気がしますが。

ジャンルごとで邪神戦があるというのは、一種の朗報と思いました。前作の魔龍狩りの続きとしては相応しいように思います。ただ、なかなかに難しそうです。

何が難しいかですが、こんな感じです。

・ 概して、問題の難易度は通常より高いです。手も足も出ない負け方をすることが、結構あるはずです。皆さんの正解率ですが、よほど高くないと苦労しかしないはずです。

・ 自分たちの手番が回ってきた時の、立ち回り。ある程度手順は確立されていますが、ケースバイケースなので自在の立ち回りが必要です。これは何回かやって、他の人を真似てみるのが一番。

・ ハードだと、邪神は2回行動します。難しいですが、出来る限り手数を確保しないと勝てません。しかし、そのためには正解を続けるほか・・・

一番困難なのは、誰と組むか指定できないことです。困ったことですが、一定割合でライトの方が入ります。仕様上、それを拒否することはまず無理です。特にハードで、正解を積み重ねられないライトの人が来ると、その人が足を引っ張ることになります。

ついでに書くと・・・ハードのチャレンジに、資格限定がないのはとても問題があります。正解できないとその人のストレスですし、同様に他の3人のストレスでもあります。あんあんの期間限定チャレンジは、結構な確率で資格の制限があります。これは真剣に、考えてもいいと思うのです。

正直、協力を前提とするプレーで、他の人の不出来が非難の対象になるのは、かなり問題があります。誰とて、どのジャンルも普通に正解できるわけではありません。特に自分はねぇ・・・苦手ジャンルは一回討伐するためにどれだけ挑戦することになるか。

多分これが、一番書きたかったのです。出来る限りストレスなくやりたい・・・できるかぎり正解するよう努力しますから。まあ、そんな感じです。

< 特に注意すべきこと >

・ わからない問題は投げ捨てたほうがいいことも。時間を使って正解でない場合、邪神のゲージが増えます。邪神の手数を増やすと、まず勝てなくなります。20秒使っても正解できればいいトーナメントとは、考え方が違います。

・ 攻撃力、ゲージが上がるスピードは、極力上げておくこと。これは序盤にやっておきたい。あと、邪神に呪縛をかけておくのは、最優先事項。これがあるとないとでは、かなり違うのではないかと。

・・・ちなみに。今スポーツですが、これまでの成績は9回やってやっと1回討伐成功・・・これは・・・ひどい・・・

・・・おあとがよろしいようで(全然良くないわッ!)。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(14年九州杯)あの時できなかったこと、その続きのため
2014-09-18-Thu  CATEGORY: QMA
表題ですが、次のエントリーで意味を明かそうと思います。

さて、今回ですが、九州杯のおはなしを。これはアカデミー生徒、九州勢(もちろんそれ以外の方にとってもですが)のナンバーワン決定戦として行われる大会です。場所は福岡市東区、箱崎のドンキのある施設の3階。去年も行った場所なので迷う余地はありませんが、何分神戸からだとかなり時間が必要です。今回は(去年は京都から)、3時間半で到着しています。

店舗は余裕のある広さだったので、特に混雑はありませんが、それでも参加者数が多い大会なので、かなり雰囲気が独特でした。何年も前から、九州には大会その他でおじゃましており、それ以来の知り合いも多く、勝手知ったる(ry)という感じです。

いろいろ、ルールはありますが、概要はこんな感じです。

・ 4人対戦、2人勝ち抜け。
・ 1回勝つごとに、出題制限。以後同じジャンルと形式が使えません。自由形式を使った場合、該当する全形式が使えなくなります。
・ 3回戦は「昼戦」「夜戦」に分かれて対戦、夜戦だと出題制限が解除されますが、1位しか抜けられなくなります。
・ 4回戦 → ネタバレ。予め参加者に対して行われたアンケート(苦手なジャンルと形式を選択)から、ランダムで抽選。選ばれたジャンルと形式からのみ出題可能。
・ 準決勝 → ここまで残った4人が対戦し、2人が決勝に。なんと、ここで2人に絞ります。これはQMAではかなり珍しいです(通常、4人で決勝をやります)。
・ 決勝 → 2本先取、のこりの2人は、進出者が選ぶセコンドです。ここで出題制限はいったん解除されますが、ここから同一ジャンルと形式を、次の対戦で出せません。

重要なのは、3回戦・・・夜戦に回るのは嫌でした。1位しか抜けられないこと、かつ「相手は一番いい札を迷わず切ってくること」が困るという読みです。各ジャンル札を用意している人にとっては、制限のある方が地力で勝負できるという考えもあったかと思います。

そんな感じで・・・振り返ってみます。

1回戦 → ここは予め、対戦相手が決められていました(抽選)。かなり大変な相手が多く、引いた問題次第では、ここでの敗退も十分ありえました。自選択は社文字、ここはハズレの出題でしたが、他でリードして1位抜け。
2回戦 → まず1人、勝てない相手がいました。あとの2人を確実に落とすための選択ということで、スポタイを使用。ここでかなり差がつき、2位にはなれました。自選択で差がついたので、ここはかなり気楽でした。
3回戦 → 迷わず昼戦を選択、2位以上なら問題ない状況でした。ここで文系の自由形式、難しい問題が多くて差がつき、無事1位で勝ち抜け。他の人の選択も骨のあるのが多く、地力の差がモノをいいそうな対戦でした。
4回戦 → 指定されたジャンルの中に「アニゲ」、形式の中に「○×」が含まれており、ここは迷わずアニ○×で。新問注意でしたが、ここは以前から出てた問題が多く差がつく展開になりました。他の人の問題も、手の内の出題が多く、余裕のある1位でした。
準決勝 → さすがに残った4人の対戦、逃げ場なし。まだ使っていないライフスタイルの、キューブを使用。めったに使いませんが、ここではかなり差のつく問題が出てくれました。ここでつくった貯金がモノをいい、1問差で決勝進出。ただし、点差は10点ありませんでした。難しい問題も多く、300点を切っています。

ある程度以上、ここまでは読み通りの展開でした。かつ、それ以上に良い問題が多く、結果無事だったと思っています。自選択で裏目もなく、実に幸運な流れでした。

九州杯は、これで連続の決勝・・・そして、あとひとりだったのですが。それについては、次ということにしましょう。
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
アカデミー生徒の同窓会と、すべてのオンラインクイズゲーマーの集い
2014-07-31-Thu  CATEGORY: QMA
今回(7月中旬)の連休ですが、こんな感じでした。

土曜日 → 賢竜の1日目(観戦・応援その他)
日曜日 → 賢竜の2日目(私自らが出る!)
祝日 → 賢押フリバ(企画も持って行きました)

負けフラグが混じっている件については、ご勘弁ください。今回の難しいところは、引っ越しに伴う環境の変化です。予習と復習に使う時間を、どのように工面するかが難しかったのです。以前と比べ、1日の拘束時間が多くなっている点が、今のパフォーマンスに直結しています。

今後ですが、いろいろ面白い大会があります。九州とか、関西とか。できる限り出走して、いい成績出したいのですが・・・調整時間。この点で苦労しそうです。気ままな京都での生活を思うと、致し方なしとしたところです。

土曜日 → まずは皆さんの応援。1日目から勝ち上がるのは、やっぱり難しいです。だから各地のトライアルで2日目の切符を目指して盛り上がるわけですが。ネタ満載の各ラウンドでしたが、なかなかに面白かったです。

日曜日 → 本戦2回戦以上ですが、当たり前ですが、阿鼻叫喚の連続。3回戦以上は何が起こるか全くわからない展開でした。当たりの問題を、運よく引けるか。そのための努力を、どの程度積むか。決勝まで来られた方は、まさしくそれができている、選ばれた人たちでした。今回ようやく、川崎に移ってから初勝利。何とも長かったです。

祝日 → フリバはよく行きますし、今回は特別に問題を用意しています。これを作成するために、賢竜対策はそっちのけだったなどということは、もちろんないはず(?)。ネタはありますが、概して好評だったようで。今回のお題はほぼ1回きりなので、良い評価でありがたいです。

あとはいくつかネタなど・・・

日曜の夜は嵐の夜でした。文字通り・・・というか、見事としか言いようのないゲリラ豪雨。建物から出ることはまず不可能、やむを得ず1時間ほど出発を遅らせました。結局、この大会は何らかの理由で時間がおすのか・・・?

今回のお土産 → 崎陽軒のシウマイを家族用に、勤め先の皆さんに向けてお菓子を、そして自分のものはたいめいけんの弁当。駅弁は文化だ! 絶対の正義だ(本当か?)!

あとは、賢鉄(行きたかったけど行けなかった、鉄問限定大会!)記録集と・・・年度代表クララの証(賢竜の副賞)。こちらは大切にしないといけません。問題は早押し用にするものも含め、しっかりまとめる作業が残っています。

こんな感じで、今回の遠征は終わっています。次ですが、賢押フリバで出したものを一部公開します。どんなテーマだったかは、たぶんわかっていただけると思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
9回目の賢者昇格
2014-02-10-Mon  CATEGORY: QMA
ワタクシ、第2作からQMAはやっておりますので、賢者になるのは9回目です。前作で転生は2回やりましたが、即賢者以上だったので問題ないかと思っています。

ちなみに、ここまでトーナメントは始めてません。なので、正解率のグラフは「No data」だったりします。この状態で、店舗大会に出たのも初めてです。昨日ですが、堅田の大会でした。今シーズン初の大会は、やっぱりというべきか3位。最近、かなりこの順位が多いです。もっとも、1回戦から冷や汗ものの勝ち方が多かったので、それを思えば幸せかもしれません。

とりあえず、今回はさわりだけ。

「おのれ・・・○ル○○ドンさえあれば!」

てな訳で、今期もよろしくです。

それにしても・・・天の学舎イベントですが、先は長そうです。賢者になって、ストーリーが完結するタイプのおはなしの流れに慣れた者としては、なんとも肩すかしではありますが。上位者にとって、とりあえず宝石にはなっておくものなので、それはアリかと思っています。

一応、4つのタイプの妖精さんを、サブキャラも含め体験しています。メインではおとなしい方のセレスト君。なかなかにお茶目な彼、メガホンをあげるととんでもないことをシャウトしてしまいます。よりによってアレはねぇ・・・良い子のみんなは、絶対にまねしちゃだめだぞ!

なお今後の予定ですが・・・今週末は鹿児島に行ってきます。次の仕事に就く前に、しっかり休日を満喫するのは、今後のためになるかと思っています。道のりにつきましては、次回書く予定です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
賢者の扉、2nd
2014-01-22-Wed  CATEGORY: QMA
何のかんので、賢者の扉から、次の展開を迎えることができました。とても良いこと・・・最近、ゲーセン通いより、スマホで色々ゲームという方が多いのかもしれません。その流れに、どの程度抗うことができるか。これが、キモだと思います。

アカデミー生徒としての活動も、10年目に入っています。なんと長い時間であることか。それでも、過程で多くの方とお会いしました。これはとても良いことなのです。もう接点がほとんどない方もいらっしゃいます。と同時に、新しくお会いできる方もたくさん。これがあるうちは、アカデミー生徒であることに相応の価値を感じられます。次のシーズン、どんないいことあるでしょうか?

さらっと、第2期をまとめてみます。

6月 → クララの誕生日祭り♪

9月 → 九州杯

10月 → 関西杯

11月 → P4Q(北海道)

12月 → 北陸レジャラン杯

出たかった大会は、だいたい出られました。成績も3着が2回なら、力は示せたかも。KACの切符が手に入らなかったのが惜しまれます。引越したら、この切符は今後手に入らないと思います。それだけに、残念という気持ちです。

その他の成績は、割愛します。問題の整理に忙しく、正解率などは嫌味になりそうなので今回はなしで。相応に安定していますが、課題もあるので、これをどのように改善するかと思っています。正解率の棒グラフも安定・・・アカデミーの世界では弱いところがばれているので、なんとも辛いものがあります。アイオテの盾が欲しい(某ペガサスナイトのボヤキ)!

次のシーズンは、3月にクライマックス、その後おそらく6月という感じでしょうか。門限はあるでしょうが、オフシーズンはもったいないというところです。クイズという趣味は面白いので、まだまだ可能性を探求、というより・・・勝ちたいなぁ。ということで。

今のうちに。次のシーズンも・・・皆さんの愛をください。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。