QMA、その他ゲーム以外のことも、つれづれなるままに書いていこうと思います。どんな文章になることでしょうか。
月の光に照らされて
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
(拡散熱烈希望)7月27日児玉先生の熱弁
2011-08-01-Mon  CATEGORY: 未分類
この記事ですが、時間がある人には以下の動画を見ていただきたいし、考えるところのある人にはぜひとも拡散していただきたいと考えています。



この内容については、以下のサイトで要約されています。こちらの方もご覧いただければ。

ki-ko様の日記へ

対策が遅れている、というのは間違いありません。地方自治体は必要に応じて対策を行っていますが、国は総じて反応が遅いです。反応も遅いし、その対策を立案し実行するのも遅いです。その間に被害は拡大し、とくに児童に悪影響を及ぼしてしまっています。

この国の政治が、原子力に関する諸問題で必要な行動を取ることを(胸糞悪い現実ですが)、こちらは全く期待していません。議席の大半を占める上位2つまでが原発のカネで汚染されている状況で、まともな統制など取れるはずもありませんし。しかしこの現状だけは、しっかり知っておく必要があります。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
クイズの黄金週間、なんだけどなぁ
2011-05-01-Sun  CATEGORY: 未分類
会計で食べてるうちは、ゴールデンウィークなんて、そんな贅沢な代物はありません。ということで、今日くらいしか休日はありません。ちなみに、今日はあんあん、早押しオンリーチャレンジをやってました。とにかく面子がやたらと濃くて。なかなか勝ち上がるのが難しかったです。知ってる相手にいいところなく負けたことが2回。それでも最後は、完全優勝で終わることができました。

結果ですが、上位10%までは確保できていると思います。前回のテクニカルはたったの1回しかやってなかったので、ずいぶん波があります。今日の「よかった探し」ですが・・・

ついに・・・ついにッ!

全国制覇、達成です!

山形がここ数ヶ月間、全然出てこなくて。やっと引けましたし、一発でクリア達成です。これで心おきなくアカデミーに・・・と言うのは、今回あまり当たってません。あんあんの世界では特別大会があるので、そちらも適当に参加、しっかり商品ゲットしておこうと思います。

アカデミーの課題ですが・・・そろそろやっておく必要がある新技開発。サークル機能を活用する、というのは王道だと思っています。いくつか形式系サークルに登録しています。イベント情報があれば、時間をつくって何とか参加して・・・いつか切り札として通用する水準にしたいものです。

見ておれよ・・・いつか、禁断の静寂を破って○ル○ギ○ンがッ!

リアル予定ですが、結構仕事が入ってます。登校時間はかなり限られます。時間を大切にしたいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
(くま7・全国大会)タイトルはあきらめましょう、ということ
2010-07-01-Thu  CATEGORY: 未分類
表題ですが、今日は全国大会などやっていました。最近2クレサービスが定着した感のあるウィル千本通店ですが、店内対戦を織り交ぜて楽しくやらせていただいています。関係各位に感謝です。

さて・・・今日は10クレやってみました。いくつか所感など。

いきなりですが、この仕様ではタイトル獲得など絶対不可能です。プレー回数がモノを言う仕様なので、それこそ「廃人」の皆さんの独壇場になってしまいそうな雰囲気です。まあ、これまで貢献してきた人に対する褒賞としては十分だとも思いますが。こちらはこれまで通り、ストレスのない範囲で適当に頑張れればと思う次第です。
次・・・予習がないので、☆が集まりません。当座☆がいくつあっても足りない状況なので、今のうちに☆集めをやっておくのがいいかもしれません。全国大会の裏のトーナメントが、どれほどの状況なのかわかりませんが、これで過疎になるようなら、それはそれで問題かもしれません。
解答できる問題は24問固定。ホウキレースの時代は、50問くらいまでは普通だったので、どうにも損な気分です。ただし、プレーしている時の気持ちはホウキレースのときと同じでいいと思います。区間賞が欲しいとなると、いつも以上に早めの解答が必要なので。組分けテストの時も、立ち位置が決まるのでかなりまじめにやっていました。
プラチナメダルはひとつの褒賞という意味がありそうです。これがあるだけで、士気がかなり上がりそう・・・何しろ6人しかいないので、確率は高そうです。反面魔宝石のボーナスですが、ドラゴン組で勝った方が上です。1位なら相応の数になりますが、チームが負けて順位が下だとかなり目減りします。メダルが欲しい人には、おすすめなのかもしれません。

とりあえず、今回の全国大会ですが、新しい挑戦ではあると思っています(つくる側も、遊ぶ側も)。データは蓄積して公開する予定です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
無用な受診態度が、自らの首を絞める
2009-09-17-Thu  CATEGORY: 未分類
今回は、新型インフルエンザ関連です。ニュースでも流れている話題なので、多分ご存知と思います。

9月15日、読売の記事から引用

新型インフル「陰性証明」求め無用受診殺到

新型インフルエンザの流行が広がる中、「感染していない」証明のために簡易検査を求める人の受診が相次ぎ、医療現場で混乱を招いている。

幼稚園や保育園、学校、会社などが、感染の拡大を恐れ、検査を受けるよう求めるためとみられるが、医師らは「少しの発熱で受診して、医療機関で逆に感染したり、重症者の治療が遅れたりする危険もある」として、無用な検査受診をしないよう訴えている。

東京・文京区の森こどもクリニック。新型インフルエンザが増え始めた夏ごろから、「微熱程度でも、幼稚園に行くのには、検査で陰性の証明が必要と言われた」「子どもの発熱がインフルエンザでないという検査結果がないと、夫が出社できない」などの理由で受診する例が増えた。

インフルエンザは高熱やせきなどが特徴だが、症状から明らかに違う人もいる。森蘭子院長は「検査は不要と説明して理解いただくのに時間がかかり他の患者の待ち時間も長くなる」とため息をつく。さいたま市で先月開かれた日本外来小児科学会でも、全国の医師から同様の声が上がった。

同区教育委員会は「季節性インフルエンザなどでも治癒証明書は求めているが、検査結果を必要とはしていない」と話す。文部科学省でも「出席停止などは校長の判断だが、検査は指導していない」としている。

大阪府門真市のばば小児科でも9月に入り、「幼稚園のクラスで感染者が出て、園から検査を求められている」「家族が感染したので、子どもにうつっていないか、保育園に証明を出さなければならない」などの受診が増え、これまでに約30人を検査したという。だが、「簡易検査キットが不足し始めている。出荷を制限せざるを得ないかもしれない」と、検査機器業者に聞かされ、症状がない人の検査は行わないことを決めた。

沖縄県では、検査などを求める受診者の増加が医師の負担につながるとして、先月中旬、「完治証明書などは必要ありません」との県知事メッセージを発表。症状のない人の受診を控えるよう求めている。

そもそも、簡易検査で陰性だからといって、「感染していない」ことの証明にはならない。米疾病対策センター(CDC)によると、感染していても陽性となる確率は10~70%。感染当初は検査しても陰性に出ることも多い

日本小児科学会長の横田俊平・横浜市立大小児科教授は「このままでは検査キットが足りなくなり、ピーク時に重症の患者の検査に使えなくなる危険もある。必要のない検査は控えてほしい」と呼びかけている。

(引用終了)

3つ強調していますが、それで十分な理由と思います。一通りまとめておきます。

まず、感染していない旨の証明を出すことは不可能です。用具を使ったとしても適切に検知できるわけではありませんから、当然の話です。にもかかわらず、無理を押し通そうとする患者側の態度は実に「問題がある」と判断せざるを得ません。
次に、わざわざ医療機関に押しかけること自体が、患者にとって危険な行為となります。ウイルス感染のリスクが高いのは、実は病院なのです・・・健康な人間は、逆に病院に行かないようにしたほうが感染を回避できて好ましいのです。
最後に、現場が疲弊します。検査キットも治療に使う薬品も、手薄なのが現実・・・余分な患者のお守りなど、している暇はありません。このような受診態度が続けば、必要なときに必要な患者に治療ができなくなるおそれがあります。

わざわざ健康な人間が病院でウイルスをもらって来て感染しでもすれば、ウイルスはますます蔓延することになります。医療スタッフは絶対数が常時でさえ不足しており、患者の数を無用に増やしてしまえば、対応不可能となります。まさに「自分の首を絞める」愚行です。自分のために、周辺の人間のために、絶対やってはいけない事と思います。

それにしても・・・いちいち感染していない旨の証明を出させようとする教育機関や企業が、一定数存在するみたいで。わかっていない人間のやることは、一味違うということでしょうか。せっかくなので、14万8千光年の彼方から、この方を召喚してみましょう。

「バカめ!」

・・・まいどまいど、お粗末でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
下克上、下克上、下克上、下克上!
2008-02-05-Tue  CATEGORY: 未分類
表題ですが、昨日の放送です。生憎録画しか見ていませんが、スーパーボウルは面白い試合になってくれました。最後まで余談を許さない展開、ということで飽きの来ない時間でした。

勝ったジャイアンツですが、ディフェンスの勝利という側面が大きいです。相手は足を怪我していたようで、単純なパスも時にミスするなど、おおよそいつものブレイディではなかったのですが・・・何度も潰して無限大のプレッシャーを与え続けたのが、印象的でした。ここまで徹底して潰されると、確かに点数が伸びません。特に第3Qのペイトリオッツですが、呪われているのではと思えるほど、出来が悪かったです。
イーライは、最後に大仕事をやりました。途中、ドライブがどうしても続かない時期がありまして、そのまま3点で終わりそうな雰囲気もありましたが・・・最後の15分で化けました。残り2分余りからの攻撃ですが、基本的に良好な出来ばえでした。サックを回避して、魂のロングパス・・・これは、捕った方もナイスです。勝利が大きく見えた、そんな瞬間でした。最後は簡単なパス。あっけない印象もありましたが、苦労した分報いは大きい、そんな感じでした。

勝負を賭ける試合は、今季これで終わりです。あともうひとつはお祭りなので、こちらも気楽に見られればと思います。

次のシーズンですが・・・頑張って、多くの試合を見られるようにしたいものです。日本のアメフトについても、しっかり見たいと思います。今年も甲子園ボウルには、行けるようにします。流石に、東京ドームは無理筋ですが。久々に、関西学生なども、観戦しましょうか・・・その場合、各地QMA大会の状況も合わせて、検討の余地がありそうです。

いろいろ、考えることが多くなりそうです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/02 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


余白 Copyright © 2005 月の光に照らされて. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。